最近のニュース 新着一覧≫


2019/10/26マスターズGCレディース

渋野日向子はショートゲームに悔い「もったいない」

yd、逆目の芝からの寄せをピン6mほどオーバーさせ2つ目のボギーをたたき、「キャリーでドッカ~ンと行きました…」と悔やんだ。グリーンを外した4ホールで3ボギーをたたくなど、練習時間を割いたショートゲーム
2019/10/23ZOZOチャンピオンシップ

タイガー・ウッズが求める理想のゴルフボール

、パッティングの音が気に入った。強く打っているようなカチッという硬い音は好きじゃない。だから、パットもショートゲームも変わらずに、飛距離だけが少しアップした。これって、すごいことじゃないか! 普通は、飛
2019/11/17VISA太平洋マスターズ

ゲン担ぎは「びっくりドンキー」金谷拓実の一問一答

65%。だからそこ(ショートゲーム)に時間を割くようにはなりました。体重は72kg。大学に入ってからはすごくトレーニングもするようになって食事の量も増えました。体は大きくなったかなと思います
2019/07/27クラブ試打 三者三様

シュアアウト2 ウェッジ/ヘッドスピード別試打

発売された後継モデル「シュアアウト2 ウェッジ」はより機能を向上させ、バンカーだけでなくショートゲーム全般でやさしさを実感できるという。果たして“バンカーオンリー”のイメージ返上で使い勝手の良い“万能型
2019/11/15VISA太平洋マスターズ

「66」で急浮上の金谷拓実 2週前は“初体験”のメンバー落ち

。 前日より風が穏やかなコンディションで、金谷はアウトを回った前半のうちにバーディを5つ奪った。7番(パー3)ではグリーン右奥のバンカーからチップインさせてガッツポーズを見せるなど、ショートゲームがスコア
2019/11/06優勝セッティング

鈴木愛は前回Vと同じセッティングで今季5勝目

だったり、入るようなラインに全部打っていけた」という最終日のパーオン率が77.8%だったショットと、パターも貢献したショートゲームを挙げた。 <最終日の使用ギア> ドライバー:ピン G410 LST
2019/10/23マスターズGCレディース

最高額大会へ 渋野日向子はドライバーに不安

。前週は試合を休み、ショートゲームの練習に専念した。「50~100yd以内をだいたい10yd刻みで。あとはグリーン周り、フェースを開いて球を上げて止めるような寄せ。(深いラフの3週前の日本女子オープン
2019/10/12スタンレーレディス

会場で話題の16歳アマ 神谷そらが300yd超のビッグドライブ

。ただ、コーチからは1Wのスイングに無駄な動きがあり、力を伝えきれていないと指摘されているという。プロツアーの出場が増えてきた今はショートゲームやショットの引き出しをより重要視しているが、「まだ飛距離
2019/11/07TOTOジャパンクラシック

渋野日向子、「覚悟」を求めて米ツアー2戦連続の力試し

。 今年の「日本女子プロゴルフ選手権」、「日本女子オープン」を制覇した畑岡奈紗とは、「100ヤード以内のショット、アプローチ、パットで差を感じた」と言う。トンプソンの飛距離、畑岡やユのショートゲームなど
2019/10/18ザ・CJカップ

松山英樹は収穫なき後退 紛失球からのリカバリーも実らず

ながらも外してパー止まり。最終9番(パー5)は4mのバーディパットを決めて観衆を沸かせたが、硬い表情のままグリーンを降りた。 週末の巻き返しに向けて、修正ポイントは「全部です」と即答。取材対応を終えると練習場へ急ぎ、ショット、ショートゲーム、パットの調整に励んだ。(韓国・済州島/塚田達也)
2019/09/28パナソニックオープン

石川遼は3連続バーディ締めでV争いに残る 最終日の目標は

のバーディが来たのは9番(パー5)だった。 折り返して10番、ラフからのショートゲームが突如乱れてダブルボギー、さらに11番(パー3)でボギーをたたいた。「10番のダボは終わってしまえば仕方がないこと
2019/10/04トップ杯東海C

際立つ安定性と未勝利のはざまで 今平周吾が首位ターン

、強みでもあるショートゲームだ。前半9番では、グリーン手前のラフから40ydを60度のウェッジでカップに沈めるチップインバーディ。「ちょっと上げて、(手前の)マウンドに当たって寄ればいいかな」という巧みな
2019/05/12topics

ウェッジの選び方は? 最新マトリックス図を一挙公開

必要はない。「この数値により近づきやすいウェッジを選ぶ」ことで、グリーン周りのショートゲームに自信を増していくことが本来の“目的”だからだ。 回転数を上げる要因として、三田コーチが真っ先に挙げるのは
2019/09/11佐藤信人の視点~勝者と敗者~

最終組を包んだ微妙な空気感――勝敗を分けたもの

魅力のキム選手。もう1人は巧みなショートゲームとギャラリーの目を引くクラブさばきが持ち味のチェ選手。“力”と“技”、タイプの違う両雄の一騎打ちという展開を誰もが予想していました。 流れが変わったのは