2014/07/23佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 127>ブライアン・ハーマン

競技者のプレー進行の遅さに影響を受け、自分のリズムを崩すことが多く、悩んだ時期があった。そこでクイックプレーで知られる先輩のルーカスグローバーに相談すると、経験で培った実践的な助言をもらった
2014/06/25佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 124>ポール・ケーシー

マシーン”のマット・クーチャー、2009年「全米オープン」優勝のルーカスグローバーらが凌ぎを削っていた。その中でケーシーは常に最注目選手で、ミケルソンの後継者と期待されていた。学生リーグ通算6勝
2014/05/10PGAコラム

マキロイは後半の挽回で予選通過もミケルソンは脱落

グローバー、キーガン・ブラッドリー、ウェブ・シンプソン、ダレン・クラーク、Y.E.ヤン、ルイ・ウーストハイゼン。先週「ウェルズファーゴ選手権」で優勝したJ.B.ホームズ、昨年の「コンステレーション・シニアプレイヤーズ選手権」優勝のケニー・ペリーも2日目で姿を消した。
2014/04/20PGAコラム

「チューリッヒクラシック」アラカルト

シェルは決勝ラウンド2日間の悪天候を耐え抜き、PGAツアー初勝利を手にした。彼は18番ホールで8メートル強のバーディパットを沈め、1打差でD.A.ポインツを下した。ルーカスグローバーに2打差で最終日を
2014/04/12PGAコラム

首位に4打差で決勝へ 夢の実現に1歩前進のスピース

「マスターズ」を2度制しているクレンショーとの練習ラウンドを希望していたスピースだったが、大自然の思惑は違った。大雨と雷の影響でコースは閉鎖。翌日には「全米オープン」優勝のルーカスグローバーと18ホール回っ
2014/03/15ツアーギアトレンド

テーラーメイド GHOSTパターに新モデル「Si」

「ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション」が行われた1月。テーラーメイドの製品史上「最も安定感があり、易しいパター」のひとつ、との触れ込みだった。ツアーでは既にレティーフ・グーセン、ルーカス
2014/01/02佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 101>ハリス・イングリッシュ

、「全米オープン」覇者のルーカスグローバー、カイル・スタンリーらを育てたコーチのマイク・テーラーに3年前から指導を受けはじめた。じっくり指導を受けるため、テーラーの練習施設があるシーアイランドに引っ越した
2013/10/17PGAコラム

マスターズ覇者のスコットが「PGAグランドスラム」を制覇

だ。でも、あんな勝ち方をされると、僕は負けたとというより、脱帽して相手を称えたくなるね。(スコットは)最終6ホールで4アンダーだったんだから。力強いフィニッシュだったよ」。 ルーカスグローバー
2013/08/24PGAコラム

クーチャー、通算10アンダーでリードを奪う

日、途中棄権となった3選手は、早々とプレーオフから姿を消すこととなった。125位のベン・クレーン(背中の怪我が悪化する前に、第2ラウンドの4ホールで棄権)、107位のルーカスグローバー(手首の故障で
2013/07/13ジョンディアクラシック

石川遼、36位後退も3戦ぶりの予選通過

。 それでも最終18番、残り141ヤードの第2打は、ピンが切られた右手前の狭いゾーンを捕え、なんとかバーディで締めくくった。昨年覇者のザック・ジョンソン、パトリック・リード、ルーカスグローバーの3人が並ぶトップ集団とは7打差。シード権確保に向けた上位進出へは、まずムービングデーの攻勢がキーポイントになる。
2013/07/13ジョンディアクラシック

首位にZ.ジョンソンら3選手 石川遼は3試合ぶり決勝R進出

キープすると、パトリック・リード、ルーカスグローバーの2選手がジョンソンと並び、上位争いは混戦模様を呈した。 この日26位タイからスタートしたグローバーは、インコースからティオフすると、前半に4つの
2013/07/06PGAコラム

「62」をマークしたエブリーが単独首位に

たロベルト・カストロも予選落ち。他にも、チャールズ・ハウエルIII世やブライアン・ゲイ、かつてのメジャー大会チャンピオンであるルーカスグローバーやマイク・ウィア、トレバー・イメルマン、ビジェイ・シンなどが予選落ちとなった。
2013/05/04PGAコラム

持病を抱えたゴルファー/L.ウェストウッド

ウェストウッドは、安定したプレーが印象的だった。グリーンレギュレーションでは15を記録し、総パット数は28に収めた。彼だけでなく、彼と同組で回った選手たちも安定感があった。ルーカスグローバーは「71」で
2013/05/03ウェルズファーゴ選手権

R.マキロイら首位に7人が並ぶ大混戦 石川遼は1オーバー72位タイ

ルーカスグローバー、ケビン・ストリールマン、ジェイソン・コクラックの6選手が続くなど、僅差に13選手がひしめいている。前年優勝のリッキー・ファウラーはイーブンパーの53位タイに続く。 1週間のオフを経て
2013/04/29PGAコラム

ビリー・ホーシェル、嬉しいPGAツアー初勝利

(フロリダ大学の愛称)出身の26歳は、3日目を終えて首位のルーカスグローバーに2打差の3位につけていた。最初の降雨による中断の直後から6連続バーディを決め、上位との差はジワジワと詰まっていった。最終的には
2013/04/28PGAコラム

強風にも負けず、グローバーがリードをさらに広げる

に予想していた。 しかし、午後は風が吹き荒れ、結果としてスコアはいつもより高くなった。おかげでスタドラーや他の大勢の選手が、大幅に順位を上げることとなった。 そんな強風が吹き荒れる中、ルーカス