2016/11/07シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

「怖がってる暇はない」10年ぶりVの47歳、終盤ホールで突如ギア

いなかった。 大会最終日、サンデーバックナインに突入する最終組について歩いたが、ブルックス・ケプカは9番(パー5)で3パット(のパー)。ルーカスグローバーは11番でティショットを左に曲げ、2打目を木
2016/11/07シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

シンデレラストーリー?47歳パンプリングが10年7カ月ぶりの勝利

の最長優勝スパンは15年6カ月(ロバート・ガメス)というものがある。 通算18アンダーの2位にはブルックス・ケプカ。通算17アンダーの3位にルーカスグローバーが続いた。この日ベストとなる10
2016/11/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

グローバーが首位浮上 石川、岩田は予選通過ならず

、2009年の「全米オープン」覇者ルーカスグローバー。1イーグル、5バーディ、1ボギーの「65」として、通算15アンダーの単独首位に立った。 グローバーは米ツアー通算3勝を挙げているが、直近優勝は
2016/10/30サンダーソンファームズ選手権

岩田寛は好位置をキープ 首位と3打差で最終日へ

は“準シード”の扱いで試合数が限られるが、早々に絶好のチャンスを引き寄せた。 首位に立ったのは、岩田と同じく初タイトルを狙うルーク・リストと、ツアー通算4勝のクリス・カーク。通算13アンダーの3位に、ルーカスグローバー、コディー・グリブル、グラハム・デラエ(カナダ)の3人が続いた。
2016/10/26サンダーソンファームズ選手権

連続でツアー初優勝者が誕生 “裏開催”に岩田寛が出場

。今年は足のケガ(公傷扱い)で5カ月間、米ツアーを離れていたイアン・ポールター(イングランド)が復帰。アンヘル・カブレラ、デビッド・デュバル、ルーカスグローバー、ジェフ・オギルビー、レティーフ
2016/09/07佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑213>ジミー・ウォーカー(前編)

未来を予感させる錚々たる顔ぶれだった。後の09年、全米オープンに優勝したルーカスグローバー、11年に世界ランク1位に君臨したルーク・ドナルド、世界選手権の勝者ニック・ワトニー、ハンター・メイハンらの
2016/06/20ヨーロピアンツアー公式

ダスティン・ジョンソンの勝利が意味する事実

「全米オープン」制覇を達成 <その他の事実> ・2015年の「全英オープン」を制したザック・ジョンソン以来となる米国人によるメジャー制覇 ・タイガー・ウッズ(2008年)、ルーカスグローバー
2015/11/04サンダーソンファームズ選手権

ルーキーのカウフマンが2勝目狙う テイラーの連覇なるか

に逆転し、ツアー初優勝を飾った。デビッド・トムズ、ルーカスグローバーといったメジャー覇者のほか、ノ・スンヨル(韓国)、ブレンドン・トッドらも参戦する。日本勢は出場しない。
2015/06/22ヨーロピアンツアー公式

ジョーダン・スピースの大会制覇にまつわる記録集

顔ぶれは、タイガー・ウッズ(2002年、2008年)、ジム・フューリック(2003年)、ルーカスグローバー(2009年)、ウェブ・シンプソン(2012年)、そしてジョーダン・スピース(2015年)と
2015/06/10佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑161>クリス・カーク

ルーカスグローバーとは、サーフィン仲間だ。パラシューティング、バンジージャンプもスリルがたまらないという。音楽も好きで自宅ではピアノの練習に励んでいる。試合から離れた時の弾けた表情をちょっと見てみ
2015/02/08ファーマーズインシュランスオープン

3打差に16人の混戦 ホームズ&イングリッシュが首位

が巡ってきた。 1打差の3位にはフェデックスカップポイントレースでトップを走り、今季2勝目を狙うジミー・ウォーカーのほか、ルーカスグローバー、スペンサー・レビン、チャド・キャンベル、ニック・ワトニー
2014/11/09サンダーソンファームズ選手権

ジョン・ロリンズが単独首位 後続に2打差で最終日へ

位につけている。ジェイソン・ボーンとルーカスグローバーが11アンダーの3位に並び、最終日に臨む。 2日目首位タイだったデビッド・トムズは10アンダーで、ニック・テイラー(カナダ)とともに5位につけている。
2014/10/19PGAコラム

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

デービス・ラブIII、「ジョンディアクラシック」覇者のブライアン・ハーマン、「全米オープン」勝者のルーカスグローバー、PGAツアー5勝のジョナサン・バードが含まれている。また87人の初出場組の多く
2014/07/25PGAコラム

スタンリー 難しいバックナインで5バーディ

ヤードのパー4がある。厄介で厳しいコースだ」。 スタンリーはクレムソン大出身で、この日は同大卒のルーカスグローバー、ジョナサン・バードと同組でプレー。旧知のメンバーとのプレーも一役買った。 「Jバードと