2017/06/07ヨーロピアンツアー公式

ライオネスオープンの大会アラカルト

として初めて欧州の地でのヨーロピアンツアー制覇を果たし、ヨーロピアンツアーの歴史にその名を刻んだ(その7日前には、連偉がウェールズで開催されたヨーロピアンシニアツアーの「SSEエンタープライズ
2017/04/25ヨーロピアンツアー公式

ボルボ中国オープンの大会アラカルト

勝を挙げており、次いで豪州とイングランドが3勝を挙げている。ジュン・チェン(1997)、連偉(2003)、呉阿順(2015)、李昊桐(2016)の4人が地元優勝を果たしている。 ・「ボルボ中国
2015/10/10GDOEYE

HONMA契約最古参 リャン・ウェンチョンが見てきたこと

、かつて日本でプレーしていた同郷の連偉(チョウ・レンイ)の紹介だった。04年に来日した当時は「言葉も何も分からなかった」という。そんな右も左もわからない異国生活を始めたリャンをサポートしたのが、「空港
2015/04/26ボルボ中国オープン

中国勢として3人目 呉阿順が母国で欧州ツアー初制覇

マスターズ」を制した連偉、リャン・ウェンチョンに次ぐ3人目の欧州ツアー優勝者となった。 この優勝により呉は、ツアーメンバーへの登録を経て、2017年シーズンまでの欧州ツアー出場権を手にできる。 通算8
2015/07/24全英シニアオープン

珍記録ラッシュ!ランガー、ヒメネスら「8人」が首位タイ

)、連偉(中国)のほか、リー・ジャンセン、ジェフ・スルーマン、バート・ブライアント、マルコ・ドーソン、マイケル・アレンの米国勢5人。過去の初日首位タイ人数では、2004年と07年大会の4人が最多だっ
2014/12/05ドンフェン ニッサンカップ

丸山大輔&増田伸洋が健闘するも中国選抜がリード

ボールが行われ、中国選抜が4勝2敗で2ポイントリードした。 日本からアジアパシフィック選抜に参戦しているのは丸山大輔と増田伸洋の2人。中国の連偉とリ・ハオトン組に対し1アップで勝利した。序盤は増田が
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

ザ・ロイヤルトロフィ/初日コメント集

」 ◆アジア選抜副キャプテン 連偉 「中国ペアは10番から14番にかけていくつかのミスをしてしまった。ああいう時こそアドバイスや勇気づけることが必要だ(だが、ルール上ロープ内に入って選手にアドバイスを送れるの
2013/10/20ベネチアン・マカオオープン

ヘンドが今季3勝目 片岡大育は5位でフィニッシュ

位には「62」で追い上げたアニルバン・ラヒリ(インド)が入り、通算11アンダーの3位タイにはアーニー・エルス(南アフリカ)、エルマー・サルバドール(フィリピン)の2選手。前年覇者の連偉(中国)は通算3アンダーの17位タイで大会を終えた。
2013/10/15ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼がロイヤルトロフィに出場決定

年連続での出場となる。 今年アジアのキャプテンを務めるのは韓国のY.E.ヤン。副キャプテンには中国の連偉がつき、選手では藤田寛之、松山英樹、キム・キョンテ(韓国)、リャン・ウェンチョン(中国)らが
2013/09/03

藤田寛之がアジア選抜に初選出/ザ・ロイヤルトロフィ

ことは非常に特別な瞬間です」(抜粋)とコメントしている。 ※現在、決定しているアジア選抜メンバー ・キャプテン/Y.E.ヤン ・副キャプテン/連偉 ・選手/松山英樹、リャン・ウェンチョン、キム・キョンテ、藤田寛之
2013/08/26

松山英樹も出場 ザ・ロイヤルトロフィにキョンテらを追加

アジアチームに、中韓から新メンバー3人を追加したと発表した。キム・キョンテ(韓国)とリャン・ウェンチョン(中国)の2人が選手として選ばれ、プレーしない副キャプテンとして地元の英雄、連偉(中国)に白羽の矢
2013/12/17ザ・ロイヤルトロフィ

左手けがの松山英樹「ザ・ロイヤルトロフィ」も欠場

選手による対抗戦となった。 【ザ・ロイヤルトロフィ出場予定選手】※の選手はプレーしない <アジア選抜> T.ジェイディ、K.アフィバーンラト、キム・ヒョンソン、石川遼、リャン・ウェンチョン、呉阿順、藤田寛之、キム・キョンテ、※Y.E.ヤン、※連偉
2013/12/14ドンフェン ニッサンカップ

山下&上平組が勝利!中国選抜は苦戦

。 日本からアジアパシフィック選抜として参戦している山下和宏と上平栄道チームは、ワン・ミンギャオ、リ・ジンヤンと対戦。山下がボギーをたたいたホールで上平がバーディを奪うなど、かみ合わせ良く中国を圧倒。4&3で勝利を果たした。中国はベテランの連偉とファン・ウェンイ組が1勝を挙げた。
2013/12/10ドンフェン ニッサンカップ

山下和宏、上平栄道が中国の地で戦う

カップ」では3日目にコースレコードタイをマーク。結果的に4位となったが、その好調さを中国の地でも発揮できるか。 地元中国からはベテランの連偉をはじめ日本ツアーでも活躍する呉阿順らが出場。開催コースは
2013/10/17ベネチアン・マカオオープン

片岡大育がE.エルスと並び暫定22位発進

(フィンランド)、ベン・キャンベル(ニュージーランド)の3人が暫定首位で並んだ。 1打差の2アンダー暫定4位タイには中国の連偉をはじめ、プロム・ミーサワット(タイ)など6人が並んでいる。そして、今回招待選手
2008/04/26BMWアジアオープン

張連偉とR.J.ダークセンが首位に並び立つ!

中国にあるトムソン上海浦東GCで開催されている、欧州男子ツアー第20戦「BMWアジア・オープン」の2日目。地元・中国の連偉と、ロバート・ジャン・ダークセン(フランス)が首位に躍り出ている。 先週の