ニュース

国内男子ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品の最新ゴルフニュースをお届け

宮本勝昌「違う種類の悔しさがある」 2戦連続2位

2021/05/09 21:02


◇国内男子◇ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品 最終日(9 日)◇西那須野CC(栃木県)◇7036yd(パー72)

単独首位から出た48歳の宮本勝昌は、最終日5バーディ、6ボギーの1オーバー「73」。首位タイで最終18番を迎えたが、グリーン左奥に外してボギーとし、天を仰いだ。

<< 下に続く >>

2位に2打差をつけてスタートし、序盤1番、2番で連続バーディ。「これは予定通り」と宮本ペースで進むかに思えたが、5番、6番(パー5)の連続ボギーで雲行きが怪しくなり、「想定外。あの辺からうまく行かなくなった」と中盤に伸び悩んだ。

それでも16番(パ-5)でバーディを奪って首位に並び、迎えた最終18番。完璧なティショットでフェアウェイをキープして、2打目はピンまで164ydを残した。

「(ピンが切られた)一番上の段は、狭すぎてこの風の中で行くイメージはなかった。6Iで150yd打つつもりが、何を血迷ったか、パチンと165ydくらい飛ばしたショットになってしまった。力が入ったのか、風に惑わされたのか…」。ラフからのアプローチを3mに寄せたものの、最後はパーパットが無情にもカップ右へと切れていった。

前週「中日クラウンズ」に続いての2位に「違う種類の悔しさがある」と息を吐いた。「今回は自滅っぽいところもある。最後の方はコンディションも厳しかったので、粘ったような気もするし…。前半の作り方が良くなかったかな。ゴルフは奥が深いです」と、ベテランにしてもつかみきれないゲームの機微に首をひねった。(栃木県那須塩原市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!