2003/01/30

世界で活躍する日本選手たち

なかった。 ★Asian PGA Tour / European Tour Caltex Masters シンガポールで行われた ヨーロッパとアジアの共同開催試合。逆転で優勝を飾ったのは中国の連偉
2003/01/27カルテックスマスターズ

日本ツアーの張連偉が、最強のE.エルスに勝った

欧州ツアーとアジアツアーの共同開催で行われた「カルテックスシンガポールマスターズ」で、日本ツアーで活躍する連偉(中国)が、通算10アンダーで優勝を飾った。この優勝は一言では片付けられない価値ある1
2015/10/10GDOEYE

HONMA契約最古参 リャン・ウェンチョンが見てきたこと

、かつて日本でプレーしていた同郷の連偉(チョウ・レンイ)の紹介だった。04年に来日した当時は「言葉も何も分からなかった」という。そんな右も左もわからない異国生活を始めたリャンをサポートしたのが、「空港
2008/04/26BMWアジアオープン

張連偉とR.J.ダークセンが首位に並び立つ!

中国にあるトムソン上海浦東GCで開催されている、欧州男子ツアー第20戦「BMWアジア・オープン」の2日目。地元・中国の連偉と、ロバート・ジャン・ダークセン(フランス)が首位に躍り出ている。 先週の
2017/04/25ヨーロピアンツアー公式

ボルボ中国オープンの大会アラカルト

勝を挙げており、次いで豪州とイングランドが3勝を挙げている。ジュン・チェン(1997)、連偉(2003)、呉阿順(2015)、李昊桐(2016)の4人が地元優勝を果たしている。 ・「ボルボ中国
2017/06/07ヨーロピアンツアー公式

ライオネスオープンの大会アラカルト

として初めて欧州の地でのヨーロピアンツアー制覇を果たし、ヨーロピアンツアーの歴史にその名を刻んだ(その7日前には、連偉がウェールズで開催されたヨーロピアンシニアツアーの「SSEエンタープライズ
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

ザ・ロイヤルトロフィ/初日コメント集

」 ◆アジア選抜副キャプテン 連偉 「中国ペアは10番から14番にかけていくつかのミスをしてしまった。ああいう時こそアドバイスや勇気づけることが必要だ(だが、ルール上ロープ内に入って選手にアドバイスを送れるの
2002/09/29アコムインターナショナル

我慢のゴルフで谷口徹が今季3勝目

てしまった。 15アンダーのまま迎えた14番ホールでは連偉に並ばれ、試合の流れはに傾きつつあったが、自ら「勝負どころだった」と振り返る16番パー5で2打目をグリーンエッジまで運びバーディを決めた
2005/05/02BMWアジア・オープン

ダブルスコア!E.エルスがぶっちぎりの優勝

入った。 そのほか、若手成長株の一人、ルーク・ドナルド(イングランド)は、通算9アンダーの6位タイ。地元の期待がかかった連偉は通算6アンダーの14位タイで競技を終えている。なお、すし石垣、佐藤信人