2017/05/27ミズノオープン

チャン・キムがツアー初優勝に王手 宮本勝昌が6打差5位

。 3打差の通算8アンダー2位にチョ・ビョンミン(韓国)。通算6アンダー3位に朴ジュンウォン(韓国)とマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)の2人。通算5アンダー5位に宮本勝昌と、アダム・ブランド
2017/11/07太平洋マスターズ

賞金王への道 チャン・キムを追う池田&宮里は予選同組

わずか。1打が状況を大きく左右する。 予選ラウンド2日間は、池田と宮里の直接対決に武藤俊憲が加わる組み合わせ。小平は石川遼、宮本勝昌とプレーをともにする。 ランキング5位の今平周吾は、前年大会を8位で
2017/10/26マイナビABC選手権

賞金ランクトップ2 小平智と宮里優作が首位発進

ねじ込み4つ目とした。「このコースは得意。初日としては上出来だし、優勝を狙っていきたい」。1Wへの信頼とともに、言葉に含める自信も増してきた。 1打差の4アンダー5位タイに宮本勝昌、松村道央ら5人
2017/10/13日本オープン

62歳・室田淳が「日本オープン」最年長予選通過記録を更新

に回ったのは大学2年生(片岡尚之)と、45歳の宮本勝昌。私、62歳。3世代が一緒に回ったんだ」とプロゴルフの魅力を味わい、自ら体現した。 週末に進む前にやることがある。「ホテル取らなきゃ。きょうはおうちに帰るつもりだったんだけどな」。鉄人に老け込む様子はない。(岐阜県関市/桂川洋一)
2017/10/19ブリヂストンオープン

初日中止は6年ぶり 石川遼「練習して臨みたい」

11月の「カシオワールドオープン」、初日の中止は11年「フジサンケイクラシック」以来となった。国内ツアー復帰2戦目を迎えた石川遼は「仕方がないことかなと思います」と話し、来場者を対象にしたサイン会を宮本
2017/10/17ブリヂストンオープン

全英2位のクーチャーが参戦 復調目指す石川遼と予選同組に

9時10分に10番からスタートする。賞金トップの小平と、大会ホストプロの片岡大育&宮本勝昌が同組入ったペアリングも注目を集めそうだ。 大会の優勝者には、翌年の世界選手権シリーズ「WGCブリヂストン招待
2017/06/03日本ツアー選手権森ビル杯

BJとキューが首位で最終日へ 宮本3打差、藤本&小平4打差

アンダー5位に続いた。 12番までに4バーディを決めた宮本勝昌は、最終18番をダブルボギーとして「69」で4アンダーの6位タイから逆転を狙う。この大会で優勝経験のある藤本佳則、小平智が3アンダー8位。 3位タイから出た中島徹は4つスコアを落として1オーバー19位タイに後退した。
2017/09/08中古ギア情報

秋シーズン、新兵器となるドライバー探し

オープン」で宮本勝昌が使って優勝。“HOT LIST JAPAN 2017”でもシルバーを受賞しており、操作性の高さと、打感の良さが評価されている。 このシリーズの特徴としては、ネックの形状が挙げられる
2017/09/06ISPSハンダマッチプレー

正真正銘の「ビギナーズラック」 マッチ初体験の42歳が4回戦へ

ある。「マッチプレーは人生で(今大会が)初めてなんで。アマチュアのときにもやったことがない」と明かした。片山晋呉や宮本勝昌、横田真一らを輩出した茨城・水城高出身ながら、高校ではゴルフ部に所属していなかっ
2017/09/07ISPSハンダマッチプレー

池田勇太がベスト8に進出 谷原秀人は敗退

ランキング4位の今平周吾は宮本勝昌を4&3で破った。 1回戦から出場の塚田陽亮は、賞金ランキング3位の小平智を5&4で破る金星。片山晋呉が延長9ホール目でソン・ヨンハン(韓国)を破ったほか、チョ・ビョンミン(韓国)がベスト8入りを決めた。 3日目は準々決勝4マッチが行われる。
2017/08/19ネスレマッチプレーレクサス杯

苦手なマッチプレーでベスト4 小池一平が波乱の中心に

。ツアー未勝利の32歳・小池一平がツアー通算11勝の宮本勝昌を3&2で破り、最終日に行われる準決勝に駒を進めた。 マッチプレーには「やりにくさは感じないけれど、苦手意識がある」という。初出場の前年大会
2017/08/18ネスレマッチプレーレクサス杯

今季復活Vの久保谷健一 腰痛再発も「慣れたもの」

宮本勝昌と対戦し、宮本に1UPで勝利を奪われ、ベスト8入りを逃した。この日は持病の腰痛が再発し、しゃがんでティアップするのもままならない状態。フルスイングできない体で健闘したが、「最後までいけて楽しかっ
2017/08/16ネスレマッチプレーレクサス杯

12時を回ったシンデレラ?時松隆光はタイトル防衛へ弱気

の1回戦では、1カ月前に3季ぶりの優勝を飾った宮本勝昌と対戦する。「ここでも勝てないと、負の連鎖が続いてしまう。宮本さんに勝つことができれば、また自信になってネガティブな感じが変わると思う」。1年前から立場は大きく変わったとはいえ、今年も挑戦者として初日に臨む。(北海道恵庭市/塚田達也)
2017/09/06ISPSハンダマッチプレー

池田勇太は圧勝で4回戦へ 片山、谷原、小平らも勝利

番で1UPとされたが、12番までに6ホールを奪って圧勝した。片山晋呉と久保谷健一のベテラン対決は、3&2で片山に軍配が上がった。 岩田寛はソン・ヨンハンに5&4で敗れた。 ほかに宮本勝昌、今平周吾、谷原秀人、小平智らがあすの4回戦に進んだ。