2019/10/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

“ベガスの男”ケビン・ナが単独首位 松山英樹は38位

パット・ペレス、通算17アンダーの4位にサム・ライダーとルーカスグローバーが続いた。 松山英樹は5バーディ、2ボギーの3アンダー「68」で通算10アンダーとしたが、35位から38位に後退。首位との差は12打に開いた。
2019/10/05シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

カントレーら4人が首位 松山35位 小平は予選落ち

12アンダーの首位に「64」とした2017年大会覇者のパトリック・カントレー、「62」をマークしたケビン・ナ、「63」のルーカスグローバー、「65」でプレーしたブライアン・スチュアードの4選手が並ん
2019/08/16BMW選手権

トーマスとコクラックが首位スタート 松山英樹は4打差25位

ルーカスグローバー、ブラント・スネデカー、パトリック・カントレーが並んだ。さらに1打差の5アンダー8位にはアダム・スコット(オーストラリア)、ザンダー・シャウフェレ、リッキー・ファウラーら9人がひしめく
2019/07/18全英オープン

雨対策の新発想?/塚田好宣の現地レポ(その3)

。ちなみにその2人とは、ルーカスグローバーと堀川未来夢である。 あすの大会初日は、個人的に優勝してもらいたい気持ちの強い"3WOOD"(Tiger Woods、Tommy Fleetwood、Lee Westwood)に注目してみようと思う。(文/塚田好宣)
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・フィッツパトリック トミー・フリートウッド リッキー・ファウラー ジム・フューリック セルヒオ・ガルシア ルーカスグローバー ブランデン・グレース エミリアノ・グリジョ ジャスティン・ハーディング ブライアン
2019/07/13ジョンディアクラシック

ベガスが「62」で首位浮上 小平智は予選落ち

」をマークし、通算13アンダーとして単独首位で大会を折り返した。 アンドリュー・ランドリーが1打差の2位。ルーカスグローバーが通算11アンダーの3位で続いた。 20位で発進した前週優勝のマシュー
2019/06/17記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

ペブルビーチGL 2009 L.グローバー 矢野東 27T今田竜二 予落横尾要 予落甲斐慎太郎 予落 ベスページ ブラック 2008 T.ウッズ 今田竜二 18位片山晋呉 予落谷口徹 予
2019/06/03全米オープン

2019年「全米オープン」出場者&資格

1 直近10年の全米オープン優勝者 ブルックス・ケプカ ルーカスグローバー ダスティン・ジョンソン マルティン・カイマー グレーム・マクドウェル ロリー・マキロイ ジャスティン・ローズ ウェブ
2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

6:56 19:56 キャメロン・チャンプリッチ・バーバリアンJr ルーカスグローバー 10 7:07 20:07 エミリアノ・グリジョ ダニエル・バーガーポール・ケーシー 10 7:18 20
2019/05/15ヨーロピアンツアー公式

専門家が見るタイガー・ウッズによるメジャー2連勝の可能性

人の選手は、いずれも卓越したアイアンショットで栄冠を勝ち取った。 ウッズとルーカスグローバーは、それぞれ2002年と2009年に「全米オープン」を制覇した。一方、ニック・ワトニーとパトリック・リード
2019/05/15ヨーロピアンツアー公式

「全米プロゴルフ選手権」で知っておくべき5つのこと

タイガー・ウッズが、2009年にルーカスグローバーが「全米オープン」制覇を果たしている。なお、ブラックコースは“上級者向けの極めて難しいコース”という注意書きで有名である。 連覇に挑むブルックス
2019/05/14全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」初開催のベスページ 注目選手の過去成績まとめ

選手の当地における過去成績をまとめた。なお、2009年の「全米オープン」ではルーカスグローバーがメジャー初優勝を飾っている。(ニューヨーク州ファミングデール/林洋平) ・タイガー・ウッズ(メジャー2
2019/03/02ザ・ホンダクラシック

イム・ソンジェが首位浮上 小平智は予選落ち

ツアーの出場権を獲得した。今季はこれまで12試合に出場して2度のトップ10を記録。フェデックスカップランキングは36位につけている。 通算5アンダーの3位にルーカスグローバー。通算4アンダーの4位タイ
2019/03/01ザ・ホンダクラシック

ベガス首位、エルス2位 小平智は86位

6アンダーで首位発進を切った。 08年大会優勝で49歳のアーニー・エルス(南アフリカ)、ザック・ジョンソン、ルーカスグローバー、ベン・シルバーマン(カナダ)が2打差の2位に続いた。 コースがある