最近のニュース 新着一覧≫


2019/12/26ヨーロピアンツアー公式

ラポルタ、ヒル、ブランド…2019年シーズン昇格選手紹介

昇格を確定させた。パッティング能力の高さに加え、速いヘッドスピードと、ほぼ全てのスタイルのゴルフコースに対応できる順応性の高さで知られる選手である。この才能豊かな25歳は要注目である。 リチャード
2020/01/22女子プロレスキュー!

アライメントのラインを使わない理由とは? 荒川侑奈

パッティングのセットアップ」をレスキュー! 【アマチュアゴルファーQさんの悩み】 「ボールのアライメントラインを目標に合わせて、真っすぐ打ち出しているのですがうまく入りません。おすすめの
2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

揺らがない。劣勢を跳ね返すために求められる戦術とは? 「やはりキーになるのはパッティングだと思います。ロイヤルメルボルンはグリーンが本当に難しいですからね。傾斜や芝目がすごく強いし、スピードもすごく出る
2019/11/12モテゴル研究部

いま注目の民泊施設で大阪ゴルフ旅

感じ~」 おち丸:「新築物件みたいですね」 もっちゃん:「さっそくやけど、夕飯の買い出しに行きまへんか?」 がっくん:「買い出し?誰かひとり行けばいいんじゃん?」 おち丸:「あ、パッティング勝負で
2019/11/20女子プロレスキュー!

クロスハンドを磨く練習法 井上りこ

パッティング」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーTさんの悩み】 「パッティングの悩みは、打点がブレてしまうことです。方向性と距離感を安定させるには、どうすれば良いでしょうか?」 【井上りこの
2019/03/21ザ・プレーヤーズ選手権

48歳フューリック、1分の即席レッスンでアームロックに開眼

のフルシード復帰を確実なものとした(昨年の125位は377点、フューリックは現在564点)。 好プレーを支えたのは「アームロックスタイル」のパッティングだ。これは、パターを左腕に固定してストロークする
2020/01/23ファーマーズインシュランスオープン

屈指の安定感 マキロイが意識する2つのスタッツ

いう。 なかでも「グリーン周り」と「パッティング」のスタッツ(統計)向上が、ここ数年でもっとも誇れることだと胸を張る。「この2つのスタッツが、安定したプレーに役立っている。勢いを切らさないために鍵となる
2020/01/12香港オープン

招待選手2人と同組 大槻智春が得た財産

アイアンの技術とスピンコントロール、それにパッティング。まだまだ、やるべきことが多いことは百も承知だ。 昨年10月の米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」(46位)では「(PGAツアーは)そんなに遠くは
2020/01/25ファーマーズインシュランスオープン

松山英樹は有言実行の「67」 好調1Wを微調整

。「後半になると、なかなか思うようなストロークができなかったり、いろんなミスが増えたりする。そこらへんを18ホール、4日間続けられるようにしたい」というパッティングが、残された宿題だ。 それでも
2020/01/13ソニーオープンinハワイ

年初に首を縦に振る 松山英樹が見据える優勝へのピース

たいショットが、どうしても打てないショットが、何個かある。それを打てるようになったら、ほぼほぼ、いい感じでプレーできる。『パッティング次第』というところまで持っていけると思う」と首を縦に振った。 カギと
2019/05/28GDOEYE

長尺パター3年目 24歳の松原大輔が手にするまで

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043yd(パー72) 長年パットに悩める中堅以降のゴルファーが、その打開策として手にするイメージが...
2019/03/14ザ・プレーヤーズ選手権

ウッズ パッティングの不振打開に年下の新コーチ?

が、TPCソーグラスでは月曜日から元気に練習を重ねている。 現地で話題になっているのは、今週からマット・キレンという若手インストラクターがウッズの低迷するパッティングの相談役になり、練習ラウンドや
2019/12/04佐藤信人の視点~勝者と敗者~

“鬼”が流した涙の意味

と思えるほど、その強さは日本ツアーに衝撃を与えました。 彼の強さは、正確なショット力と勝負強いパッティングに尽きます。特にパットは技術もさることながら、どのような状況でも崩れない安定感と、ここぞという
2020/01/12ソニーオープンinハワイ

星野陸也はメジャー覇者に学ぶ 「自分は技術が足りない」

、3ボギーの「71」にとどまった自身のプレーにダメ出しした。 初出場した前年大会で見つけたアプローチやパッティングの課題を自らの血肉としてきた。「いつも勉強、勉強と言ってしまっているけど、あらためて勉強になりました」。壁に正面から立ち向かう貪欲さが、成長の原動力になる。(ハワイ州ホノルル/亀山泰宏)