2024/07/15全英オープン

2024年「全英オープン」出場資格&選手

ユーストラウテン、ロバート・マッキンタイア、ロリー・マキロイ、アドリアン・メロンク、ビンセント・ノーマン、トービヨン・オルセン、ヤニク・パウル、マチュー・パボン、ビクトル・ペレス、ジョン・ラーム
2024/05/01欧州男子

川村昌弘、小平智が参戦 深センで5年ぶり開催

ドル(約3億5000万円)のフィールドにはツアー6勝のユーストラウテン(オランダ)、同1勝のジョーダン・スミス(イングランド)、同3勝ディラン・フリッテリ(南アフリカ)らが名を連ねた。 中国からは同
2023/07/17全英オープン

「全英オープン」出場選手&資格

・ドバイ上位5人(有資格者でない20位までの選手) アレクサンダー・ビョーク、ホルヘ・カンピージョ、ロマン・ランガスク、ユーストラウテン、マルセル・シーム (8)直近5年の「全米オープン」優勝者
2023/07/02欧州男子

首位に6人が並ぶ大混戦 久常涼は4打差で最終日へ

に。オリバー・ウィルソン、ジェームス・モリソン、アンディ・サリバン(いずれもイングランド)、グイド・ミグリオッティ(イタリア)、ニクラス・ノーゴー(デンマーク)、ユーストラウテン(オランダ)が通算7
2023/06/26欧州男子

星野陸也が欧州ツアー自己最高の3位 ローレンス逆転4勝目

(南アフリカ)は3位から出て「69」で回り、通算13アンダーで逆転優勝。2022年「インベステック 南アフリカオープン選手権」以来となるツアー4勝目をあげた。 首位から出たユーストラウテン(オランダ)は「74」とスコアを落として、通算12アンダー2位で終えた。
2023/06/25欧州男子

星野陸也は6位に再浮上 首位に6打差で最終日へ

◇欧州男子◇BMWインターナショナルオープン 3日目(24日)◇ゴルフクラブ・ミュンヘンアイヒリード(ドイツ)◇7284yd(パー72) 3位スタートのユーストラウテン(オランダ)が「65」を
2023/06/24欧州男子

星野陸也は15位で決勝へ 金谷拓実は崩れて予選落ち

「66」で回ったユーストラウテン(オランダ)が続く。 3人が並ぶ首位から出た星野陸也は3バーディ、5ボギーの「74」とスコアを落とし、通算4アンダーの15位に後退。首位を5打差で追いかける立場に
2023/06/02欧州男子

岩崎亜久竜が53位発進 星野、久常、川村は出遅れ

・フォルシュストロームが4アンダーで並び、首位で発進した。 ユーストラウテン(オランダ)ら4人が1打差で続いた。 日本勢は、岩崎亜久竜が1イーグル1バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「75」とし、2
2023/04/30欧州男子

パブロ・ララサバルが逆転優勝 ツアー通算8勝目

2位にマーカス・ヘリキルデ(デンマーク)。9アンダー3位にホルヘ・カンピージョ(スペイン)、ユーストラウテン(オランダ)、スコット・ジェイミソン(スコットランド)、地元韓国出身のパク・サンヒョンが
2023/03/19欧州男子

久常涼は予選落ち 順延続きのまま最終日へ

したユーストラウテン(オランダ)とダニエル・ブラウン(イングランド)、4ホールを残すイェンス・ダントープ(スウェーデン)が続く。 第3ラウンドの再開は最終日(19日)の午前8時を予定している。
2023/02/26欧州男子

M.シームが逆転勝利 比嘉一貴4位 久常涼10位

ユーストラウテン(オランダ)が続いた。 7打差を追って7位から出た比嘉一貴は1イーグル4バーディ、2ボギーの「68」と追い上げたが、通算8アンダーの4位で終えた。序盤4ホールで4つ伸ばす猛追で一時は
2023/02/26欧州男子

比嘉一貴7位 久常涼と川村昌弘16位で最終日へ

首位の座を守った。2日目に5打まで広げたリードは1打に縮まった。 通算10アンダー2位に同じドイツのマルセル・シーム。ユーストラウテン(オランダ)が8アンダー3位で続いた。 比嘉一貴は8位から出て4
2023/02/19欧州男子

オルセンが4打差圧倒で7勝目 比嘉一貴11位 金谷拓実28位

、通算24アンダーで後続に4打差をつけ優勝した。昨年5月以来となるツアー7勝目。 ヤニク・パウル(ドイツ)が通算20アンダー2位。ユーストラウテン(オランダ)とアレクサンダー・ナップ(ドイツ)が18
2022/10/28欧州男子

ジョーダン・スミスが首位発進 川村昌弘は57位

アンダーで首位発進した。 1打差の2位にツアー6勝のユーストラウテン(オランダ)、ジェフ・ウィンザー(デンマーク)。7アンダー4位にヨアキム・ラガーグレン(スウェーデン)ら3人が並んだ。 川村昌弘は6
2022/05/28欧州男子

「63」の李昊桐が1打差2位に浮上 川村昌弘は48位で予選通過

。 首位発進した地元オランダのユーストラウテンは「75」とスコアを落とし、通案4アンダー19位に後退した。 川村昌弘は5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」で回り、カットライン上の通算1アンダー48位で決勝ラウンドに進んだ。