2017/10/21ザ・CJカップ

トーマスが今季初Vへ首位浮上 ブラウンと並ぶ

キム・ミンフィがキャメロン・スミス(オーストラリア)、ルーカスグローバーと並ぶ通算6アンダーの5位、アン・ビョンフン(韓国)が通算5アンダーの8位につけた。 ジェイソン・デイは16位、アダム・スコット(ともにオーストラリア)は28位で最終日を迎える。
2017/10/20ザ・CJカップ

ルーク・リストが首位浮上 トーマス4位に後退

アンダーで単独首位に浮上。ツアー未勝利の32歳がリーダーボードのトップで3日目に進んだ。 通算8アンダーの2位にルーカスグローバーとスコット・ブラウン。通算7アンダーの4位に首位から後退したジャスティン…
2017/08/10全米プロゴルフ選手権

【速報】松山英樹はバーディ発進 「全米プロ」が開幕

した。 <日本人選手のスタート時間と組み合わせ> 12:35(1:35)1番 谷原秀人、L.グローバー、M.ドゥビンズ 12:40(1:40)10番 池田勇太、R.ペリー、E.グリジョ 12:45(1:45)1番 小平智、M.スモール、J.コクラック
2017/06/02ザ・メモリアルトーナメント

松山英樹13位発進 石川48位、池田は大きく出遅れ

。今季3勝のジャスティン・トーマスは、ルーカスグローバーとともに5アンダー5位につけた。 2014年覇者の松山英樹は5バーディ、1ボギー1ダブルボギー「70」とし、2アンダー13位。リッキー
2017/03/19アーノルド・パーマー招待byマスターカード

マキロイ、ファウラーが「65」の追い上げ 松山24位で最終日へ

・ハットン(イングランド)、マーク・レイシュマン(オーストラリア)、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)の3選手。通算7アンダーの6位にルーカスグローバーと前週優勝のアダム・ハドウィン(カナダ
2017/03/18アーノルド・パーマー招待byマスターカード

松山英樹は「69」で20位に浮上 40歳ホフマンが首位

マシュー・フィッツパトリック(イングランド)は通算8アンダー3位に後退した。 ルーカスグローバー、ケビン・キスナー、マーク・レイシュマン(オーストラリア)が通算7アンダー4位。前年覇者のジェイソン・デイ
2016/11/07シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

「怖がってる暇はない」10年ぶりVの47歳、終盤ホールで突如ギア

いなかった。 大会最終日、サンデーバックナインに突入する最終組について歩いたが、ブルックス・ケプカは9番(パー5)で3パット(のパー)。ルーカスグローバーは11番でティショットを左に曲げ、2打目を木
2016/11/07シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

シンデレラストーリー?47歳パンプリングが10年7カ月ぶりの勝利

の最長優勝スパンは15年6カ月(ロバート・ガメス)というものがある。 通算18アンダーの2位にはブルックス・ケプカ。通算17アンダーの3位にルーカスグローバーが続いた。この日ベストとなる10
2016/11/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

グローバーが首位浮上 石川、岩田は予選通過ならず

、2009年の「全米オープン」覇者ルーカスグローバー。1イーグル、5バーディ、1ボギーの「65」として、通算15アンダーの単独首位に立った。 グローバーは米ツアー通算3勝を挙げているが、直近優勝は
2016/10/30サンダーソンファームズ選手権

岩田寛は好位置をキープ 首位と3打差で最終日へ

は“準シード”の扱いで試合数が限られるが、早々に絶好のチャンスを引き寄せた。 首位に立ったのは、岩田と同じく初タイトルを狙うルーク・リストと、ツアー通算4勝のクリス・カーク。通算13アンダーの3位に、ルーカスグローバー、コディー・グリブル、グラハム・デラエ(カナダ)の3人が続いた。
2016/10/26サンダーソンファームズ選手権

連続でツアー初優勝者が誕生 “裏開催”に岩田寛が出場

。今年は足のケガ(公傷扱い)で5カ月間、米ツアーを離れていたイアン・ポールター(イングランド)が復帰。アンヘル・カブレラ、デビッド・デュバル、ルーカスグローバー、ジェフ・オギルビー、レティーフ
2016/09/07佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑213>ジミー・ウォーカー(前編)

未来を予感させる錚々たる顔ぶれだった。後の09年、全米オープンに優勝したルーカスグローバー、11年に世界ランク1位に君臨したルーク・ドナルド、世界選手権の勝者ニック・ワトニー、ハンター・メイハンらの