2019/09/26インディ女子インテック選手権

優勝者は牛乳で祝福 「インディ500」隣接コースに横峯ら登場

500」と同じように地面のレンガにキスし、牛乳を飲んで勝利を祝うのが慣習となっている。 大会連覇が懸かる世界ランキング2位のソンヒョン、キム・セヨン(韓国)、ブルックヘンダーソン(カナダ)がいずれも今季3勝目を狙う。日本勢は横峯さくら、上原彩子、山口すず夏が参戦する。
2019/09/02ポートランドクラシック

ハンナ・グリーンがツアー2勝目 畑岡奈紗は4位

ボギーの「66」でプレーし、通算15アンダーの4位でブルックヘンダーソン(カナダ)と並んだ。2試合連続のトップ5フィニッシュとなった。 上原彩子は通算7アンダーの38位、横峯さくらはイーブンパーの70位で終えた。
2019/09/01ポートランドクラシック

畑岡奈紗は18位で最終日へ

マークし、通算19アンダーの首位に立った。後続とは3打差。 通算16アンダーの2位にハンナ・グリーン(ニュージーランド)。ブルックヘンダーソンとブリタニー・オルトメアが通算14アンダーの3位で続いた
2019/08/26カナディアンパシフィック女子オープン

コ・ジンヨンが今季4勝目 畑岡奈紗は5位

、ボギーなしの「64」をマークし、通算26アンダーで今季4勝目を挙げた。後続に5打差をつける圧勝だった。 通算21アンダー2位にニコラ・ラーセン(デンマーク)。前年覇者のブルックヘンダーソン(カナダ
2019/08/25カナディアンパシフィック女子オープン

畑岡奈紗が6打差5位浮上 コ・ジンヨンら首位

バーディ、ボギーなしの「65」をマークして通算18アンダーとし、ニコラ・ラーセン(デンマーク)をとらえて首位に並んだ。 前年覇者で地元カナダのブルックヘンダーソンが2打差の通算16アンダー3位で追う
2019/08/24カナディアンパシフィック女子オープン

畑岡奈紗11位 横峯さくら15位で決勝へ

「66」をマークし、通算12アンダーとして単独首位に抜け出した。 1打差の通算11アンダー2位にコ・ジンヨン(韓国)。首位で出た前年覇者のブルックヘンダーソンは通算9アンダーの3位に後退した。 畑岡
2019/08/23カナディアンパシフィック女子オープン

前年覇者B.ヘンダーソンが1打差2位発進 畑岡奈紗16位

アンダーとして首位で発進した。 前年覇者で地元カナダのブルックヘンダーソン、今季メジャー2勝のコ・ジンヨン(韓国)ら5人が1打差の6アンダー2位で続いた。 畑岡奈紗は5バーディ、2ボギーとし、3
2019/08/21カナディアンパシフィック女子オープン

B.ヘンダーソンが母国で大会連覇なるか 畑岡奈紗らが出場

のワスカナCCで行われた前年大会は、1打差の首位から出たブルックヘンダーソンが通算21アンダーで逃げ切り、1973年のジョセリーヌ・ブラッサ以来、45年ぶりに地元カナダ勢による優勝を果たした。 大会
2019/07/19ダウグレートレークスベイ招待

クリーマー&プレッセルらが首位 畑岡&山口は予選落ち

フランス)が、通算10アンダーで首位に立った。 首位発進したブルックヘンダーソンとアレーナ・シャープのカナダ勢はティファニー・チャン(香港)とチェン・ペイユン(台湾)らと並ぶ通算9アンダーの4位に後退
2019/07/18ダウグレートレークスベイ招待

新規大会のチーム戦 畑岡奈紗&山口すず夏は最下位発進

◇米国女子◇ダウグレートレークスベイ招待 初日(17日)◇ミッドランドCC(ミシガン州)◇パー70 新規大会で2人一組のチーム戦が開幕。ペアでひとつのボールを交互に打つフォアサム形式でブルック
2019/07/10マラソンクラシック

横峯、上原、野村、山口が出場 オハイオでの4日間大会

ブリタニー・リンシコムを破ってツアー初勝利を挙げた。3日目を終えて単独首位にいたブルックヘンダーソン(カナダ)は1打及ばず3位に終わった。 ポーラ・クリーマー(2008年)、チェ・ナヨン(10年)、ユ
2019/06/22KPMG女子PGA選手権

畑岡奈紗と横峯さくらが予選通過 グリーンが首位守る

ブルックヘンダーソン(カナダ)は最終18番のバーディで通算5オーバーとし、66位で予選を突破した。 日本勢は、4オーバー82位から出た畑岡奈紗が1バーディ、1ボギーの「72」で、通算4オーバーの
2019/06/18KPMG女子PGA選手権

畑岡奈紗が42年ぶり日本人女子2人目のメジャー制覇に挑む

ランク1位のコ・ジンヨン(韓国)、同2位に浮上した好調のレキシー・トンプソン以下、ミンジー・リー(オーストラリア)、パク・ソンヒョン(韓国)、前週に今季2勝目を飾った同5位のブルックヘンダーソン(カナダ
2019/06/15マイヤーLPGAクラシック

畑岡奈紗は暫定5位に浮上 ブルック・ヘンダーソンが首位

ホールアウトできず、日没順延となった。ブルックヘンダーソンが2日間をいずれも「64」とし、通算16アンダーで暫定首位に立った。 ブリタニー・オルトメアが通算13アンダー、ジェニファー・カップチョが通算10
2019/05/27ピュアシルク選手権

畑岡奈紗は2打及ばず2位 ブロンテ・ローが初優勝

飾った。 ブルックヘンダーソン(カナダ)、マデレーネ・サーストレム(スウェーデン)が畑岡と並ぶ2位。14アンダーの5位にウェイリン・スー(台湾)が続いた。 野村敏京は8アンダーの21位。横峯さくらは2アンダーの55位、山口すず夏は2オーバーの68位に終わった。