2011/01/13

2011年 JGAナショナルチームメンバーが決定

(2) 福井工大附属福井高2年(17歳) 小西健太(2) 瀬戸内高1年(16歳) 小袋秀人(初) 日本大1年(19歳) 櫻井勝之(初) 明治大2年(19歳) 佐藤大平(初) 水城高2年(17歳) 竹安
2012/07/05

松山英樹は2回戦で敗れる!/日本アマ3日目

順調に勝ち上がっている。 また、予選2日間のストロークプレーでトップ通過のメダリストになった富村真治と小浦和也は、小浦が1回戦で佐藤大平に2&1で敗れると、富村も2回戦で小袋秀人に2&1で敗退。早々に姿を消すことになった。
2018/12/03日本シリーズJTカップ

今平周吾が最優秀選手賞 最多6冠

:星野陸也(初) AbemaTVツアー賞金ランキング賞:佐藤大平(初) 平均ストローク賞:今平周吾(初) 平均パット賞:今平周吾(初) パーキープ率賞:稲森佑貴(初) パーオン率賞:カン・キョンナム
2013/08/22関西オープンゴルフ選手権競技

今野、横尾らが首位発進 日本アマ王者は1打差5位

「69」をマークして好位置につけた。同じく4位タイにはアマチュアの佐藤大平、川村昌弘、イ・キョンフン(韓国)、野中茂ほか、全8選手が並ぶ混戦となっている。 ディフェンディングチャンピンの武藤俊憲は
2014/10/16日本オープンゴルフ選手権競技

マークセン首位発進 池田勇太が1差2位、スコット9位

。5アンダーの単独3位に時松隆光。4アンダー4位には片岡大育、今野康晴、佐藤大平(アマチュア)が続いた。 推薦出場している2013年の「マスターズ」覇者、世界ランキング2位のアダム・スコット
2016/09/07セブン・ドリーマズ・チャレジ in 米原GC

浅地洋佑と小鯛竜也が首位発進/チャレンジ初日

いる。 6アンダーの3位に佐藤大平、貴田和宏、副田裕斗の3人。5アンダーの6位に、前週のレギュラーツアー「フジサンケイクラシック」を2位で終えた丸山大輔ら8人が続く。 <上位の選手> 順位/スコア
2019/05/02中日クラウンズ

石川遼107位と出遅れ 宮本勝昌ら3人が首位

(オーストラリア)の3人が続いた。2アンダー7位に片山晋呉、出水田大二郎、佐藤大平ら5人がつけた。 アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は3バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「70」。昨年の賞金王・今平
2019/01/18SMBCシンガポールオープン

ケーシーが暫定首位浮上 石川遼は9ホール残して日没順延

首位に立った。 和田章太郎と前年度の下部AbemaTVツアーで賞金王に輝いた佐藤大平が2ラウンドを完了し、6アンダーの暫定4位タイにつけた。第2ラウンドを7ホール終えた藤本佳則も並んだ。 第2ラウンド
2018/10/24JGTO Novil FINAL

高柳直人が首位発進/AbemaTVツアー今季最終戦

7人が並んだ。 賞金ランク1位の佐藤大平は1アンダーの64位、同2位の梅山知宏は3アンダー24位で初日を終えた。下部ツアーの賞金王争いはこれまで725万円余を獲得した佐藤と、229万円差で追う梅山に絞られて…
2018/05/18HEIWA・PGM Challenge Ⅰ ~Road to CHAMPIONSHIP

38歳の近藤啓介がプロ初勝利/AbemaTVツアー

) 国内男子下部ツアーの今季第4戦が18日までの3日間開催され、最終日を5位で出た38歳の近藤啓介が5バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算5アンダーとしてプロ初勝利を挙げた。 1打差の通算4アンダー2位に和田章太郎。通算2アンダーの3位に増田伸洋、