2019/04/05すぐ試したくなる

【第1回】飛距離を伸ばす右足の使い方

、あなたのスコアをグッと縮めることにつながるでしょう。今回のポイントはバックスイングでの右足の使い方です。 飛距離を伸ばす右足の使い方
2011/03/28上達ヒントの宝箱

スイングプレーンは体と腕の同調がつくる!

バックスイングでクラブを真っ直ぐ引くことを過度に意識したり、体の回転を利用せず腕主体のスイングになると、腕が体から遠く離れてしまいます。その結果、トップでは両脇があいてしまい、オーバースイングになっ…
2012/11/28サイエンスフィット

【3ヶ月集中特訓企画】目指せ!35ヤードアップ!(2)

前回はハーフバックで正しいレールに乗せることを改善し、その後、アドレスの修正などを加えて、ほどなくインサイドアウト&アッパーブローの理想のAゾーンスイングとなったKさん。ハーフバックが乱れる…
2023/11/30U-25世代LESSON

「スイングのタメは正確性UPのため」米澤蓮

バックスイングをデカくしすぎないことですかね。トップの位置を上げすぎちゃう癖があるんですよ。 ―オーバースイングになるとやっぱりよくないということですか? 極端な話をすると、バックスイングでクラブ…
2014/03/05サイエンスフィット

ドライバー・イップスを即解決!!

フィットレッスンを見るなら、PRGRチャンネル「楽園の練習場」 今回の受講者は・・・ スイングの体の使い方は悪くないように思えますが、ビデオの映像を分析すると、ダウンスイングはVゾーンの上からクラブが下りて…
2013/04/10サイエンスフィット

スライスをドローにする最短ルート!

『アベレージスイング 最速脱出マニュアル』好評発売中! 今回の受講者は・・・ 弾道シミュレーションでは、左に出てから大きく右に曲がる球になっています。多くのスライサー同様に、アウトサイドインにクラブが…
2015/12/09サイエンスフィット レッスン

2つのアクションでトップの位置が自然に決まる!

、結局どこに上げたら良いのかわからなくなっている人はいませんか?今回のレッスンはスイングの基本の基本です。これをしっかりと覚えることで、意識しなくてもトップの理想的なポジションが定まってきます! 【今回の…
2013/09/11サイエンスフィット

長尺で飛距離激増レッスン(1)

にベストなスイングにすることで、パワーロスが軽減されれば、期待以上の飛距離アップにつながる可能性もあり!そこで、飛距離に悩む受講者に3回に渡って、長尺仕様のスイングを集中指導し、大幅な飛距離アップを…
2012/10/31サイエンスフィット

アイアンが全然飛びません・・・

余計なターンを抑えられ、自然なインサイドアウトのスイングができるようになります。 「y」字を崩さず体幹で振ること! 「y」字のアドレスで、正しくグリップができたら、ハーフバックまでは、腕とクラブがその形…
2014/04/02サイエンスフィット

Aゾーンに行こう!(前編)

ゾーンの人は皆、スイング軌道に対して、フェースが開いた状態でインパクトしています。この原因を体の使い方で見ると、様々な問題を挙げることができます。ハーフバックで腕がローリングしてフェースが開いてしまっ…
2009/09/16サイエンスフィット

今回の成果「スライス軌道が一変!美しいスイングに!」

バックまで、腕と胸の位置関係を保ったなら、あとは右肘をたたむだけ。これでバックスイングは完了です。あとは、何も考えずに振り下ろすだけ。クラブフェースが開かないように、抑制のきいたバックスイングになって…
2015/09/16サイエンスフィット レッスン

現代のクラブが合わない人は・・・

者のお悩み】 「ドライバーはバックスピン量が多くて、高く上がりすぎるし、フェードするので、カット目のイメージの方が振りやすい感じです。オーバースイングも直したいけど、タイミングが合わなくなるので、直せ…
2021/04/14女子プロレスキュー!

ボールを打ってもスイングは改善しない 上野陽向

ばならない確認事項は、ボールを打たなくてもチェックが可能です。 2. ヘッド軌道をイメージして反復する 私の課題はバックスイングで、ヘッドをインサイドに上げてしまう点です。クラブが寝て、フェースが開き…
2012/08/22サイエンスフィット

ヘッドスピードをアップする!!

スイングするのがポイントです。これまでのように、ハーフバックで外に上がってしまうと平行が崩れてしまいます。特に、テークバックの8時くらいまでは、クラブ・腕・上体がアドレスの形を保つこと。2本のクラブが…
2010/01/27上達ヒントの宝箱

スウェーを抑えて飛距離アップ

スウェーを抑えて飛距離アップ 今回はアベレージゴルファーにありがちな、スイング中のスウェーを矯正して飛距離を伸ばしちゃいます!バックスイング時に、ひざ、腰、頭が飛球線後方へ動いてしまうと、パワーが