2007/09/01ウォルマート・ザファーストティーオープン

尾崎直道、4位タイに浮上!首位はD.スミスら3人!

た。 この他、初日遅れた、賞金ランクトップのジェイ・ハースは、2日目にキッチリとスコアを伸ばして、通算6アンダーの単独8位、トムカイトは通算4アンダー、12位タイにつけている。また、倉本昌弘は、この日、大きくスコアを崩して…
2007/08/21ボーイング・グレーターシアトルクラシック

T.カイトが今季初優勝&大会2連覇を狙う!

、最終日に4位タイからスタートしたトムカイトと、12位タイからスタートのキース・ファーガスが共に通算15アンダーまでスコアを伸ばし、プレーオフに突入。結果カイトがこれを制して、逆転勝利を飾っている
2007/08/19ジェルド・ウェン・トラディション

D.エドワーズとM.マクナルティが首位を争う!

D.A.ワイブリングがつけ、今季2度目の優勝を狙う。さらに1打差の通算9アンダー、4位タイには日本でもおなじみのカイトとワトソン、2人のトムが浮上。最終日に逆転優勝をかける。 この他、単独3位で
2007/08/18ジェルド・ウェン・トラディション

D.エドワーズが猛ラッシュで抜け出す!

アンダー。1つ順位を下げて、単独2位につけている。さらに2打差の通算8アンダー、単独3位には、4連続を含む6つのバーディでスコアを伸ばしたキース・ファーガスが続いている。 この他、トムカイトはロニー
2007/08/17ジェルド・ウェン・トラディション

強豪集う中、M.マクナルティとM.リードが首位に並ぶ!

混戦。ジェイ・ハース、ブラッド・ブライアント、R.W.イークス、トムカイトら上位陣がズラリと顔を揃えている。また、尾崎直道はイーブンパーの26位タイとまずまずのスタート。倉本昌弘は、2オーバーの52位タイ、青木功は4オーバ…
2007/07/10ディックススポーティンググッズオープン

初代チャンピオンの座は誰の手に!? 倉本昌弘らの活躍にも期待

れる新規トーナメントだ。 その初代チャンピオンの座を争うのは、今季メジャー初戦「全米シニアプロ選手権」で初タイトルを挙げたデニス・ワトソン(ジンバブエ)を始め、トムカイト、エドアルド・ロメロ、R.W
2007/06/05プリンシパルチャリティクラシック

調子が上向きの倉本昌弘、飯合肇の活躍に注目!

チャンピオンズツアー自己ベストとなる3位を記録した飯合肇。それぞれ調子が上向きなだけに、引き続き日本勢の活躍に注目だ。 その他で出場を予定しているのが、ジェイ・ハース、トムカイト、キース・フォーガスらマネーランクの上位陣。…
2007/05/25全米シニアプロ選手権

尾崎直道単独2位!倉本昌弘4位タイと、日本勢好調!!

として、この日のラウンドを終えている。 注目選手では、クレイグ・スタドラーが、ダナ・クイグリーらと並んでイーブンパーの8位タイ。またトム・ワトソンは2オーバーの29位タイ、ギル・モーガンはトムカイトらと並…
2007/05/19リージョンズチャリティクラシック

S.ホークが単独首位に立つ! 日本勢では尾崎直道が22位タイ

アンダーの2位タイには、ファジー・ゼラー、トムカイトら強豪4人がつけ、3アンダーの6位タイにも、ヘイル・アーウィンら3人が顔を揃える混戦となっている。 注目選手では、昨年の覇者ブラッド・ブライアントが2
2007/05/05FedExキンコーズクラシック

日本勢が大躍進! 倉本昌弘2位タイ、尾崎直道4位タイ!

、ローレン・ロバーツが名を連ねている。その他注目選手では、クレイグ・スタドラー、トムカイトが4アンダーの7位タイ。大会連覇を狙うジェイ・ハースは、1アンダーの23位タイから明日以降の上位進出を狙う。
2007/04/23リバティ・ミューチュアル・レジェンズ

J.ハースがプレーオフを制し大会2連覇を達成!

ジョージア州ウェスティン・サバンナハーバー・リゾートで開催されている、米国チャンピオンズツアー第9戦 「リバティ・ミューチュアル・レジェンズ」の最終日。ジェイ・ハースとトムカイトが通算9アンダーで
2007/04/22リバティ・ミューチュアル・レジェンズ

大本命・J.ハースが単独首位に浮上!

位タイには、ローレン・ロバーツとトムカイトが通算5アンダーの5位タイとしている。 他の有力選手では、ヘイル・アーウィンが通算4アンダーの7位タイ。クレイグ・スタドラー、ギル・モーガン、ダナ・クイグリーらが通算3アンダーの9…
2007/04/21リバティ・ミューチュアル・レジェンズ

M.ジェームスが単独トップ! J.ハースらがこれを追う

打差をつけ、最高のスタートを切っている。 4アンダーの2位タイには、昨年の覇者で現在賞金ランキング1位のジェイ・ハースを始め、トム・パーツァー、トムカイトら3人が続き、3アンダーの単独5位にブラッド
2007/03/13AT&Tクラシック

T.カイトの2連覇なるか!日本からは青木功が参戦!

」として開催されていた大会である。 昨年の大会では、最終日に単独トップからスタートしたトムカイトがそのまま逃げ切り、2位以下に5打差をつける圧勝で勝利を飾っている。 今年の大会でもカイトが参戦を予定して
2007/01/28タートルベイ選手権

F.ファンクが単独首位をキープ!室田淳も単独2位で追う!

位と、チャンピオンズツアー初制覇に期待を抱かせる絶好の位置でこの日を終えた。 室田と1打差の単独3位にはトムカイト。昨年の覇者ローレン・ロバーツは通算6アンダーの12位タイと順位を落としている
2007/01/27タートルベイ選手権

F.ファンクが単独トップ! 日本の室田淳も2位タイと好発進

連続バーディを奪うなど、計7つのバーディを奪取。しかもノーボギーという抜群の安定感を見せて、最高のスタートを切っている。 5アンダーの2位タイには5バーディ、ノーボギーでラウンドした日本の室田淳、トム