2021/06/29優勝セッティング

うまい選手はピンパター? “昭和”な木下稜介の連勝ギア

、逆転劇の口火を切った。 オフシーズンはショットの精度を徹底的に磨いてきた一方、奥嶋誠昭コーチの助言で日々の調整はショートゲームにかける時間の配分を大幅に増やすようになった。 パターは2002年に初代
2018/04/26モテゴル研究部

市川ゴルフでショートゲームの腕を磨こう

!平日でしたらビジターでもハーフ2,200円(税込)でラウンドできますよ。 おすすめポイント2ショートゲームの技術を磨くのに最適!充実の練習施設パッティング技術を磨くことができる18ホールの本格的パター
2021/08/06東京五輪

日本 米国 インド…メダル争いへそれぞれの思い

身体が弱って、飛距離も落ちてしまった。飛ばない方だけど、ネリー(コルダ)やナンナ(コルツ・マドセン)に50yd差をつけられるようなことはなかった。飛距離を別にすれば、今年はショートゲームやパッティング
2021/09/17ANAオープン

「悲観も諦めもない」石川遼は“成熟”の30代へ

」 完璧ではない状態で、いかにベストの結果につなげるか。「自分自身がすごく試されているというか、試しているというか。きょうもすごく苦しかった」という戦い。ショットがダメなら、ショートゲームやパターを駆使して
2021/03/31ヤマハレディース葛城

ショット力と忘れる力 植竹希望、遅れてきた「黄金世代」

レディス」6位、「TOTOジャパンクラシック」12位など、一気に880万円以上を稼ぎだした。 「男子プロとたくさん練習をさせてもらって、ショートゲームとか、球筋の打ち分け方とかを教えて頂いた。見て盗んだり
2021/04/25フジサンケイレディス

稲見萌寧が逆転で2021年4勝目 再び“勝率5割”に

振り返った。 前日2日目は3つのパー5全てでバーディを奪ったが、この日はひとつのみ。「ショートゲームの距離感が10ydずれていた。次はしっかりとパー5で取ることができれば」と話した。 2019年大会覇者の申ジエ(韓国)は7ア…
2021/05/15ダイヤモンドカップ

突然のじんましん、体の痛み…40歳・宮里優作の再起

てきた飛距離と感覚をすり合わせている途上にある。 強風も吹いたこの日のフェアウェイキープ率は28.57%。ショットの制御に苦しみながら、前半6番から3連続バーディ。特に後半は必死のショートゲームがさえ
2021/05/09ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

メジャー初Vの西村優菜 3年シードで海外参戦にも意欲

ないけど、『優勝する』と思ってプレーした」とアクセルを踏んだ。 オフシーズンに取り組んだショートゲームの強化も大きく実を結んだ。「2020年はグリーン周りのアプローチは寄ればオーケーぐらいの感じだった
2021/03/29キア・クラシック

「メジャーにつながる」上原彩子は“予行演習”に合格点

振り返る。 それでも、長いバーディパットを打ちきれずにショートさせた10番(パー5)、左下がりの寄せを強いられた11番(パー3)としぶとくパーセーブ。初日3パットボギーをたたいた最終18番もショート