最近のニュース 新着一覧≫


2020/11/16優勝セッティング

ダンロップ育ちの香妻陣一朗 次戦ホスト大会に“凱旋”

ラウンドで考えていた」という。風はフォローとはいえ230ydを残しながら、5Iでピンそば20㎝につける2オンで逆転に成功した。 プロ入り前からダンロップのギアを使い、今大会でバッグに入れたウッドは2本
2020/08/20クラブ試打 三者三様

シグマ2 パターを筒康博が試打「1インチ長めがおすすめ」

は、どのような評価をくだすのか!? 「フォローを大きく取りたくなる」 ―率直な印象は? 「しっかりヘッドを前に出し、フォローを大きく取っていく人向けのモデルと断定できます。いわゆるヒッタータイプと呼ば
2020/05/17topics

そもそも知ってた? アライメント系ボールの効果と選び方

転がりとは言い切れないと思います。それよりラインへの意識が強すぎて、出球を確認しようと、フォローで体が開いてしまうことの方が、デメリットが大きいと言えます」 ラインの転がりに目を向けると、少なからず体は
2019/05/19ツアーギアトレンド

アダム・スコットに見るボール選びの難しさ

だ。ボール変更後の弾道は少し高くなったのだが、慣れていた高さよりも上にボールが飛んでいくのをフォロースルーで見た瞬間、スコットの頭の中ではそれを理想と考えているのに、身体が「いつもより高い位置のボール
2019/11/16クラブ試打 三者三様

ディアマナ ZF/ヘッドスピード別試打

、上位に入るモデルです」 ―“走り系”or“粘り系”? 「走り感もあるのですが、粘り感のほうが若干強いように思います。トップでグッとしなり戻ってくれる感覚があるので、全体的には粘る感じ。フォローの最後
2018/11/26優勝セッティング

クラブ契約フリーのチェ・ホソン 飛距離を求める1Wは「M4」

ホールアウトしていたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)とトップで並んで迎えた最終18番(パー5)。第2打地点でフォローになる海風を浴びた。ピンまでは残り255yd。「3Wではグリーン奥まで行ってしまう
2018/11/27優勝セッティング

不変が示す信頼のクラブたち 申ジエの快挙を支えた14本

コニカミノルタ杯」からクラブの変更はなく、今季4勝のうち3勝が同じ14本だった。 勝負どころの終盤にショットの精度を見せつけた。15番では170ydから7Iで50cmに絡めると、フォローの風が吹く16番
2019/03/11新製品レポート

つかまり性能がアップした安定系 ピン G410 SFT ドライバー

】 ハーフウェイダウンからフォローにかけて、ヘッドがオートマチックにターンしますよね。これまでに発売された歴代SFTモデルのなかでも、この「G410 SFT」はもっとも球のつかまりがいいです。 【ミヤG
2018/09/03優勝セッティング

頼れる3Wでプレーオフ優勢 申ジエの優勝クラブ

テーラーメイド M2 ツアーの3番ウッドだ。 「(プレーオフ使用ホールの)18番は打ちおろしで、見た目よりも風が厳しい。まずはフェアウェイに置かないと2打目が厳しくなる。このクラブはフォロースルーが強い感じ
2018/05/07優勝セッティング

会心の一打で引き寄せたメジャー制覇 申ジエの14本

」。今季の平均飛距離は233.67ydで全体55位ながら、1打目はフォローの風にも乗って271ydを飛ばした。 残り244ydの2打目を昨季から使用するテーラーメイド M2 ツアー フェアウェイウッドの
2016/09/21シャフトでこんなに変わるんだ!

「ウッド」と「アイアン」、特性を合わせるべき!?

「戸倉さんは、インパクトで手が前に出るクセがありますね。手が前に出ると、インパクトからフォローでヘッドを加速させにくくなり、長いクラブほど飛距離を出しにくくなってしまいます。アイアンのスイングを見ると
2009/02/03マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド r7 Limited edition ドライバー

。小ぶりに見えるヘッド同様、スペックもややハードな設定である。 シャフトに合わせて、1球目からしっかり振ってみると・・・軽いドロー弾道。ダウンからフォローにかけてヘッドがスムーズに返るのが手に伝わる