2018/07/28ロイヤルカップ

中西直人は4打差4位で最終日へ

アンダー。マーク・ブラウン(オーストラリア)と4位で並び、最終日に臨む。 副田裕斗は通算3オーバーの56位とした。
2018/07/26ロイヤルカップ

29歳中西直人が1打差2位/アジアンツアー

2位に29歳の中西直人が続いた。 アジアンツアーメンバーの長谷川祥平はイーブンパーの47位になった。 副田裕斗は1オーバーの74位、中込憲は2オーバー92位。新木豊は3オーバー108位、竹内廉は5オーバー133位、原田凌は6オーバー138位と出遅れた。
2018/07/29ロイヤルカップ

ハーディングが逃げ切り2勝目 中西直人は6位

)、チャプチャイ・ニラト(タイ)ら4人が入った。 中西直人は4バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」とし、通算6アンダーの6位でプロム・ミーサワットらと並んで終えた。 副田裕斗は通算3オーバーの49位だった。
2018/07/27ロイヤルカップ

中西直人が5打差の暫定3位

。 ほかの日本勢は、通算1オーバー51位の副田裕斗までが予選通過圏内。中込憲は3オーバーの79位、竹内廉と原田凌が5オーバーの108位、長谷川祥平が6オーバーの119位、新木豊が12オーバーの145位としている。 第2ラウンドは28日午前7時に再開される。
2018/07/25ロイヤルカップ

タイで今季3試合目 日本勢は7人が出場

アジアンツアーメンバーの長谷川祥平と新木豊がエントリー。「ジャパンチャレンジ」と銘打たれたカテゴリーから、原田凌、中西直人、中込憲、竹内廉、副田裕斗の5人が出場する。
2018/05/16アジアパシフィッククラシック

中国ツアー共催大会に長谷川祥平ら日本人4人が出場

挙げた長谷川祥平ほか、新木豊、副田裕斗、皆本祐介、岩井亮磨の5人が出場する。 注目は、中国ツアーのシャオ・ボーウェン(中国)。昨年11月、海口GCで開催されたアジアンツアー「KG S&H City アジアゴルフ選手権」でプロ初優勝を飾り、母国でツアー2勝目を狙う。
2018/05/17アジアパシフィッククラシック

長谷川祥平が首位と2打差の13位発進

で優勝している。 副田裕斗は1アンダーの34位タイとした。皆本祐介は3オーバーの109位タイ、新木豊は6オーバー138位タイ、岩井亮磨は7オーバー148位と大きく出遅れた。
2018/05/18アジアパシフィッククラシック

長谷川祥平が首位と3打差の7位に浮上

・スリトン(タイ)が通算10アンダーの首位に立った。 トップと2打差13位タイから出た長谷川祥平は「69」で回り通算7アンダーの7位タイに浮上した。 副田裕斗は通算1アンダーの47位タイで決勝ラウンドに
2018/05/19アジアパシフィッククラシック

長谷川祥平がアジアンツアー初優勝へ 3打差3位に浮上

・カトリン。通算12アンダーの2位にアダム・ブライス(オーストラリア)がつけている。ともにアジアンツアーでの優勝経験はない2人。副田裕斗は通算1アンダー43位とした。
2018/05/20アジアパシフィッククラシック

長谷川は届かず4位 ジョン・カトリンが初優勝

勝を誇るがアジアンツアーでは初優勝。通算14アンダーの2位にナティポン・スリトン(タイ)とアダム・ブライス(オーストラリア)の2人。副田裕斗は通算1オーバーの49位で4日間の戦いを終えた。
2016/10/27マイナビABC選手権

12年ぶりの快挙も?マンデー突破組が上位発進

たいです」と意気盛んだ。 4アンダーの4位の副田裕斗もマンデーを突破して、今年初のレギュラーツアー出場を果たした選手。181センチ、86キロと副田もイム同様に恵まれた体格で、「飛距離が一番自信あります
2016/09/07セブン・ドリーマズ・チャレジ in 米原GC

浅地洋佑と小鯛竜也が首位発進/チャレンジ初日

いる。 6アンダーの3位に佐藤大平、貴田和宏、副田裕斗の3人。5アンダーの6位に、前週のレギュラーツアー「フジサンケイクラシック」を2位で終えた丸山大輔ら8人が続く。 <上位の選手> 順位/スコア
2016/10/27マイナビABC選手権

18歳の任成宰が首位発進 大会3勝の片山晋呉が1差2位

挙げたチョ・ビョンミン(韓国)の2人。さらに1打差の4アンダー4位に、賞金ランク8位と好調なシーズンを送る今平周吾、2014年大会優勝の小田龍一のほか、小田孔明、藤本佳則、副田裕斗、ハン・リー(米国
2016/07/01ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山

時松隆光がPO制し、チャレンジ初優勝

国内男子下部チャレンジツアー「ジャパンクリエイトチャレンジin 福岡雷山」が1日までの2日間、福岡雷山ゴルフ倶楽部で開催された。時松隆光が、通算9アンダーで並んだ副田裕斗、權成烈(クォン・ソンヨル
2016/04/02Novil Cup

ツアー未勝利の2人が首位で最終日へ/チャレンジツアー

7アンダーで首位に立った。 プロ10年目、26歳の小鯛とプロ8年目で31歳の北村はともにツアー未勝利。あすの最終日、初優勝をかけティオフする。 1打差の通算6アンダー3位には2012年の国体優勝経験を持つ副田裕斗が続いた。4位には韓国の趙炳旻。通算3アンダー5位には太田直己ら6選手が並んだ。
2016/04/03Novil Cup

プロ10年目26歳の小鯛竜也が圧勝/チャレンジ

徳島県阿波市のJクラシックゴルフクラブで行われている国内男子の下部チャレンジツアー開幕戦「Novil Cup」最終日。26歳の小鯛竜也が7バーディ、2ボギー「65」(パー72)とし...