2016/11/10三井住友VISA太平洋マスターズ

「勝てるわけない!」松山英樹に他の選手から嘆きジョークも

持って練習しているのでは」と分析した。 リーダーに1打差の2位につけた宮本勝昌は、2日目以降のプレー、優勝争いに向けて「勝てるわけないでしょう!」と豪快に笑った。「うん。オレもそう思う」と続いたのは
2016/10/03GDOEYE

凸凹コンビの“初勝利” 姉さんと童顔ボスが保つバランス

の専属女性キャディ。かつて宮本勝昌や岡本綾子、古閑美保ら日本の男女選手をサポートした。江戸時代に日本全国を測量のため行脚した伊能忠敬という歴史上の人物を祖先に持つことでも、広く知られている。 体力的に
2016/06/23ISPSハンダグローバルカップ

宮本勝昌がアルバトロスで3打差4位発進 首位は朴相賢

(アイルランド)、沖野克文、池田勇太、塚田陽亮、16番(511yd/パー5)でアルバトロスを記録した宮本勝昌ら全10選手が並んだ。 昨年覇者の武藤俊憲は1イーグル4バーディ、2ボギー、加えて7番で「10」を叩き、「73」として2オーバー、119位と出遅れた。
2017/01/05

宮里優作選手会長は2年目へ 石川遼が理事職に復帰

ファンサービスへの意識向上を念頭に掲げてツアー活性化を目指す。 <ジャパンゴルフツアー選手会> 会長/宮里優作 副会長/横田真一、近藤共弘、薗田峻輔 理事/小平智、片岡大育、永野竜太郎、小田孔明、武藤俊憲、石川遼、深堀圭一郎、谷原秀人、池田勇太、I.J.ジャン、キム・ヒョンソン 監事/宮本勝昌
2016/10/07ホンマ・ツアーワールド・カップ

首位発進の海老根文博 ゴルフ名門校で“帰宅部”だったワケ

バーディ、ボギーなしの「64」で回り、7アンダー首位でスタートした。茨城県水戸市出身の41歳。 海老根は、永久シード保持者の片山晋呉をはじめ、国内ツアーで活躍する宮本勝昌、横田真一らを輩出した地元の
2016/11/11三井住友VISA太平洋マスターズ

松山英樹が終盤チャージで首位キープ 2打リードで決勝へ

アンダーの3位にソン・ヨンハンが続いた。通算9アンダーの4位にキム・スンヒョグ。さらに1打差の5位に、イ・キョンフン、キム・ヒョンソン、キム・キョンテ、チェ・ホソン(いずれも韓国)、藤田寛之、宮本勝昌
2016/11/10三井住友VISA太平洋マスターズ

松山英樹が単独首位発進 イーグル奪取で7アンダー

。11年大会では倉本昌弘、石川遼に次ぐツアー史上3人目のアマチュア制覇を果たした。 6アンダーの2位に6バーディ、ノーボギーの「66」でプレーした宮本勝昌。5アンダーの3位にアダム・ブランド
2016/09/04フジサンケイクラシック

【速報】石川遼、首位と7打差に後退し後半へ

を終えた時点で、首位は通算9アンダーのチョ・ミンギュ(韓国)。同じ最終組のブラッド・ケネディ(オーストラリア)が通算6アンダーの2位につける。10番を終えた宮本勝昌が通算5アンダーの3位。最終組の片岡
2016/09/02フジサンケイクラシック

選手コメント集/「フジサンケイクラシック」2日目

さん(宮本勝昌)のイメージで、フェードで行こうと思って。きょうは振らずに軽めでいきました。パットは稲森(稲森佑貴)さまさまです。朝のパット練習のときに横にいて。良いストロークをしていたので、きょうは
2015/11/12三井住友VISA太平洋マスターズ

TV視聴者から違反通報 宮本勝昌はラウンド後の検証で無罰

静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで開幕した国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」初日。5アンダーの6位タイでスタートした宮本勝昌が、ルール違反を指摘するテレビ視聴者からの“通報”により
2016/11/27カシオワールドオープン

最終戦の出場30選手が決定 藤田寛之は2年ぶりの切符

順) 池田勇太、谷原秀人、キム・キョンテ、ソン・ヨンハン、片岡大育、小平智、片山晋呉、今平周吾、武藤俊憲、宮本勝昌、高山忠洋、藤本佳則、永野竜太郎、B.ジョーンズ、小田孔明、宮里優作、リュー・ヒョヌ
2016/08/27RIZAP KBCオーガスタ

男子ツアー初!ニアピンコンテストで熊本支援

ニアピンコンテストが行われた。男子ツアーでは過去にドラコンコンテストの実施例はあったが、ニアピンは初の試みとなる。 参加したのは石川遼、谷原秀人、手嶋多一、永野竜太郎、宮里優作、宮本勝昌の6選手。18番ホール
2016/07/30ネスレマッチプレーレクサス杯

気は優しくて力持ち 小田龍一が苦手なマッチプレーで大勝中

の深堀圭一郎も8&7(7ホール残して8アップ)で破り、合わせて24ホールで決着をつける圧勝の内容でベスト4に進出した。 前日の1回戦も宮本勝昌に4ホールを残して勝利したが、実はこれが同大会で初めての
2016/09/25アジアパシフィック ダイヤモンドカップ

台湾の30歳が逆転優勝 小池一平2位

出た17歳のパチャラ・コンワットマイ(タイ)は「72」とスコアを落とし、宮本勝昌、今平周吾と並び、通算6アンダーの4位。賞金ランクトップの谷原秀人は通算5アンダーの7位で片岡大育と並んだ。
2015/11/01マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

表情は対照的 片岡大育と宮本勝昌は2位で終戦

国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」最終日。6位から出た片岡大育が「66」、9位の宮本勝昌が4日間のベストスコア「65」と伸ばしたが、ともに優勝スコアに2ストローク届かない通算10
2016/09/04フジサンケイクラシック

チョ・ミンギュが5年ぶりV 石川遼は連勝逃し2位

、高山忠洋の4選手が入った。今大会に予選会から出場した丸山は、トップ10入りを果たしたことで次戦の出場権を獲得した。 通算3アンダーの6位にブラッド・ケネディと宮本勝昌が続き、通算2アンダーの8位に近藤