最近のニュース 新着一覧≫


2017/08/29ギアニュース

ダンロップスポーツを住友ゴム工業が吸収合併

ゴルフのスリクソンブランドやダンロップ ゼクシオなどを製造・販売するダンロップスポーツ株式会社(以下DSP)は29日、親会社にあたる住友ゴム工業株式会社(以下SRI)との合併契約が成立したと発表した
2017/08/31

“ダンロップ”ブランドをゴルフでは使用せず

住友ゴム工業の池田育嗣社長は31日、東京都内で記者会見を開き、連結子会社のダンロップスポーツを吸収合併することについて「住友ゴムとして全力でスポーツ事業を伸ばし、うまくタイヤ事業につなげていくことが
2018/04/26ギアニュース

「日本一売れるゴルフクラブ」 ゼクシオ開発現場の流儀

最新モデル「ゼクシオ テン」で10代目を数えた。ドライバーからパターまで、シリーズの累計の販売数は実に1900万本超。製造、販売する住友ゴム工業で今回「ゼクシオ テン」の開発責任者を務めたのは
2019/01/10ギアニュース

ゼクシオシリーズから飛び系アイアンが登場

住友ゴム工業は「ゼクシオ クロス アイアン」を3月9日に発売すると発表した。 ロフト角は7番で25度。ロフトが立った「飛び系」に分類されるアイアンだが、飛距離性能だけでなく、優れた直進性を併せ持つと
2017/11/15

新垣比菜がダンロップとクラブ契約

ダンロップスポーツ株式会社は14日、18歳の新垣比菜と用品使用契約を締結したと発表した。 今年7月のプロテストで一発合格を果たした新垣は2015年にアマチュア初となるレギュラーツアー3試合連続トップ
2018/08/16ウィンダム選手権

松山英樹はアイアン&ウェッジ2本を新調

プレー。ホールアウト後は午後5時半過ぎまで練習場で過ごし、レギュラーシーズン最終戦に向けて準備を整えた。 松山は今週、アイアン(ダンロップ スリクソン Z965 アイアン)を新調し、前日の練習ラウンド
2018/05/29優勝セッティング

契約フリーで選んだ1Wはロッディオ 岡山絵里の初Vクラブ

のプレーオフを制してツアー初優勝を飾った。今季は永峰咲希、新垣比菜、ペ・ヒギョン(韓国)に続いて、初タイトルを獲得した4人目の選手となった。 キャディバッグやキャップ、ボールは住友ゴム工業と契約するが
2018/12/15クラブ試打 三者三様

スリクソン Z785 アイアン/ヘッドスピード別試打

Z785 vs Z765、7シリーズも新旧打ち比べ 多くのツアープロやトップアマが使用する住友ゴム工業「スリクソン Z」シリーズ。「スリクソン Z585 アイアン」のレビューに続き、今回はより精悍で
2018/06/18ツアーギアトレンド

「スリクソンZ」の新クラブがお目見え 若手が実戦投入も

◇国内男子◇ダンロップ・スリクソン福島オープン 事前情報(18日)◇グランディ那須白河ゴルフクラブ (福島)◇6961d(パー72) 住友ゴム工業が展開するスリクソンブランドの新しいギアが、今週開催
2018/12/08クラブ試打 三者三様

スリクソン Z585 アイアン/ヘッドスピード別試打

Z585 vs Z565、新旧スリクソンを打ち比べ 顔、打感、操作性など総合的に評価が高く、多くのツアープロやトップアマから絶大な信頼を得ているアイアン、住友ゴム工業「スリクソン Z」シリーズ
2019/01/18中古ギア情報

新製品発表シーズンにお買い得の中古ドライバーは?

小さい。 最近の中古ショップでお買い得感が高いのは、新品の価格がまだ下がらない、2018年秋発売のモデルだろう。例えば、15年から3年連続でフェアウェイキープ率第1位の稲森佑貴が使う「ダンロップ
2018/11/10クラブ試打 三者三様

スリクソン Z585 ドライバー/ヘッドスピード別試打

“新スリ”はどこがどう変わった? 前作と比べて「つかまり倍増」「安定して飛ぶ」といった口コミが多く、上々の評判を得ている ダンロップ スリクソンZシリーズ。今回試打するのは新モデル2機種の中でも