2013/10/31トップアマのコース攻略

Vol.22 麻生カントリークラブ 池や樹木などの自然の地形を巧みに活かしてレイアウト。大自然の中でゴルフの醍醐味を味わえる18ホール

、正面の丸い木の手前にバンカーがあります。左のバンカーまではレギュラーティから188ヤード。キャリーで越えるには210ヤード以上の距離が必要です。トータル距離が230ヤード程度あるプレーヤーなら
2013/04/03サイエンスフィット

タメていい人、ダメな人。その違いは何?

ハンディキャップ7の腕前だが、最近距離が落ちてきているのが悩みというのが今回の受講者。もっとダウンスイングでタメを作って、距離アップを図りたいとのことだが、実は、タメを追求すべきか否かは、その人
2013/09/09トップアマのコース攻略

Vol.13 宍戸ヒルズカントリークラブ コースレイアウトがホールごとに異なるため、単調な攻め方では攻略できないコース。最大の飛距離を出しながらコントロールが必要なコース

に池が横たわるパー4。ティショットはやや打ち下ろしのシチュエーションになります。レギュラーティからは220ヤード程度で池に入ってしまうので、距離が出るプレーヤーは、左サイドの池に注意してセンターから
2013/07/25トップアマのコース攻略

Vol.11 JGMゴルフクラブ笠間コース 自然と戦略が融和した「これぞピート・ダイ!」という設計。頭を使うゴルフが必要な戦略性の高いコース

、100ヤードのエリアは比較的フェアウェイが広めなのでレイアップするならこの辺りがベストです。「できるだけグリーンの近くへ」と中途半端な距離を残すとコントロールショットでグリーンを狙わなければいけなくなり
2013/04/10サイエンスフィット

スライスをドローにする最短ルート!

距離を伸ばせるはずです。女子プロのスイングをお手本にしたドローボールにすれば、今のヘッドスピードのままでも安定性が増し、かなりの距離アップできますよ。 “科学の目”で原因解明! サイドスピンは
2013/04/17サイエンスフィット

球が上がり過ぎる原因を究明!

ていることが考えられるが、その根本的な問題はどこなのか?ドライバーが高く上がってランが出ない方や、アイアンの番手ごとの距離が変わらない方など必見です! 今回の受講者は・・・ ビデオ分析の初見では
2013/11/26スコアアップに繋がる13の法則

第4回 リズムとテンポを理解する

打ち急ぎとなりミスが起こります。反対に「チャー、シュー、メン」のリズムをキープしても、スイングに3秒かかるとすれば、振り遅れになるか、または十分な距離が得られずにミスショットとなるでしょう。 プレ
2013/03/27サイエンスフィット

トップが原因のスライス軌道を大改善!

、その割には距離は230ヤードくらいでやはりロスがありますね。弾道はスライスが多く、ビデオの分析ではVゾーンの上から下りるアウトサイドインのスライス軌道になっています。乱れてくると、スライスが大きく
2013/07/05アメリカNo.1ゴルフレッスン

タメたら解放する癖をつけよう!

たままではダメですよ。距離アップのために、タメを利かせることに取り組んでいる方も多いと思いますが、そこばかりに励んでいると、逆にどんどん振り遅れていってしまいます。こんな風にタメたまま、グリップエンド
2013/11/12スコアアップに繋がる13の法則

第2回 数字を理解する(後編)

いつも考えてプレーしていました。まず、それにはティショットでOBや池ポチャなどの大きなミスをしないことです。OBや池に打ち込んでしまう危険性のあるホールは、距離よりも安定を求めたクラブ選択とショット
2013/07/18トップアマのコース攻略

Vol.10 ワイルドダックカントリークラブ 鹿島灘から風を読むかが攻略のポイント。ボールコントロールと高低差の打ち分けが求められるコース

ホールはパー5。右サイドには220~230ヤードの距離で入ってしまう池があり、ランディングエリアは右に傾斜します。しかも、池の手前には大きな木が2本あるバンカーがあります。池ポチャはもちろん避けたいです
2013/01/23サイエンスフィット

球が飛ばない、上がらない!

上がるだけでも距離は伸びますし、アウトサイド軌道のカット気味のインパクトが解消されれば、インパクトのロスも減ってきます。速く振ろうとしなくても、今より20ヤード以上は楽に距離アップできるはずです
2012/12/12サイエンスフィット

【3ヶ月集中特訓企画】目指せ!35ヤードアップ!(3)

する狙いは、スイング軌道を正して、今あるロスを減らし、方向性を安定させることで、距離と方向性の両立をかなえる術なのです。Kさんは、アベレージスイングを脱出しつつありますが、今の31m/sのヘッド
2012/11/28サイエンスフィット

【3ヶ月集中特訓企画】目指せ!35ヤードアップ!(2)

ゾーンになっています。効率的に距離を稼ぐには、Aゾーンがベストですか、Dゾーンもインサイドアウトで振れているので、軌道としては悪くありません。ただ、やはりテークバックで左手の甲が上を向きがちで、クラブが
2012/11/14サイエンスフィット

スムーズな腰の回転を完全マスターする極意!

に守っていけば、安定性を両立させた距離アップが実現できると思います。 【フェアウェイウッドも改善されすはず】 Aゾーンでアッパーブローが過剰であると、フェアウェイウッドが苦手となるケースが多いんです