2024/06/11全米オープン

2024年「全米オープン」出場資格&選手

ツアー「ツアー選手権」進出者(フェデックスカップ上位30位) キーガン・ブラッドリー、サムバーンズ、パトリック・カントレー、ウィンダム・クラーク、コーリー・コナーズ、ジェイソン・デイ、トニー・フィナウ…
2024/06/11記録

「全米オープン」記録集

1カ月25日 ボビー・クランペット (1978) 18歳4カ月25日 ジャック・ニクラス (1958) 年長予選通過 61歳 サム・スニード (1973) 60歳 トム・ワトソン (2010) 58歳…
2024/05/31米国男子

ロリー・マキロイが4打差6位発進 久常涼は34位

)が「62」をマーク。8アンダーの単独首位で飛び出した。 7アンダーの2位に、2011年大会覇者のショーン・オヘアーとサムバーンズ。6アンダーの4位にロバート・マッキンタイア(スコットランド)。5
2024/04/10マスターズ

スコッティ・シェフラーが途中棄権も 妻の出産を控え

プレーをとりやめ、メレディスさんのもとに急ぐだろうとしている。 またシェフラーと親交が深いサムバーンズも妻キャロラインさんが妊娠中で、こちらは出産予定日まで1週間とのことで、シェフラー同様に彼女に
2024/02/12米国男子

テイラーが雪辱戦を制してツアー4勝目 松山英樹22位

大会ホストプロのホフマンは8年ぶりのタイトルに惜しくも届かず。通算18アンダーの3位に世界ランキング1位のシェフラーとサムバーンズ。シェフラーは1963年のアーノルド・パーマー以来2人目となる大会3
2023/12/04PGAツアーオリジナル

2024年シーズンへ向けたギアのトレンドと展望(後編)

、寛容性といった性能を最大化するフェース構造の設計を行ってきた。そして今、同社はAIの使用を新しいパターにまで広げた。 ジョン・ラーム(スペイン)やサムバーンズは、早くもオデッセイの新しい「Ai…
2023/10/02米国男子

欧州選抜がタイトル奪還 米国選抜は敵地で7連敗

が決まる状況で、2組目のビクトル・ホブラン(ノルウェー)がコリン・モリカワに、4組目のロリー・マキロイ(北アイルランド)がサムバーンズに勝利。さらに6組目のティレル・ハットン(イングランド)も勝ち点
2023/09/30米国男子

欧州選抜が絶好のスタート 8戦負けなしで5ptリード

1位のスコッティ・シェフラー&サムバーンズ組に4&3で完勝。続くビクトル・ホブラン(ノルウェー)&ルドビグ・アバーグ(スウェーデン)組も4&3で制して連勝の流れを築いた。 午後のフォアボール(2人が
2023/09/01PGAツアーオリジナル

なぜ、2023年は「パターの年」だったのか(後編)

正しい判断だった。2週後の「バラクーダ選手権」でPGAツアー初優勝を飾ったのだから。 サムバーンズ サムバーンズは毎週、パターを替える類の選手ではない。毎週どころか毎月、毎年と言ってもいい…
2023/08/31PGAツアーオリジナル

なぜ、2023年は「パターの年」だったのか(前編)

、ロリー・マキロイ、スコッティ・シェフラー、ジェイソン・デイ、ルーカス・グローバー、アクシェイ・バティア、ファウラー、クラークといったビッグネームに加え、ギアをほとんど代えないサムバーンズでさえ