最近のニュース 新着一覧≫


2021/12/01女子プロレスキュー!

朝のパッティング練習 プロはちょっと違う! 後藤未有

「効率のいいパッティング練習」をレスキュー♪ 朝のパッティング練習 プロはちょっと違う! 後藤未有がレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーWさんの悩み】 「1ラウンドのパット数を減らしたいです
2021/08/10PGAツアーオリジナル

フィル・ミケルソン最新の試みはアームロック式パッティング

ドライバー2本、ドライバーなし、長尺ドライバー、ミニドライバー、フランケンウッド、プロトタイプウェッジ、飛び系アイアン、ブレードアイアン、ブレードパター、マレットパター、鉛テープてんこ盛り、鉛テープなし、大型パターグリップ(そして異なるパターの握り方)と、レフティのフィル・ミケルソンはこれら全てを試してきた。 したがって、「WGCフェデックスセントジュード招待」を前に、メジャー6勝のミケルソンがアームロック式のパターを手に、というよりも腕にして、キャロウェイクロームソフトXボールを転がしていた姿は、興味をそそるものではあったが、完全にショッキングというわけではなかった。 「上手くなりたいので...
2021/08/11女子プロレスキュー!

本当に効率のいいパット練習法 江口紗代

「効果の出るパッティング練習」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーRさんの悩み】 「同じようにパッティングしたつもりでも、毎回距離感が変わってしまい3パットばかり…。本当に効率のいいパット練習法は
2012/03/28サイエンスフィット

狙ったところへ転がすパッティングの科学

パッティングが右に抜けることが多く、なかなか狙ったところにまっすぐに転がせないというのが今回の受講者。パッティングにもさまざまな軌道があり、その許容範囲でストロークしているか、自分の軌道に最適な…
2021/11/10アジア女子アマ

橋本美月、パット復調のコツは「ラウンド中に盗んでいました」

女子大学ゴルフ対抗戦・信夫杯」で東北福祉大の一員として団体優勝を果たしたが、得たのは結果だけではなかった。 「ずっとパッティングが入らなくて悩んでいて、その試合も悩んで終わってしまったけど、(日大の)星川ひな…
2021/03/21Tポイント×ENEOSゴルフ

「パッティングだけは弱かった…」臼井麗香は初V届かず

。 風の中のプレーで一番気を付けたのは「決めたことだけは全力でやるということ。そのなかでパッティングだけは弱かった。そこは後悔している」と臼井。かつて「全ホールでバーディを狙う」と口にすることもあった
2021/05/05女子プロレスキュー!

スライス&フックラインの打ち方 一番の違いは? 上野陽向

「曲がるラインのパッティング対策」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーKさんの悩み】 「曲がるラインが大の苦手です。スライスとフック、それぞれのパッティングで気をつけていることはありますか
2021/10/21マスターズGCレディース

全てをなんとかしたい…渋野日向子は今季ワースト「78」

あり10m近くオーバー。ダブルボギーをたたいた。続く4番(パー3)はボギーを喫し、今季ワーストのスコアとなった。 「一番はやっぱり、パッティングで足を引っ張ってしまった感があった。ここ何試合かは…
2021/10/18ザ・CJカップ

ファウラーは惜敗 復活への確信得て「ZOZO」で来日

。「72ホールを通じて質の高いショットをたくさん打てて、スイングも良かった」。課題はパッティング。「ラインの問題ではなく、グリーンスピードへの問題が大きい」と分析している。 次週は「ZOZO…
2021/10/04ショップライトLPGA

70%のショットに対して…グリーンに悩む横峯さくら

ツアー復帰戦で選んだのはニュージャージー州での2連戦。次週「ファウンダーズカップ」(マウンテンリッジCC)への課題は明確になった。「このパッティングでは上には絶対に行けないなという感じ。来週までに…
2014/07/24PGAコラム

マキロイ 師匠の教えをモノにしたパッティング

分からなかった」というストックトン。「“プロセス”と“スポット”と言ったのを聞いて、椅子から転げ落ちそうになったよ。だって、スポット・パッティングは、僕が教えていることだからね」。 マキロイは翌日になり…
2021/06/27アース・モンダミンカップ

笹生優花、申ジエにアドバイス求めた菊地絵理香の貪欲姿勢

ラウンド、第3ラウンドでそれぞれ1つで、それ以外はパーとバーディだった。「今週は惜しいのもあったけど、パッティングがたくさん入ってくれた。一番大きいかなと思います」と勝因を挙げた。 もともと得意な…
2021/07/20進藤大典ヤーデージブック

コリン・モリカワが“神パット”を連発できたワケ

たモリカワのパッティング。前の組でプレーしていたスピース以上に、同じ最終組で見せつけられたウーストハイゼンに与える重圧は大きかったでしょう。 もともとマネジメントに長けたショットメーカー。シーズンの…
2021/10/14日本オープン

アマ中島啓太が感じる「心の余裕」 ボギー先行から盛り返す

…」という雑念がよぎったことも、苦笑いとともに打ち明けた。 2日目に向けて、修正箇所は細かなミスを減らすこと。「まったく決まってくれなかった」というパッティングは、「自分が打ったパッティングは悪くないと