2014/01/22サイエンスフィット

ヘッドスピードはあるのに飛ばない・・・

すると、予め左手の甲が斜め上を向く形になり、2ナックルくらい見えるようになりますよね。いわゆる、フック・グリップと呼ばれるものですが、これが現代のクラブに合ったグリップのスタンダードなんです
2011/10/06上達ヒントの宝箱

【WORLD】再現性あるスイングにしよう by マット・クーチャー

ように、または左に回転することで右サイドがハードにドライブするのだ。以前はトップから臀部がボールに向かって動き、クラブがインサイドから入りプッシュやフックを招く結果となっていたが、現在は左臀部を左側に
2012/05/23サイエンスフィット

腰は回すのではなく回るもの!

はずなんです。インパクトでロスが多いとともに、フック系のサイドスピン量が多く、確かに左への曲がりが強いですね。 “科学の目”で原因解明! ビデオの初見では、Vゾーンに入っているようにも見えますが
2012/05/09サイエンスフィット

ドライバーは引っ掛けて、アイアンは突き刺さる・・・

、もっと振っていくとだんだんとフックの傾向が強まっていくようですね。ビデオ解析では、Vゾーンのやや外側から降りているので、基本的にはカット打ちのスライス軌道。基本的な持ち球はスライスで、少しでも掴まるとすぐ
2011/05/11サイエンスフィット

女子プロに学べ!インサイドアウトで飛距離アップ!

、引っかける恐怖感がある人は、腰を止めずに回すことに対して、どうしても体が躊躇しがちです。特に、ラウンド中にチーピンが出たりすると、スタンスがどんどん右に逃げてインテンショナル・フックの構えになる上、腰を
2013/06/19フィッティングでゴルフは変わる

フィッティングでスライスを直せるのか!?

な強いフック弾道を手にすることも可能ですよ」 「いま使っているクラブへの不信感が吹き飛びました」 -----フィッティングを終えて如何でしたか? 義煎「これまで、単に好みで使っていた“やや重め・やや
2011/03/07上達ヒントの宝箱

方向性アップは手首の角度がカギ!

回転はフェースの向きで決定されるのです。インパクトでクラブフェースが開けばスライスが出ます。反対にクラブフェースが閉じればフックが出てしまいます。このフェースの向きをコントロールしているのは、手首の角度
2011/10/12サイエンスフィット

チーピンが出たらまずココを疑え!

一つもなく、平均6.7度。逆に、チーピンが出るときにはインサイドアウトの傾向が強くなっていますね。サイドスピンもフック回転を示すマイナスの数字です。しかし、チーピンを招いているのは、軌道というよりも
2011/08/17サイエンスフィット

引っかかったり擦ったり。どうして真っ直ぐ飛ばないの?

分析ができないと感じることでしょうが、山口さんの場合、フックもスライスも、原因の根本は同じところにあると思われますよ。 “科学の目”で原因解明! ダウンスイングを見てみると、Vゾーンのかなり上から降り
2011/08/10サイエンスフィット

ラウンド中に突然襲うチーピンの怪現象

ました。スイングした後にクラブを体の真正面に戻して見てください。ものすごいフックフェースになっていますね。時々、とんでもなく閉じて握っていたようです…。 体の正面でグリップを決めること 最初のうちは
2011/04/27サイエンスフィット

初心者にも通じる上級者の落とし穴!!

240ヤードくらい出ていて、とても効率的に飛ばしていると思います。縦方向の飛距離は良いのですが、問題は横。数球打っただけでも、左右のブレが50ヤード以上ありますね。右へのプッシュもあればフックもある
2011/03/28上達ヒントの宝箱

スイングプレーンは体と腕の同調がつくる!

インパクトを迎えることとなり、結果的にフックやプッシュといったミスが発生します。 同調はまずアドレスから まず、体と腕を同調させるためにはアドレスが重要です。両腕を胸の横に添えるように置き、そこから胸を締める
2011/03/09サイエンスフィット

SFアカデミーの全貌 ショートゲーム編

強まると思います。スタンスが右に逃げていることに気付かず、ターゲット方向に振っているので、インテンショナル・フックの姿勢で、フルスイングしているというわけです。ショートゲームでも、引っかけたり、フェース
2009/03/18上達ヒントの宝箱

ドライバーの飛距離が上がる左手の使い方

を大きく超えて、俗にいう“オープンフェース”になっても良いでしょう。このほうが効率的に力を伝えることができます。但し、力のある男性が使うとフックが強くなりすぎるので注意してください。 オープンフェース
2010/04/22中井学のゴルフマネジメント

第3話 バランスで考えるショットメーキング

が寝て、ボールが高く上がり、番手以下の飛距離となります。 つま先上がり、つま先下がりではどうでしょう。つま先上がりではフック、つま先下がりではスライスのミスが出やすいのは何故か。スクエアな状態から
2010/01/20サイエンスフィット

今回の成果「強烈なインサイドアウトの癖が解消!」

左に引っかけることが多く、強いフックボールに悩まされているという熊野さん。テークバックでインサイドに引いてしまうことを自覚しているが、今回、許容範囲を逸脱したインサイドアウトの癖が発覚。スーパー