2020/07/11優勝セッティング

今季からブリヂストン契約 関藤直熙“国内初勝利”の14本

大会名:ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 日時:7月9日(木)~10日(金) 開催コース:取手国際GC(茨城) 優勝者:関藤 賞金ランキング加算対象外の非公式大会ながら、今季国内初開催
2020/07/10ゴルフパートナーエキシビション(非公式)

関藤直熙がコースレコード「61」で優勝 石川遼35位

◇国内男子◇ゴルフパートナーエキシビショントーナメント 最終日(10日)◇取手国際GC(茨城県)◇6766yd(パー70) トップと3打差10位から出た関藤(せきとう・なおき)が9バーディ
2020/03/08バンダル・マレーシアオープン

ビザが無効に…ADT賞金王の関藤直熙にも新型ウイルス余波

する22歳のスケジュールを複雑にしている。 54ホール短縮競技となった大会で第3ラウンド「67」をマークし、通算11アンダー7位に食い込んだ関藤。昨季、参戦2年目となったアジア下部ツアー(ADT)で
2020/03/07バンダル・マレーシアオープン

星野陸也と阿久津未来也が暫定5位 54ホール短縮競技へ

(オーストラリア)。1打差の通算12アンダー暫定2位に劉ヤンウェイ(中国)が続く。いずれも第3ラウンドをスタートしていない。 そのほかの日本勢はいずれも第3ラウンドをスタートし、関藤が2ホール終えて通算
2020/03/06バンダル・マレーシアオープン

阿久津未来也が暫定6位 雷雲接近で連日の順延

2ラウンドを終えたアンドリュー・ドット(オーストラリア)。1打差に同じく第2ラウンドを完了した劉ヤンウェイ(中国)が続く。 関藤は9ホールを終え、通算7アンダーの暫定8位、第2ラウンドを終えた岩田
2020/03/05バンダル・マレーシアオープン

大会初日はサスペンデッド 関藤直熙が暫定2位発進

位に22歳の関藤。出だし10番でバーディを奪うなど8バーディ、1ボギーの「65」でプレーし、上々の滑り出しを見せた。 6アンダーの暫定3位にパチャラ・コンワットマイ、パビット・タンカ
2020/01/12香港オープン

オームスビー完全優勝 関藤直熙と大槻智春が7位

)、通算10アンダーの5位にトニー・フィナウが続いた。 日本勢では、昨年のアジア下部ADTの賞金王・関藤(せきとう・なおき)が「67」とスコアを伸ばし通算8アンダー。大槻智春は「69」で同じく通算8
2020/01/11香港オープン

大槻智春が9位へ浮上 オームスビーが3日間首位キープ

イーブンパーの52位に後退。一方、15位から出た大槻智春が、最終18番では8mのバーディパットを沈めるなど「67」をマークして、通算7アンダーの9位へと浮上。関藤も「65」で通算5アンダー19位へと
2020/01/10香港オープン

オームスビーが首位キープ 浅地7位 大槻15位

。首位タイから出て1つスコアを落とした大槻智春だが、通算4アンダー15位で上位争いに踏みとどまった。初日の出遅れを「67」で巻き返した関藤が通算イーブンパーとして、42位で予選通過を決めた
2020/01/09香港オープン

大槻智春がアジア開幕戦で首位発進 フィナウ20位

残せていない」という課題を、2020年は払しょくするのが目標だ。 出場メンバー中、世界ランク16位と最高位のトニー・フィナウは、浅地洋佑らと並ぶ1アンダー20位。片岡大育は2オーバー68位、水野眞惟智、関藤