2017/12/19マーク金井の試打インプレッション

ダフりミスに強く直進性が高い 「ピン G400 アイアン」

ピン史上でもっとも深・低重心設計のアイアン「ピンG400アイアン」。発売以来販売が好調で品薄となり、ツアーではジャンボ尾崎が使用して話題となっている。マーク金井が、話題のやさしさを探るべく試打を敢行、アマチュアゴルファー目線でインプレッションする。 ・ミスに強…
2017/12/14topics

クラブフィッティングは今後のトレンドになる!?

定着しているとされるクラブフィッティングだが、最近では日本でもその波が押し寄せつつある。 フィッティングの元祖と言えばピンゴルフ 米国に本社を置くピンゴルフは、日本に進出して以来、フィッティングに軸を
2017/11/07マーク金井の試打インプレッション

低スピン弾道で飛距離を 「ピン G400 LSテック ドライバー」

発売以来、売り上げ絶好調のピンのG400ドライバー。ヘッドバリエーションは3種類がラインアップされている。なかでも「G400 LSテック ドライバー」は、クラブ契約フリーの宮里優作やジャンボ尾崎が使用して活躍し、話題となっている。クラブアナリストのマーク金井が…
2017/11/04金谷多一郎のクラブ一刀両断

「スイングを選ばない安定した弾道」ピン G400 ドライバー

今回は「ピン G400 ドライバー」を試打したいと思います。 外見上の特徴は、前作「G ドライバー」から引き継がれたクラウン前方の「タービュレーター」と呼ばれる6つの突起と、ヘッド最後方にある、溝のような「ボーテック」という構造です。この2つによって、ヘッドの…
2017/10/20中古ギア情報

ジャンボ尾崎が選ぶやさしいクラブ

70歳の尾崎将司が「HONMA TOURWORLD CUP」 の2日目、3バーディ、2ボギーの「70」でホールアウトし、年齢以下のスコアでラウンドする「エージシュート」を達成した。残念ながら予選通過には至らなかったが、久々に元気な姿を見せてくれた。 今も尾崎が…
2017/10/10優勝セッティング

「やさしさ」求めてツアー初の快挙 宮里優作の優勝ギア

大会名:ホンマ・ツアーワールド・カップ 日時:2017年10月5日~10月8日 開催コース:京和カントリー倶楽部(愛知) 優勝者:宮里優作 宮里優作がツアー史上初(記録が残る1985年以降)となる72ホールノーボギーで優勝を達成。今季3勝目を挙げ、優勝賞金20…
2017/10/06中古ギア情報

契約フリープロの活躍を支えるアイアンは?

200 アイアン」を使っている。 「i200 アイアン」は、同じピンゴルフ製品の中では、プロに人気の「S55 アイアン」よりやさしく、アマチュアに人気の「G400 アイアン」よりも上級者向けという
2017/10/05ツアーギアトレンド

金色パターで運気も上昇?手嶋多一が4位発進

あるいろいろなモデルを物色中、たまたま目にとまったのが金色に輝くピンゴルフの『カーステンパター ANSER』だった。 2日間の調整を経て実戦投入した初日は、出だしの10番で5mのパーパットをねじ込む
2017/09/28新製品レポート

「やさしさと操作性に飛びをプラス」ピン G400 ハイブリッド

アイアンのように上から打ちやすくなった 【ミーやん】フェース素材にマレージング鋼C300を新採用して、フェースのたわみ量を35%もアップしたというのが「G400 ハイブリッド」。上下左右の慣性モーメントも5%アップしているそうです。 【ツルさん】僕は今でも『ア…
2017/09/26マーク金井の試打インプレッション

操作性と飛距離が向上「ピン G400 ドライバー」

低・深重心、空気抵抗の軽減、フェースの弾きの追求と、ピン史上最大飛距離と方向性を追求した「ピン G400 ドライバー」。契約外の有名プロも使うほど、ツアーで人気が高まっている。その高い性能は、アマチュアでも使いこなせるのか?クラブアナリストのマーク金井が徹底検…
2017/09/20ダイヤモンドカップ

Oh!! 宮里優作の股で大事な道具が折れるハプニング

は昨年「全米オープン」から使用するピンゴルフの『Gフェアウェイウッド』(14.5度)。今季2勝の大会とも手にしていた信頼を寄せる1本だが、ラウンド後は足早に練習場へ移動し、折れたものと同スペックの
2017/09/18新製品レポート

「高弾道と飛距離性能が向上し実戦力UP」ピン G400 アイアン

構えたときの“クセ”がとれた 【ミーやん】『G400 アイアン』は、ピン史上でもっとも深・低重心設計のアイアンです。前作の『G アイアン』よりも慣性モーメントが4%大きくなって、これまで以上に安定性が高められています。 【ツルさん】トップブレード裏側にアンダー…
2017/09/07新製品レポート

「ウッド型の性能に近いアイアン型UT」ピン G400 クロスオーバー

アイアン形状が好きなら試してみる価値あり 【ミーやん】本日発売のピンのクロスオーバーは、他社でいうところのアイアン型ユーティリティです。ひとつ前のGシリーズから追加されたジャンルのクラブで、今回の新しいG400シリーズでも新モデルが登場しました。 【ツルさん】…
2017/08/31新製品レポート

「地面から打っても低スピン」ピン G400 フェアウェイウッド

新素材フェースで初速がアップ 【ミーやん】G400 フェアウェイウッドは、フェースに「マレージング鋼C300」という新素材が使われています。これによってインパクト時のヘッドたわみ量が従来よりも30%増加していて、ボール初速を上げることに成功しているとか。ヘッド…
2017/08/24新製品レポート

「打感が心地よく進化した直線番長」ピン G400 ドライバー

フィーリングよく、球を曲げずに飛ばせる 【ミーやん】ピンの最新ドライバーは従来どおり、スタンダードモデル、球のつかまりをよくしたSFテック、低スピン強弾道のLSテックの3種類が用意されていますが、なんとすべてのヘッド体積が445ccになりました。スイング時のヘ…
2017/07/14中古ギア情報

ダフリに強く、財布にやさしいアイアン

「ミスに強いアイアン」とは、どんなアイアンなのだろう? 「クラブ選びに悩んだら…アイアン編」では、“アイアンは地面から打つ”ということを前提として、多少ダフっても打てるアイアンを調べている。これによると、ソール幅が広く、バウンス角が大きいアイアンが良いらしい。…
2017/07/11ギアニュース

ツアーで話題のピン新型ドライバー「G400」が解禁

ピンゴルフジャパン株式会社(本社・埼玉県戸田市)は11日、9代目となるGシリーズの「G400」を9月7日から発売すると発表した。先週行われた国内男子ツアー「セガサミーカップ」で、平均飛距離319
2017/04/20ツアーギアトレンド

世界限定14本?ピンのプロトタイプパターを発見

◇国内男子&アジア共同主管◇パナソニックオープン選手権 事前(19日)◇千葉カントリークラブ梅郷コース(千葉)◇7130yd(パー71) 塚田好宣と亀代順哉の2人のピン契約プロが手にしているのは、同社のプロトタイプパター。シグマGタインパターのように見えるが、…