2024/06/15クラブ試打 三者三様

ピン i530 アイアンを稲場智洋が試打「飛距離性能UPなのにスピンもUP」

見た目はツアー系×性能は飛び系 大谷似な豪快スイングコーチの評価は!? ピン i530 アイアンを大谷翔平似な豪快スイングコーチが試打したら…【稲場智洋】 小ぶりな顔立ちと、それに反した寛容性の高さと飛距離性能を生むピン「i530 アイアン」。ツアーモデルのような形状で所有感を味わえるブレード型でありながら、飛び系と呼ばれる飛距離性能を持ち合わせた「飛び系」×「ツアーアイアン」=“飛び系ツアーアイアン”として注目されている。そんな新時代の飛び系をヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。顔は“控えめな大谷翔平”&スイングは豪快(HS50m/s)なゴルフテックコーチ・稲場智洋の評価は...
2024/06/13クラブ試打 三者三様

ピン i530 アイアンを筒康博が試打「ロフトが立っていても打ち出しは高い」

見た目はツアー系×性能は飛び系 ご意見番クラブフィッターの評価は!? ピン i530 アイアンをご意見番クラブフィッターが試打したら…【筒康博】 小ぶりな顔立ちと、それに反した寛容性の高さと飛距離性能を生むピン「i530 アイアン」。ツアーモデルのような形状で所有感を味わえるブレード型でありながら、飛び系と呼ばれる飛距離性能を持ち合わせた「飛び系」×「ツアーアイアン」=“飛び系ツアーアイアン”として注目されている。そんな新時代の飛び系をヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。ご意見番クラブフィッター・筒康博の評価は!? 「いやぁーこれはズルい! アイアンでここまで進化できるとは…...
2024/06/11クラブ試打 三者三様

ピン i530 アイアンを西川みさとが試打「鋭角に打てる人が味わえるやさしさ」

見た目はツアー系×性能は飛び系 HS40m/s未満の女子プロ評価は!? ピン i530 アイアンをHS40未満の女子プロが試打したら…【西川みさと】 小ぶりな顔立ちと、それに反した寛容性の高さと飛距離性能を生むピン「i530 アイアン」。ツアーモデルのような形状で所有感を味わえるブレード型でありながら、飛び系と呼ばれる飛距離性能を持ち合わせた「飛び系」×「ツアーアイアン」=“飛び系ツアーアイアン”として注目されている。そんな新時代の飛び系をヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずは、1WがHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「やさしいはずなのに… 活か...
2024/06/10優勝セッティング

吹き上がりを抑えて強い弾道に 1Wとボールを替えた大里桃子

◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープン最終日(9日)◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫)◇6526yd(パー72)◇曇り時々雨(観衆4434人) 大里桃子が1998年度生まれの“黄金世代”では今季5人目のツアー優勝を飾った。2021年「ほけんの窓口レディス」以来、昨季のシード喪失を経た3勝目は「得意」と自負するアイアンを軸にしたショット力が蘇りつつあることの証明だった。 「クラブを不安なく振れた」という4日間を過ごせたことは、何より“故障をしないスイングができる体作り”と、ドローからフェードへの球筋変更に起因する。加えて、4月「フジサンケイレディス」でドライバーをピン G430 MAXからピ...
2024/06/01クラブ試打 三者三様

ブループリント T アイアンを稲場智洋が試打「小ぶりなのに安心感がプラス」

新展開の“青写真”アイアン 大谷似な豪快スイングコーチの評価は!? ブループリント S アイアンを大谷翔平似な豪快スイングコーチが試打したら…【稲場智洋】 青写真(BLUEPRINT)を具現化したモデルとして、2019年にピンから初登場した軟鉄鍛造マッスルバックアイアン「ブループリント」。ことし発売された2代目は、操作性と寛容性を兼ね備えた“SCORE”=「S」と、操作性と打感にこだわる上級者向け“TOUR”=「T」の2モデル体制で展開された。そんな新たな舵を切った人気ブランドを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。顔は“控えめな大谷翔平”&スイングは豪快(HS50m/s)なゴ...
2024/05/30クラブ試打 三者三様

ブループリント S アイアンを筒康博が試打「もはや難しいアイアンではない」

新展開の“青写真”アイアン ご意見番クラブフィッターの評価は!? ブループリント S アイアンをご意見番クラブフィッターが試打したら…【筒康博】 青写真(BLUEPRINT)を具現化したモデルとして、2019年にピンから初登場した軟鉄鍛造マッスルバックアイアン「ブループリント」。ことし発売された2代目は、操作性と寛容性を兼ね備えた“SCORE”=「S」と、操作性と打感にこだわる上級者向け“TOUR”=「T」の2モデル体制で展開された。新たな舵を切った人気ブランドを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。セミキャビティ構造「ブループリント S アイアン」を、ご意見番クラブフィッター...
2024/05/28クラブ試打 三者三様

ブループリント S アイアンを西川みさとが試打「練習に熱心な人向きアイアン」

新展開の“青写真”アイアン HS40m/s未満の女子プロ評価は!? ブループリント S アイアンをHS40未満の女子プロが試打したら…【西川みさと】 青写真(BLUEPRINT)を具現化したモデルとして、2019年にピンから初登場した軟鉄鍛造マッスルバックアイアン「ブループリント」。ことし発売された2代目は、操作性と寛容性を兼ね備えた“SCORE”=「S」と、操作性と打感にこだわる上級者向け“TOUR”=「T」の2モデル体制で展開された。新たな舵を切った人気ブランドを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずはセミキャビティ「ブループリント S アイアン」を、1WがHS40m/...
2024/05/27ギアニュース

ピンが200本限定「アンサー 30」パターを発売

ピンゴルフジャパン株式会社(本社・埼玉県戸田市)は、PLDパターの限定シリーズ「PLD MILLED SE」より「ANSER(アンサー)30 パター」を200本限定で発売すると発表した。ピン直営店と…
2024/03/04新製品レポート

思ったより手ごわい? "1万超え”合う人合わない人「G430 MAX 10K」

G430シリーズに、高慣性モーメントをうたったモデル「G430 MAX 10K」がラインアップされた。名前からして寛容性を意識したヘッドに感じるがその性能はいかに。アスリート代表コウタロウ(HS50m/s)と、アベレージ代表シオさん(HS40m/s)が試打。ギア知識豊富なミタさんが性能を深掘りし、マッチするプレーヤーを探る。 【ミタさん】 今回はピンのG430シリーズに新たに加わった「G430 MAX 10K」ドライバーです。「―MAX10K」はモデル名にありますように、上下左右の慣性モーメントが1万(10K )超え、「思いっきり振ってもブレずに飛ぶ」がコンセプトです。 【コウタロウ】 「ピン...
2024/02/18PGAツアーオリジナル

自由自在にカスタム可能 ピン発表「PLDミルド パター」

ピンゴルフが展開するPLD(パッティング・ラボ・デザイン)プログラムの最新モデルとして、新たに5モデルが追加され、さらに各モデルともオンラインのカスタマイザーツールを通じてカスタムで組み上げられる
2024/02/17クラブ試打 三者三様

G430 MAX 10K ドライバーを山城太優が試打「MAXとLSTのいいとこ取り」

ピン史上最もブレない10Kドライバー 美スイングコーチの評価は!? G430 MAX 10Kドライバーを美スイングコーチが試打したら…【山城太優】 ピンの大人気シリーズ「G430」から登場した「G430 MAX 10K ドライバー」。独自のカーボンクラウン技術と固定式高比重ウエートにより、上下左右の合計慣性モーメント値1万超えを果たした最新モデルは、同社で最もブレない新構造に仕上がった。そんな“10K飛(マントビ)”モデルをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。ゴルフテックで1・2を争う美スイング男子・山城太優コーチの評価は!? 「『MAX』よりスピンは入りにくい! さらに厚くな...
2024/02/15クラブ試打 三者三様

G430 MAX 10K ドライバーを筒康博が試打「上半期最大の衝撃! ズルすぎ1W」

ピン史上最もブレない10Kドライバー ご意見番クラブフィッターの評価は!? G430 MAX 10Kドライバーをご意見番クラブフィッターが試打したら…【筒康博】 ピンの大人気シリーズ「G430」から登場した「G430 MAX 10K ドライバー」。独自のカーボンクラウン技術と固定式高比重ウエートにより、上下左右の合計慣性モーメント値1万超えを果たした最新モデルは、同社で最もブレない新構造に仕上がった。そんな“10K飛(マントビ)”モデルをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。ご意見番クラブフィッター・筒康博の評価は!? 「とんでもない衝撃。なんだろうコレ…? ズルすぎる」 ―率直...
2024/02/13クラブ試打 三者三様

G430 MAX 10K ドライバーを西川みさとが試打「さすがのブレにくさ継続中」

ピン史上最もブレない10Kドライバー HS40m/s未満の女子プロ評価は!? Qi10 MAX ドライバーをHS40未満の女子プロが試打したら…【西川みさと】 ピンの大人気シリーズ「G430」から登場した「G430 MAX 10K ドライバー」。独自のカーボンクラウン技術と固定式高比重ウエートにより、上下左右の合計慣性モーメント値1万超えを果たした最新モデルは、同社で最もブレない新構造に仕上がった。そんな“10K飛(マントビ)”モデルをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。まずは、1WがHS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価を行った。 「見た目は好印象&打感は好感触 ...
2024/01/18topics

正直あっちの「10K」どう思った!? テーラーメイドvsピン お互いの見解は

2024年1月10日、午前11時にテーラーメイドが「Qi10 MAX ドライバー」を、4時間後にピンが「G430 MAX 10K ドライバー」を発表した。偶然ではあるものの、上下左右の合計慣性モーメント(以下MOI)値“10K”1万g・cm2超えを掲げた商品が同じタイミングで出そろったことになる。具体的に互いの名を出さないまでも、腹の底ではきっと気になっていたはず。そこで両社が互いをどこまで意識し、どのように受け止めたのかを、それぞれの会場で探ってみた。 『ぶっ飛び系10K』vs『10K飛(マントビ)』 テーラーメイドは“やさしさの新世界基準”と題し、『ぶっ飛び系10Kドライバー』というキャッ...
2024/01/11PGAツアーオリジナル

ピンで最も寛容性の高いドライバー 「G430 MAX 10K」を徹底解析

カーステン・ソルハイムにより、寛容性が高く、簡単に打てるゴルフクラブの設計をコンセプトに約65年前に創立されたピンが、これまでで最も慣性モーメント(MOI)が高く、最も寛容で真っ直ぐ飛ぶドライバーである「G430マックス 10K(テンケイ)」を発表したことにより、その終わることのない追求を継続させた。 ピンのCEO兼会長であるジョン・K・ソルハイムは、「我々の新しいG430 MAX 10Kは、G430ドライバーのファミリーの一員となりましたが、これは我々がこれまで製造したなかで最も寛容性の高いドライバーという称号を手にしました。名称にある“10K”とは、合計MOIが記録となる10,000g/...