ニュース

米国シニアジェルド・ウェン・トラディションの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ジェルド・ウェン・トラディション
期間:08/16〜08/19 場所:クロスウォーターC(オレゴン州、クロスウォーターGC)

D.エドワーズが猛ラッシュで抜け出す!

オレゴン州にあるクロスウォーターGCで開催されている、米国チャンピオンズツアー第21戦「ジェルド・ウェン・トラディション」の2日目。デビッド・エドワーズが単独首位に立った。

単独3位でスタートしたエドワーズは、連続バーディで発進と順調な滑り出しを見せたが、前半はこれだけ。後半もバーディスタートを切ると、その後は着実にスコアを伸ばし最終的に7バーディ、ノーボギーのベストスコア「65」をマーク。通算12アンダーとして単独首位に立った。

<< 下に続く >>

首位でスタートしたマーク・マクナルティ(アイルランド)は、前半だけで4つスコアを伸ばしたものの、後半はスコアを伸ばすことが出来ずに、首位から2打差の通算10アンダー。1つ順位を下げて、単独2位につけている。さらに2打差の通算8アンダー、単独3位には、4連続を含む6つのバーディでスコアを伸ばしたキース・ファーガスが続いている。

この他、トム・カイトはロニー・ニールセンらとともに通算5アンダーで7位タイにつけ、賞金ランキングトップのジェイ・ハースは通算4アンダーで10位タイにつけている。また、26位タイでスタートした尾崎直道は3つスコアを落として通算3オーバー、48位タイと大きく後退。倉本昌弘もこれに並び、青木功は通算9オーバーの75位タイまで順位を下げている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ジェルド・ウェン・トラディション




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!