2021/06/14記録

「全米オープン」記録集

~6番ホール (2017) アダム・ハドウィン エリンヒルズ18番~5番ホール 最多出場 44回ジャック・ニクラス 34回ヘイル・アーウィン 33回ジーン・サラゼン トムカイト 最多2位 6回フィル
2021/04/22

ゴルフきょうは何の日<4月22日>

・オーガスティンのゴルフ・ヴィレッジに建つ「世界ゴルフ殿堂」でトムカイト、チャーリー・シフォード、マーリーン・ストレートと並んで受賞式典に青木は出席した。
2021/04/12マスターズ

「マスターズ」歴代優勝者

・オメーラ -9 1打 フレッド・カプルスデビッド・デュバル 576,000 1997 タイガー・ウッズ -18 12打 トムカイト 486,000 1996 ニック・ファルド(3) -12 5打
2021/04/06ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」の記録保持者たち

1997年に優勝した際、試合を完全に支配し、2位のトムカイトに12ストロークの差をつけて大会を制覇した。それまでの記録は、ジャック・ニクラスが1965年に優勝した際の9ストローク差だった。 ■54
2021/02/12AT&Tペブルビーチプロアマ

125フィート→62フィート スピースがうなずく「最高のサイン」

。 1983年のトムカイト、97年のデビッド・デュバルと並ぶコース記録「62」をたたき出したトップのパトリック・カントレーをはじめ、初日はコンディションに恵まれたペブルビーチGLを回った選手が上位を占めた
2019/06/17記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

.ジャンセン 尾崎将司 33位倉本昌弘 予落 バルタスロールGC 1992 T.カイト 尾崎将司 23位尾崎直道 25位 ペブルビーチGL 1991 P.スチュアート 尾崎将司 予落 ヘーゼルタイン
2019/06/12ヨーロピアンツアー公式

「全米オープン」で知っておくべき5つのこと

マクドウェルは、ペブルビーチで「全米オープン」制覇を果たした選手として、タイガー・ウッズ(2000年)、トムカイト(1992年)、トム・ワトソン(1982年)、そしてジャック・ニクラス(…
2017/07/25ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」の大会アラカルト

、ニック・ファルド(2勝)、レティーフ・グーセン、トムカイト、ベルンハルト・ランガー、サンディ・ライル、グレッグ・ノーマン、そしてイアン・ウーズナムといった世界最高の選手たちがこの大会のトロフィーを掲げて
2016/09/20ヨーロピアンツアー公式

ポルシェヨーロピアンオープンの知っておくべきアラカルト

サンディ・ライル、トムカイト、ベルンハルト・ランガー、グレッグ・ノーマン、イアン・ウーズナム、サー・ニック・ファルド(2回)、ダレン・クラーク、そしてレティーフ・グーセンといった偉大なる選手たちが
2016/04/27佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑197>ブライソン・デシャンボー(下)

ハードワーカー、アイデアマンと言えばビジェイ・シンやトムカイトが浮かぶが、デシャンボーの繰り出す数々のアイデアは彼らを超えるかもしれない。 ■2016年 勝負の年 デシャンボーは93年9月にカリフォルニア州
2016/04/07GDOEYE

若き海外勢のグリーンジャケットへと続く道

ような大歓声を15番フェアウェイで聞いていた。そして、そこからの2打目を池へと打ち込んで敗れ去った。 同組で回ったトムカイトは言う。「10cmはダフっていた。偉大な選手が打った試合中のショットとして