ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

松山争奪戦を制したダンロップ

怪物・松山英樹の用具使用契約を巡り、複数の国内外大手メーカーが争奪戦を繰り広げてきたが、熾烈な戦いを制したのはダンロップスポーツだった。同社は本日午後2時、都内ホテルで契約記者発表を行う予定。

松山は今年プロデビューを果たし、早くも2勝。海外メジャーを含む獲得賞金は9320万4907円で、2位の小平智(4299万7875円)にダブルスコアの大差をつけている。大台の1億円突破は確実で、今季賞金王の最有力候補。

<< 下に続く >>

その実力を満天下に示したのは2011年だった。同年4月の「マスターズ」でローアマ(27位)に輝くと、11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で優勝。アマチュアVは倉本昌弘石川遼につづく3人目の快挙だった。

以後、多くのメーカーが「松山詣で」に励んできたが、最終的には本命のダンロップスポーツに決まったもの。これまで手厚いサポートをしてきた同社にすれば、獲得は至上命題でもあった。

関連リンク



あなたにおすすめ


ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!