最近のニュース 新着一覧≫


2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

キーガン・ブラッドリー 1 12:40 1:40 チャールズ・ハウエルIIIマシュー・フィッツパトリック 1 12:50 1:50 チェズ・リービーザンダー・シャウフェレ 1 13:00 2:00 スコット
2017/09/18BMW選手権

レイシュマンが完全優勝で今季2勝目 松山英樹は47位

◇米国男子プレーオフ第3戦◇BMW選手権 最終日(17日)◇コンウェイファームズGC(イリノイ州)◇7208yd(パー71) マークレイシュマン(オーストラリア)が初日に「62」をマークした勢いを
2018/10/13CIMBクラシック

レイシュマンら3人が首位に並ぶ 小平智は38位

◇米国男子◇CIMBクラシック 3日目(13日)◇TPCクアラルンプール(マレーシア)◇7005yd(パー72) 最終組でプレーした3人が通算19アンダーの首位で並んだ。マークレイシュマン
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・クーチャー マークレイシュマン トム・ルイス 李昊桐 ルーク・リスト シェーン・ローリー ユースト・ラウテン 松山英樹 ホアキン・ニーマン アレックス・ノレン ルイ・ウーストハイゼン パン
2018/09/05BMW選手権

最終戦の切符をつかめるか?松山英樹、当落線上で第3戦へ

。 イリノイ州のコンウェイファームズGCで行われた前年大会は、マークレイシュマン(オーストラリア)が初日に「62」をマークした勢いを緩めず、完全優勝を遂げた。 今季のプレーオフシリーズは第1、2戦を24歳の
2019/12/05

金谷拓実がオーストラリアで首位発進 居並ぶプロに2打差

(イングランド)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)らが3アンダー6位で発進した。 次週、メルボルンでの米国選抜との対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」を母国で迎えるマークレイシュマンは2アンダー21位タイ
2019/12/06

金谷拓実は4位で決勝へ 2打差追う/豪州オープン

マークレイシュマン(オーストラリア)が6アンダーの12位。 アダム・スコット(オーストラリア)はイーブンパーの72位、山脇健斗(カリフォルニア大バークレー校1年)は3オーバー101位で予選落ちした
2019/11/07プレジデンツカップ

ジェイソン・デイらを主将指名 「プレジデンツ杯」世界選抜

か注目を集めている。 <世界選抜 主将アーニー・エルス> マークレイシュマン(オーストラリア)、松山英樹、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、アダム・スコット(オーストラリア)、アブラム・アンセル
2019/06/03全米オープン

2019年「全米オープン」出場者&資格

・フィナウ トミー・フリートウッド リッキー・ファウラー ビリー・ホーシェル ダスティン・ジョンソン パットン・キザイア ブルックス・ケプカ マークレイシュマン 松山英樹 ロリー・マキロイ フィル
2019/09/30セーフウェイオープン

キャメロン・チャンプが最終ホールで突き放しツアー2勝目

連続バーディで並ばれたが、最終18番(パー5)をバーディで締めて、辛くも1打差で逃げ切った。 通算16アンダーの2位にハドウィンが続き、通算14アンダーの3位にマークレイシュマン(オーストラリア
2019/07/30ヨーロピアンツアー公式

ケプカが悠然とWGC初制覇を達成

、この日奪った5バーディのうち最初のバーディを3番で奪うと、完全に主導権を握った。 首位と4打差の3位には豪州のマークレイシュマンが入り、さらに1打差の4位にはマキロイに加え、マシュー
2019/04/02マスターズ

2019年「マスターズ」出場選手&資格

・オコネル(初出場、アマ) 12 前年のマスターズ12位タイまでの選手 トニー・フィナウ リッキー・ファウラー チャーリー・ホフマン ダスティン・ジョンソン マークレイシュマン ロリー・マキロイ ルイ
2019/07/29WGCフェデックス セントジュード招待

ブルックス・ケプカがWGC初勝利 今平27位 松山43位

13アンダーの2位。マークレイシュマン(オーストラリア)が通算12アンダーの3位に入った。 首位スタートのロリー・マキロイ(北アイルランド)は「71」とし、通算11アンダーでマシュー