2021/02/24女子プロレスキュー!

左足上がり・下がりを改善!アプローチ攻略法 斉藤愛璃

。どちらも明日のラウンドで使える実戦向きの攻略法ですので、ぜひ試してみてください。 1.【左足上がり】重力に垂直に構える 左足上がりはフォローでヘッドが抜けにくく、距離がショートしやすい状況です。アドレス
2021/02/10女子プロレスキュー!

クラブを縦に使う本当の理由 斉藤愛璃

てしまうと、インパクトでフェース面が開きやすく、ボールが曲がる原因に。特にバックスイングでは、クラブが左手の親指に乗るように上げていきます。 3. 右手放しドリルが効果的 フォローでもクラブを縦に使う
2021/01/21アブダビHSBCゴルフ選手権

不適切発言のトーマスが猛省 ラルフローレンの契約解除に理解

取り組むつもりだ。 親交のあるロリー・マキロイ(北アイルランド)は「彼は失敗をして、自分で責任を取った。それによって、また真っ当になる。多くの人を不快にさせる発言だったが、学んで前進するはずだ」とフォロー
2021/01/20女子プロレスキュー!

3つのクラブの使い方で飛距離アップ♪ 斉藤愛璃

、全然思うようにいきません。プロが実際に行っている飛距離アップのための練習法を教えてください」 【斉藤愛璃のレスキュー回答】 飛ばすためには、クラブがインパクト直後、フォロー側で「ビュン」と鳴るように
2021/01/15青木翔「100を切る」技術

100切りのカギは30~50ydのアプローチ

ショットは、手先だけでも飛ばすことができるため、スイング始動で手首だけを使ってヒョイとクラブを上げたりしてまう人は多いんです。 また、インパクトからフォローにかけてヘッドを目標方向に出すときにも手先を使っ
2020/12/18TECドリル

“体の傾き”を意識してスライスを改善する

【効能】 ・スライスの改善 ・飛距離アップ 【難易度】 ★★★★☆ ダウンスイングからフォロースルーにかけての体の傾き(主に腰や肩)は非常に重要です。この傾きが不十分だと、クラブヘッド軌道が
2020/12/11全米女子オープン

「もうちょい左」に微修正 渋野日向子の振り切れた初日

15mを絶妙なタッチで寄せてパー。直後の1番では「ピンが手前なのでエッジに落として、下りでもいいから真っすぐのラインに」とフォローの風を計算してエッジまで138ydを8Iで打った。狙いも風の読みも
2020/12/02女子プロレスキュー!

前傾角度はどうしたらキープできる? 森美穂

することをおすすめします。トップでもフォローでも、おへその向きは斜め下。腰の動きが強かったり、ボールを強引に上げようとすると、おへそは上を向いてしまうので、注意しましょう♪ 【今回のまとめ】おへそ意識で
2020/11/28ツアー選手権リコーカップ

「差が出るな」 全英仕込みの上田桃子が目論見通りの3位浮上

フォローの風が吹く中、6番アイアンでグリーンオン。「左に打つと気持ち悪いけど、しっかり打ち出せてバーディだった。全英の経験が生きた」と納得の拳を握った。 日米通算15勝を誇るが、その中にメジャータイトル
2020/11/26ツアー選手権リコーカップ

4アンダーの渋野日向子「強気で、そろそろ」/一問一答

ボギーの「68」でプレー。ホールアウトした時点で4アンダーの暫定首位となった。以下、一問一答。 ―前半9番でイーグル 風がフォローで、手前のエッジに跳ねてくれて良い感じにグリーンに転がってくれた。(風
2020/11/16優勝セッティング

ダンロップ育ちの香妻陣一朗 次戦ホスト大会に“凱旋”

ラウンドで考えていた」という。風はフォローとはいえ230ydを残しながら、5Iでピンそば20㎝につける2オンで逆転に成功した。 プロ入り前からダンロップのギアを使い、今大会でバッグに入れたウッドは2本
2020/11/11女子プロレスキュー!

飛ばしのためのフェースを立てる練習法 押尾紗樹

うと、右手がついてくる動きはNGです。右手がフォローまでついてくると、上体が右側に倒れ、フェースが寝ながら(上を向きながら)インパクトを迎えてしまいます。逆にロフトが立ちすぎると、スピン量が増えて飛
2020/10/30樋口久子 三菱電機レディス

【速報】渋野日向子がホールインワン 国内ツアー復帰戦

した。実測151ydの第1打、8Iで放ったボールはフォローの風に乗ってピン手前2mほどに着弾し、カップに吸い込まれた。 ボールの行方を見守った渋野は、カップインの直後に思わずビックリ。右手で口元を覆っ
2020/10/24ZOZOチャンピオンシップ

クラブのシャフトが真っ二つ 怒って折ったマキロイの弁

たかったけど、思いとどまった」。たまったフラストレーションを吐き出す“カタルシス”のような術として「クラブを壊すことで誰もがスッキリするとは思う」とフォローした。 そして、当のマキロイ。「そういうところもちょっとあるかも。まあ、(今回が)初め…
2020/10/10全米女子プロ

パー3で3バーディ 畑岡奈紗は「ここからが勝負」

。 「フルショットで打てればスピンも入るし、思い切ってピンに向いていける。(中途半端な距離で)コントロールショットになって風がフォローだったりすれば、グリーンが硬くなって距離感を合わせるのも難しいので