最近のニュース 新着一覧≫


2019/01/25ギアニュース

ミズノ最新ボール 独自のディンプル構造で飛距離アップ

低減させ、より強い推進力と距離アップを実現するという。 いずれも4ピース構造で、インナーコアとアウターコアの硬度差によりタイプ別の性能を発揮する。「RB TOUR」は吹き上がりを抑えた中弾道で飛ばし
2019/04/19中古ギア情報

女子プロに大人気の飛距離アップドライバー

ドライビングディスタンスは第13位(※4月18日時点)。2018年の22位からランクアップしており、やはり距離が伸びている証拠なのだろう。 発売開始から約3カ月が経つ「エピック フラッシュ シリーズ
2018/08/14マーク金井の試打インプレッション

力強いしなり戻りで飛距離アップ「UST マミヤ ジ・アッタス」

つながっている。前作「アッタスクール」に比べると、ややタイミングが取りづらく感じることもあったが、「ジ・アッタス」の方がボール初速が出やすく、シャフトで距離アップを狙いたいゴルファーにとっては
2019/03/30クラブ試打 三者三様

M6 ドライバー/ヘッドスピード別試打

」とのこと。HS40台の筒は、「これまでのMシリーズの中でも寛容性No.1」と高評価。HS50台の万振りマンは、「『M5』と比べて軽く感じて、普段よりHSが2~3m/sアップしそう」と、距離性能の高さ
2019/04/16マーク金井の試打インプレッション

シャープでやさしく、心地良い打感「ピン G410 アイアン」

ができ、確実にスコアアップを狙えるアイアンだが、「G410」はその特徴を継承しつつ、距離性能が向上している。 アイアンらしい弾道で、スピン量が安定しているので距離感も出しやすい。デザインがシャープに
2019/04/20クラブ試打 三者三様

G410 SFT ドライバー/ヘッドスピード別試打

振りマンは、「『プラス』より少しだけ前に飛んでいる」と兄弟モデルとの距離の違いについて言及した。 それぞれのスイングタイプで、異なるレビュー内容。三者三様のインプレッションは次頁からチェックしよう
2019/03/23クラブ試打 三者三様

ミズノプロ モデル-E ドライバー/ヘッドスピード別試打

ミズノプロ(MP)の1W 距離性能は? カスタム専用モデルながら、やさしさと品質の高さで話題を集める「ミズノプロ モデル-E ドライバー」。重心距離を短く設定することでスムーズなヘッドターンを可能
2019/03/16クラブ試打 三者三様

G410 プラス ドライバー/ヘッドスピード別試打

球からイメージした通りの弾道が出ました」とのこと。HS40台の筒は、「前作『G400 ドライバー』よりやさしさがアップした」と高評価。一方でHS50台の万振りマンは、「弾道が高すぎて思ったより距離
2019/04/02マーク金井の試打インプレッション

つかまり良く高弾道が打ちやすい「ピン G410 SFT ドライバー」

へのミスを軽減してくれるドライバーを求めつつ、直進性が高い弾道で距離アップを願うゴルファーにとっては、やさしくて強い味方になってくれるだろう。 スタンダードポジションだと表示ロフト角が10.5度で
2019/02/16クラブ試打 三者三様

TW747 P アイアン/ヘッドスピード別試打

、高弾道で距離を追求したポケットキャビティ構造の「TW747 P アイアン」をピックアップ。ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が試打し、評価した。 試打者はドライバーのHS30台の女子プロ
2019/03/02クラブ試打 三者三様

M5 ドライバー/ヘッドスピード別試打

」。注目は増すばかりだが、果たしてその距離、寛容性、見た目の評価は…!? 今回もヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が試打した。 試打者はドライバーのHS30台の女子プロ・西川みさと、40台の