2016/07/24ダンロップ・スリクソン福島オープン

伏兵22歳・時松隆光が初V!41歳の岩本高志2位

締めくくって「65」とした小田孔明が、通算20アンダーで3位に滑り込んだ。 通算19アンダー4位に薗田峻輔。通算18アンダー5位で、ジュ・ホンチョル(韓国)が続いた。5位から出た藤田寛之は3バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「73」で、通算13アンダーの18位で終えた。
2016/07/31ネスレマッチプレーレクサス杯

「ネスレマッチプレーレクサス杯」決勝は時松隆光と小田龍一 1億円をかけた最終マッチへ

藤田寛之、3回戦の谷口徹に続き、歴代賞金王に3連勝。国内最高額の優勝賞金1億円に王手をかけた。 小田龍一は2014年の第1回大会から3年連続の出場。これまで1回戦敗退が続いていたが、今年は1回戦で初白星を挙げてから快勝を続け、22歳の新星に勝るとも劣らない勢いで決勝まで勝ち進んだ。
2016/08/23RIZAP KBCオーガスタ

石川遼、復帰2戦目は初の兄弟出場 オリンピアン池田が連覇を狙う

終え、今季国内ツアー初戦。一昨年に初めて地元で優勝を飾った藤田寛之、賞金ランクトップを走る谷原秀人との同組でギャラリーを集めそうなペアリングとなった。池田と同じく「リオ五輪」に出場した片山晋呉は初日午後スタートとなった。
2016/03/11トゥルータイランドクラシック

藤田寛之、片山晋呉が決勝Rへ 首位はエドバーグら2人

)、ショーン・ノリス(南アフリカ)、ピーター・ユーライン(米国)、リース・デービース(ウェールズ)の5人。 日本勢では藤田寛之が4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「71」でプレーして、通算3アンダーの
2016/07/23ダンロップ・スリクソン福島オープン

時松隆光が「63」の猛チャージで奪首 5打差2位に岩本高志

に岩本高志、キム・ボンソプ(韓国)の2人。通算14アンダーの4位にチャン・キム(米国)が続いた。 9バーディ、ボギーなしの「63」でプレーした藤田寛之が、通算14アンダーの3位に浮上。大堀裕次郎、薗田峻輔、任成宰、ジュ・ホンチョル、パク・イルファン、イ・チャンウが並んだ。
2016/07/30ネスレマッチプレーレクサス杯

時松隆光、谷口徹、深堀圭一郎らベスト8 3回戦に突入

。 2回戦の第1マッチでは、初出場の時松隆光が藤田寛之を3&1で破った。前週の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でツアー初優勝を飾った22歳の勢いは今週も健在。引き続きスタートする3回戦では、片岡
2016/07/30ネスレマッチプレーレクサス杯

ベスト4出そろう 準決勝は時松VS小田孔 小平VS小田龍

3回戦4マッチが行われ、時松隆光、小田孔明、小平智、小田龍一の4人が準決勝進出を決めた。 1回戦で前年優勝の武藤俊憲を破った時松は、2回戦で藤田寛之に3&1で勝利。続く谷口徹との3回戦も3&1で制し
2016/05/21関西オープン

選手コメント集/関西オープンゴルフ選手権競技 3日目

)もあるので、終盤になってチャンスがあれば、そこでグッと集中していきたい。そこまでは気楽に、ではないですけど、(海外から帰国直後の)リハビリラウンドみたいなつもりでプレーします」 ■藤田寛之 2
2016/04/28GDOEYE

和合攻略の十人十色 孔明、勇太、藤田の場合

ないし、雨のおかげでグリーンも軟らかくなっているから」という池田を取り巻く状況も、攻略バリエーションを広げている要素だろう。 その2010年に2位に入った藤田寛之は、和合攻略にはやはり慎重な姿勢を
2016/07/29ネスレマッチプレーレクサス杯

ホスト片山晋呉が1回戦敗退 初出場の時松隆光は金星

連続でベスト4に入り、今年からネスレ日本の正社員として臨んだ近藤共弘は、一昨年の大回大会優勝の松村道央に2&1(1ホールを残して2UP)で敗退。藤田寛之は初出場の小林伸太郎に4&3、谷口徹は重永亜斗夢
2016/07/31ネスレマッチプレーレクサス杯

下部ツアー初Vから1カ月で3勝 シンデレラ時松が月収1億円超え

からは藤田寛之、谷口徹、小田孔明と、3マッチ連続となった歴代賞金王たちを破り、“末席”からの下剋上は勢いを増した。 決勝戦も苦しい戦いになった。前半9ホールを終えた時点で5アップの大量リードを奪ったが
2016/09/04フジサンケイクラシック

チョ・ミンギュが5年ぶりV 石川遼は連勝逃し2位

共弘、藤本佳則、今平周吾、J.パグンサンの4選手。アマチュアの小斉平優和(日本ウェルネス高校3年)が、通算1アンダーの12位とした。 なお、今大会で約380万円を加算した宮本の生涯獲得賞金が10億円を突破。2011年に藤田寛之が記録して以来、ツアー史上9人目となった。