ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

2度の中断で日没順延 今平周吾が通算イーブンパーでホールアウト

2019/10/18 17:37


◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 2日目(18日)◇古賀ゴルフ・クラブ(福岡)◇6817yd(パー71)

悪天候のため、2回にわたる計2時間56分の中断を強いられ、午後5時1分に日没サスペンデッドとなった。暫定首位に5ホールを消化して通算2アンダーとした藤本佳則が暫定首位に立った。

60人が18ホールを終えられなかったが、ホールアウトした中では、2ラウンド続けて「71」で回り、通算イーブンパーとした今平周吾がトップ。

賞金ランクトップで2週連続優勝、国内メジャー初勝利を目指す今平もラウンド中に2回中断を強いられた。厳しい雨のコンディションにも、パー3で3つバーディを奪うショット力で圧倒。難関の前半17番(238yd)、後半2番(212yd)ではいずれも3UTでチャンスを作った。

「(前半15番までに)3オーバーまで行ったので、その割には頑張ったかなと思います」とナイスカムバックに胸を張る。「躊躇しないことが大事。ティショットで迷うと、刻んでもラフに入ってしまうことがある。決めたら、そのクラブで一番の振りをする」と勇ましい。

通算1オーバーで堀川未来夢ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が追う。通算2オーバーで星野陸也市原弘大時松隆光スコット・ビンセント(ジンバブエ)が続いた。

石川遼は「74」とこの日もスコアを崩し、通算8オーバーでホールアウト。暫定70位とした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。