1999/10/10TaKaRa WORLD INVITATIONAL

ローラ、4日間リードで完全優勝

初日から首位を突っ走ったローラデービースが、さすがの貫祿を見せて余裕の勝利を飾った。2位にはスコットランドのジャニス・ムーディ。日本選手は高村亜紀、城戸富貴が3位に食い込んだ。 最終日もスコアは
2007/11/06ソルハイムカップ

ソルハイムカップ、欧州チームのキャプテンが決定

チームとの戦いに臨みたいと思っています。」 アリソン・ニコラスはソルハイムカップに6回出場し、通算成績は7勝8敗3引き分け。オルタネート・ショットでは、親友のローラデービースと組んで4勝2敗を誇り、2人
2009/08/22ソルハイムカップ

欧州vs米国の熱き戦い開幕!初日は米国がリード!

いたが、中盤でのアルフレッドソンの活躍で2upのリードを奪って優位に立つと、最後までそのリードを活かし、1upで勝利しタイに戻す。 第3試合はローラデービース(イングランド)、ベッキー
1999/10/09TaKaRa WORLD INVITATIONAL

スコア総崩れ! それでもデービース首位

風が吹き荒れた3日目、雪崩をうって全員が転落した。米山みどりも韓煕圓もノイマンも後退。前日2位の白戸由香は81と沈み、アンダーパーでプレーしたのはたった2人だけ。首位を走っていたローラデービース
2002/10/01

米女子ツアー ファイナルQスクール

A.M.パリー、E.ピルグリム、K.シップマン、M.ボーデン、S.ペターセン A.ウィン、E.ワイコフ、K.デービース、M.モネ、S.ヘッド A.コー、G.サーガス、K.フリーマン、M.モリス、S
2002/09/24ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント

疲れ知らずの木村敏美が1年ぶりの優勝を目指す

7名が出場したが、木村が唯一決勝ラウンドに進出し34位に入った。国内ツアーでも2位が4回など好成績を上げている。絶好調の木村が、30回の記念大会で連覇を狙う。 今大会招待の選手はイングランドのローラ
2007/10/28ホンダ LPGA タイランド 2007

S.ペターセンが逃げ切って2週連続優勝!!

スコアを伸ばしてきたのだ。レイチェル・へザリントンが7ストローク伸ばし16アンダーで単独4位。ポーラ・クリーマーも6ストローク伸ばし18アンダー単独3位。そしてローラデービースが7ストローク伸ばし
2002/06/20ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナル

全米オープンの熱冷めやらぬニューヨークでビッグネームが激突

今週の米国女子ツアーは、「ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナル」。先週の全米オープンの熱冷めやらぬニューヨークが舞台となる。 昨年は、この試合まで賞金ランク58位と不振にあえいでいたローラ
2003/09/10ソルハイムカップ

「ザ・ソルハイムカップ」開催直前・選手インタビュー

逆転優勝。しかし、欧州で行われた前々回の大会ではアメリカチームは負けている。 ローラデービース 「すごく楽しみにしてますよ。何人かのルーキーもいて若返りを見せているチームですからね。アメリカ勢も
2002/09/22ソルハイムカップ

9対7、欧州が2ポイントリードで、マッチプレー対決へ

.アルフレッドソン、R.カリード、L.デービース、E.エスティル、S.グスタフソン、M.ヨース、K.イシェール、C.コーク、P.マーティ、M.マッカイ、S.ペターソン、I.ティニング、A.ソレンスタム