2012/11/18ダンロップフェニックストーナメント

藤田寛之、4位タイで世界ランク50位圏内へ

世界ランク3位のルーク・ドナルド(イングランド)が優勝した「ダンロップフェニックストーナメント」で、ドナルドと3日目に同組でラウンドした藤田寛之は、通算9アンダーの4位タイとなった。 最終日を首位と
2009/08/23関西オープンゴルフ選手権競技

藤田寛之が通算20アンダーで自身初の年間2勝目を達成!

兵庫県にある宝塚ゴルフ倶楽部新コースで行われている国内男子ツアー第10戦「関西オープン」の最終日、この日「68」で回った藤田寛之が通算20アンダーで今季2勝目を達成した。通算20アンダーは藤田自身の
2014/11/15三井住友VISA太平洋マスターズ

バッバ・ワトソンは大崩れ 藤田寛之に最高の賛辞

、にこやかに応じ、サバサバと悔しい18ホールを振り返った。 一方で同組の賞金王争いを演じる藤田寛之の我慢が光った。第1打を右に曲げた1番をボギースタートとしたが、7番(パー3)で10m以上のパットを沈めて
2002/09/12サントリーオープンゴルフトーナメント

藤田寛之、今野康晴が一歩抜け出した!

スコアを伸ばしたのは、早い時間にスタートした藤田寛之と今野康晴の2人だった。2人は同じ組でラウンドし、5つのホールで互いにバーディを奪うなど、競うようにスコアを伸ばした。上がってみれば6アンダー、3位に
2013/08/28VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント

故郷での戦いを前に 藤田寛之は心身ともにリフレッシュ

国内男子ツアーは夏場6週間のオープンウィークを経て、前週の「関西オープンゴルフ選手権競技」で再開した。今週29日(木)に開幕するのは「VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」。藤田寛之
2011/03/10ギアニュース

『MUSASHI』藤田寛之とスポンサー契約

アミノ酸サプリメント『MUSASHI(ムサシ)』の総輸入販売元であるインフィニティはこのたび、藤田寛之とのサポート契約を締結。4月開催のマスターズトーナメントほか、世界4大トーナメントすべてに挑戦
2013/02/21WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

劣勢の藤田寛之、練習不足を痛感

今季のシーズンインを世界ランキング上位64人が出場する「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」で迎えた藤田寛之。大会2日前に会場入りし調整を行ったが、試合直前に右脇腹を痛めていることを明らかにした
2019/11/14VISA太平洋マスターズ

自称「シニア予備軍」 47歳の宮本勝昌は元気に6位スタート

。ショットのことで今取り組んでいる話もして、『宿題』ももらった」と効果を口にする。さらに「あの人、まだ試合の帰りに走ってるんですよ」という同門の兄貴分・藤田寛之からも絶えず刺激を受け続けている。 自らを
2013/07/16全英オープン

【藤田寛之専属キャディ・梅原敦の全英OPレポート2013<1>】

藤田寛之プロのキャディの梅原敦です。今週の「全英オープン」の現地レポートを担当させて頂ける事になりました。毎日皆様に少しでも新鮮なスコットランドの空気をお届けしたいと思っていますので、ぜひぜひ読んで
2013/04/13マスターズ

藤田寛之「85」の大叩き 最下位で予選落ち

ジョージア州オーガスタナショナルGCで開催中のメジャー今季初戦「マスターズ」2日目。藤田寛之は全選手中ワーストの「85」と大きく崩れ、ベン・クレンショーと並び通算20オーバーの最下位、92位タイで
2003/09/11

素顔のツアープレーヤーたち<藤田寛之選手>

先週のマッチプレーで、藤田寛之が“初体験”したのは、テレビのラウンドリポーター。 試合のほうは、スメイルとの第3回戦でホールインワンを達成しながらも、2-1で惜しくも敗退してしまいましたが、大会後援
2012/06/29ミリオンヤードカップ

ホームの日本は出遅れ 韓国が3ポイントリード

-68で敗れて敗戦が先行。2試合目の近藤共弘&藤本佳則がI.J.ジャン&チョ・ミンギュを68-70で破ったものの、その後は黒星が続いた。 第3試合は谷口徹&藤田寛之はホン・スンサン&H.W.リューに終盤
2012/09/15ANAオープンゴルフトーナメント

“思い出”の輪厚で・・・藤田寛之 5連続バーディで2位浮上

打差で追うのがこの日のベストタイとなるスコア「65」をマークした藤田寛之だ。 スイッチは序盤に入った。ツアー屈指のパッティングの名手がその実力をいかんなく発揮。5メートルを沈めた2番から次々とカップに
2012/11/07週刊GD

藤田寛之は「日本一やさしい球さばき」

藤田寛之。今季ここまで3勝を挙げただけでなく、予選落ちは少なく、上位で戦うことが多い安定ぶりが、現在の成績につながっている。 ツアープロの中では小柄なだけに、圧倒的な飛距離でアドバンテージを得ること