2019/06/10トヨタジュニアワールドカップ

「トヨタジュニアW杯」歴代日本チームメンバー

(熊本・秀岳館高1年) 佐渡山理(沖縄県立名護高1年) 新垣比菜(興南高3年) 稲見萌寧(日本ウェルネス高2年) 2015 金谷拓実(広島国際学院高2年) 塚本岳(立教池袋高2年) 岡崎錬
2019/04/28アジアパシフィック女子アマ

安田祐香が独走で初優勝 メジャー2大会の出場権/アジア女子アマ

韓国勢。通算1オーバーの5位に、前年大会はプレーオフで敗れた西村優菜が続いた。 日本勢は以下、通算3オーバーの7位に古江彩佳、通算6オーバーの12位に吉田優利、通算8オーバーの17位に小倉彩愛、梶谷翼、佐渡山理。通算17オーバーの41位に後藤未有が続いた。
2019/03/27rashink×RE SYU RYU/RKBレディース

20歳の吉川桃が開幕戦制す/ステップアップツアー

ツアー1勝の福嶋浩子、ツアー2勝の西山ゆかり、21歳の林菜乃子、沖縄県出身のアマチュアで18歳の佐渡山理が入った。通算2オーバー6位に宮崎乙実、北村響、川岸史果、井上りこ、金井智子、プリンセス・スペラルの6人が並んだ。
2017/05/15トヨタジュニアワールドカップ

世界一奪還へ! トヨタジュニアW杯日本選手団が会見

真弘(代々木高等学校1年)、植木祥多(埼玉栄高等学校3年)、米澤蓮(盛岡中央高等学校3年)、関藤侑嗣(広島国際学院高等学校3年)の4人。女子は、西村優菜(大阪商業大学高等学校2年)、佐渡山理(沖縄
2016/06/14トヨタジュニアワールドカップ

佐渡山理莉が「67」で日本女子が首位、男子は2打差3位発進

はエキシビション)を狙う日本チームが単独首位で滑り出した。 各チーム3人がプレーして、上位2人のスコアを採用する女子では、日本が昨年同様、初日から抜け出した。チーム最年少の佐渡山理(沖縄県立名護高1
2018/10/12富士通レディース

辻梨恵が今季初の単独首位発進 2位に三浦桃香ら4人

、権藤可恋、濱田茉優、賞金ランキング1位のアン・ソンジュ(韓国)の4人がつけた。 3アンダーの6位にイ・ミニョン(韓国)、フェービー・ヤオ(台湾)、三ヶ島かな、永井花奈、アマチュアの佐渡山理ら7人が
2017/06/15トヨタジュニアワールドカップ

初日「80」→「69」 佐渡山理莉が2日目ベストスコアで牽引

) 首位と5打差の4位からスタートした日本女子チームが、スコアを5つ伸ばして初日の遅れを巻き返し、首位と1打差の2位に浮上した。立役者のひとりが、初日「80」と乱調だった佐渡山理(沖縄県立名護高2年
2018/02/22

西村優菜が5位で決勝へ 日本勢6人が予選通過

17位で決勝へ。佐渡山理(沖縄・名護高2年)はカットラインに1打届かない通算9オーバーで予選落ちに終わった。 優勝者には海外メジャー「ANAインスピレーション」(3月29日~)と
2016/06/14トヨタジュニアワールドカップ

負けん気相乗効果 初日首位の日本女子はさらに加速も

日本チームは初日、女子団体でさっそく首位に立つなど2年連続の4冠に向けて好スタートを切った。 2位のアメリカに2打差をつけて首位に立った女子団体は、16歳・佐渡山理(沖縄・名護高1年)が個人でも1打
2016/06/15トヨタジュニアワールドカップ

逃げ切り団体連覇を加速する最年少・佐渡山の明るさ

悔し涙を流しながらホールアウト。実績上のエース格・新垣比菜(沖縄・興南高3年)も1オーバーの「73」と波に乗れない中、なんとか1打差で初日の首位を守った。 踏ん張ったのは、チーム最年少の佐渡山理(沖縄
2016/10/07スタンレーレディス

【速報】アマ畑岡奈紗はバーディ発進/スタンレーレディス

多くのギャラリーを集め、3人の中で一番の大歓声を受けてティオフした。 畑岡のスタート時点では、8ホールを終えたアマチュアの16歳・佐渡山理(さどやま・りり、沖縄・名護高1年)、7ホールを終了した森田遥、序盤3ホールで2つ伸ばした松森 彩夏が2アンダーで首位に立っている。
2016/06/17トヨタジュニアワールドカップ

米国が男女アベックVを達成!日本は女子2位、男子8位

ベストスコアの「62」をマークしたチリのホアキン・ニーマンが通算17アンダーで制した。 団体戦女子で首位アメリカとの5打差を追った日本は最終日、稲見萌寧(日本ウェルネス高2年)が「68」、佐渡山理(沖縄・名護