2019/03/11アーノルドパーマー招待

イム・ソンジェらが「全英オープン」出場権を獲得

た。自身3試合目のメジャーとなり「全英」は初出場。 日本勢は松山英樹、今平周吾、藤本佳則、稲森佑貴、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大2年)がすでに「全英」出場権を保持する。 5月26日時点の世界
2019/01/22佐藤信人の視点~勝者と敗者~

世界トップクラスの資質 藤本佳則の“慎重さ”

国内ツアーの2019年シーズン初戦「SMBCシンガポールオープン」は、ジャズ・ジェーンワタナノンド選手(タイ)が優勝しました。最終日まで優勝争いを演じ、日本人最高の2位タイに入ったのが、藤本佳則選手
2019/01/20SMBCシンガポールオープン

「やっぱり勝ちたかった」藤本佳則は全英の切符

。首位から出た29歳の藤本佳則は4バーディ、1ボギーの「68」でプレー。16アンダー2位タイで終え、1976年の内田袈裟彦(うちだ・けさひこ)以来の、同大会での日本人優勝とはならなかった。「2打足りなかっ
2019/01/20SMBCシンガポールオープン

タイの23歳が優勝 2打差2位に藤本佳則 石川遼47位

」と勝利を喜んだ。 通算16アンダーの2位に首位から出た藤本佳則と、招待選手のポール・ケーシー(イングランド)。藤本は6季ぶりの優勝を逃したが、今大会で予選会を兼ねていた7月「全英オープン」の出場権(有
2019/01/20SMBCシンガポールオープン

【速報】石川遼は前半終了 藤本佳則は海外勢を追う展開に

など前半アウトで3つ落とし、通算2アンダーで後半へ折り返した。 単独首位から出た藤本佳則は4ホールを終了。1つ伸ばして通算14アンダーとしたが、同じ最終組をプレーするジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ
2019/01/19SMBCシンガポールオープン

師匠は小田孔明 22歳の和田章太郎が試みるフェードボール

「71」でプレー。通算6アンダーとし、首位の藤本佳則に次ぐ日本勢2番手の9位で持ちこたえた。「体調管理不足もあって、昨日の疲れがあまり抜けてなくて、耐えるプレーになった」と不満げだが、「最低限のプレー
2019/01/19SMBCシンガポールオープン

妻の「行けば?」で一念発起 藤本佳則は結婚5周年

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 3日目(19日)◇セントーサゴルフクラブ (シンガポール)◇7403yd(パー71) 2013年以来となるツアー3勝目を狙う藤本佳則が1
2019/01/19SMBCシンガポールオープン

藤本佳則が首位で最終日へ 石川遼は16位に後退

れ、藤本佳則が通算13アンダーの単独首位に立った。首位で迎えた第3ラウンドを1イーグル4バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、6季ぶりの優勝に前進した。 1打差の通算12アンダーの2位にマシュー
2019/01/19SMBCシンガポールオープン

【速報】石川遼は首位タイでホールアウト/第2ラウンド

・サクサンシン(タイ)、ポール・ケーシー、マシュー・フィッツパトリック(ともにイングランド)、3ホールを残す藤本佳則の5人が首位を並走している。 第2ラウンドを終えた65位タイまでが決勝ラウンドに進出する。
2019/01/18SMBCシンガポールオープン

ケーシーが暫定首位浮上 石川遼は9ホール残して日没順延

首位に立った。 和田章太郎と前年度の下部AbemaTVツアーで賞金王に輝いた佐藤大平が2ラウンドを完了し、6アンダーの暫定4位タイにつけた。第2ラウンドを7ホール終えた藤本佳則も並んだ。 第2ラウンド
2019/01/17SMBCシンガポールオープン

雷雨で半数が終えられず 池田勇太が暫定2位、石川遼は22位

た。 午前中にティオフした台湾のコウ・ケンギョウが「66」をマークし、5アンダーの暫定首位に立った。1打差の暫定2位にいずれも18ホールを完了した池田勇太、ミゲル・タブエナ(フィリピン)、藤本佳則らが
2018/12/26GDOEYE

フロム・センダイ(後編) 僕らは“松山英樹2世”じゃない

ていて」と比嘉は言う。「それがあったから、松山さんたちとのつながりができたと思っている。(ゴルフ部の)合宿で谷原秀人さんや藤本佳則さんに会わせていただいたり、池田勇太さんにご飯に連れて行ってもらったり
2018/12/02日本シリーズJTカップ

小平智が最終戦制す 妻の古閑美保は号泣 賞金王に今平周吾

、日本で優勝で締めくくれて最高の気分です」と話した。 通算5アンダーの8位で終えた今平周吾が初めての賞金タイトルを獲得した。 通算7アンダー4位に藤本佳則。首位から出た堀川未来夢は「70」と伸ばせず
2018/11/27日本シリーズJTカップ

今平周吾とノリスの賞金王争い決着 宮里優作は連覇に挑む

佑貴、市原弘大、池田勇太、ブレンダン・ジョーンズ、星野陸也、時松隆光、チェ・ホソン、タンヤゴーン・クロンパ、Y.E.ヤン、秋吉翔太、重永亜斗夢、木下裕太、ハン・ジュンゴン、ブラッド・ケネディ、藤本佳則
2018/11/25カシオワールド

最後の1枠「30人目」に滑り込み 石川遼が2年ぶり最終戦出場

、Y.E.ヤン、秋吉翔太、重永亜斗夢、木下裕太、ハン・ジュンゴン、ブラッド・ケネディ、藤本佳則、堀川未来夢、岩田寛、キム・ヒョンソン、アンジェロ・キュー、イ・サンヒ、谷口徹、額賀辰徳、小平智、石川遼、ラヒル・ガンジー、出水田…
2018/11/11VISA太平洋マスターズ

34歳・額賀辰徳が逆転でツアー初優勝 松山英樹は46位

スタートの秋吉翔太、前週「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」覇者のショーン・ノリス(南アフリカ)、藤本佳則、ハン・ジュンゴン(韓国)が入った。 賞金レースのトップを走る今平周吾は3アンダー12位