2018/05/20女子プロレスキュー!

アゲンストとフォロー、たったコレだけ対処法 岡村優

することができます。 3.【フォロー】体が起き上がりやすい 一方ボールを高く上げて、より距離を稼ぎたいのが、フォローでの状況です。ボールの高さを出したい場合、起こりやすいミスは“すくい打ち”です
2015/08/12女子プロレスキュー!

“飛んで曲がらないドローボール” 笹原優美

ドローで劇的距離アップ! 【アマチュアゴルファーの悩み】 「ドライバーショットが頑固なスライスで悩んでいます。距離の出るドローボールの打ち方を教えてください」
2016/05/30今さら聞けないスイングの基礎

ボールの位置で弾道は変えられる ~第4回~

に置くことで低い弾道になるポジション2 ・ボールを左側に置くことで高い弾道になるポジション4 次回は「距離アップ&コントロールショットはアドレスで作る~第5回~」です。飛びと安定性をつかさどる
2018/02/03ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>背中のストレッチ

ショットをすると、背中のケガのリスクが高まるので注意しましょう。 日常的に脊柱起立筋を鍛えてパワーアップすることで、ゴルファーなら誰もが望む距離アップも期待できるでしょう。 脊柱起立筋のストレッチ
2018/01/20ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>お腹のインナーマッスルのストレッチ

ブレを減らすことができれば、ミート率や距離アップにつながるでしょう。 また、メンタルのスポーツとも言われるゴルフでは、ショットやパット前に行う深呼吸によるリラックスは有効です。日常的に呼吸に関わる
2015/04/16S吉クンのゴルフ研究

ゴルフ雑学 フェアウェイにある旗の意味

)JGA(日本ゴルフ協会)やKGA(関東ゴルフ連盟)など、査定する団体によって異なるのですが、一般的には、バックティから250ヤード付近のことが多いようです。 距離の把握でスコアアップに役立つ (S吉
2013/04/03サイエンスフィット

タメていい人、ダメな人。その違いは何?

ハンディキャップ7の腕前だが、最近距離が落ちてきているのが悩みというのが今回の受講者。もっとダウンスイングでタメを作って、距離アップを図りたいとのことだが、実は、タメ…
2014/05/12植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.6 飛ばしの秘訣!

距離を伸ばすための3大要素とは!? 今回のテーマは距離アップです。飛ばすために必要なことは「初速アップ」「高打ち出し」「低スピン」という3つの要素が…
2013/07/10サイエンスフィット

掴まるグリップで30ヤードアップ

、途端に軌道までも一気に改善する場合もある。今回は、ドライバーやフェアウェイウッドが右にばかり行くと悩む女性が登場。なんと、グリップを修正しただけで軌道が改善し、距離も30ヤードアップ!! 今回の受講
2021/02/20サイエンスフィット レッスン

“球をつかまえる動き”を理解することが上級者への近道

不可欠なのです。というのも、公転だけのスイングでは、ミスヒットに弱くなるからです。ちょっと当たりどころが悪ければ極端に距離が落ちたり、左右へ大きく曲がったり。傾斜などライが悪いと、ミスヒットの確率が
2014/01/22サイエンスフィット

ヘッドスピードはあるのに飛ばない・・・

距離に悩む方の飛ばない大半の原因は、パワーを最大限に伝えきれていないことにあります。従って、いくらヘッドスピードを速くしても、ロスが大きければ、満足いくような距離アップ
2014/11/05サイエンスフィット

オーバースイングの原因はココだ!

思い通りにできるようになるので、アプローチの距離感もつかめるようになり、すぐに得意になると思います。距離をみてもポテンシャルが非常に高いので、きっと大幅なスコアアップが見込めると思います…
2016/03/17サイエンスフィット レッスン

一度身につけばずっと忘れない腰の切り方

2000回転程度、男子プロでは2200回転程度なので、その倍くらいのスピン量になっていますね。このスピン量をプロの数字に近づければ、距離は20ヤードくらいアップすると思います。スピン量が大きくなるのは
2016/11/23女子プロレスキュー!

フェアウェイバンカーでのちょっとしたコツ 中山三奈

【Lesson受講者】 廣瀬康一さん 平均スコア90台のアベレージゴルファー。ゴルフ歴:15年、持ち球:ドロー。最近はもう20~30yドライバーの距離が欲しいと悩んでいる 「成功のカギはちょっとしたコツだったんですね」
2019/11/07サイエンスフィット レッスン

そうじゃない!「タメとリリース」の誤解(前編)

タメとリリースは、弾道の安定性や距離アップに欠かせないものですが、多くのアマチュアが誤解してしまうところでもあります。弾道が不安定であることはもとより、フェアウェイウッドが当たらない
2014/12/17サイエンスフィット

軸のブレを速やかに解決!!

軽いフェードで、距離も大きくロスしている感じではありません。スイング軌道はVゾーンの中を下りていますし、ビデオ分析で見る限り、際立った問題点が分かりにくい感じですね。アイアンも十分な距離
2014/01/15河本&藤森のGOLF開眼物語

第2話 下半身始動で開眼!

、ダウンスイングでの下半身の使い方だ。これこそが、アベレージゴルファーとシングルゴルファーとの大きく差が出るポイント! 距離も安定感もアップする驚きの開眼レッスンとは……!? 下半身始動こそ、ミスを減らす…