2021/09/26ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

腰痛で棄権の成田美寿々 QTへ「体を作り直す」

10番はティショットが右バンカーに入るなど3オン2パットのボギーをたたいていた。 大会終了後にはシード選手を含めて出場資格がリシャッフルされる。10月以降の9試合も推薦枠以外の協会選考で試合に出場する
2021/09/24パナソニックオープン

米国挑戦か賞金王か 木下稜介の悩ましい終盤戦

た。「ティショットでしっかりフェアウェイキープできたのは良かった」。ピンチらしいピンチは14番。アプローチミスしてピン奥4mのパーパットを残したが、しっかり沈めた。 奈良県にある自宅から車で1時間
2021/09/23ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

ウッズ並みの睡眠を 初Vへ植竹希望は「抱き枕」が味方

、助かっています」と笑顔を見せた。 前日はマッサージを受けて、夕食を終えると午後6時過ぎにはベッドに入り、午前7時まで快眠を貫いた。 前週は、首位に立っていた最終日最終18番でティショットを池に入れて
2021/09/23Turf Life Balance

「酒は百薬の長されど…」飲酒を楽しむために適量を知る

ビールを少し飲んだだけで顔が赤くなり、後半のティショットを曲げたり、前半とは別人のようなスイングでミスを重ねたりする人もいます。このような人は体質的にアルコールが弱いため、普段からなるべく飲酒を避けた方
2021/09/21進藤大典ヤーデージブック

“中1週”でリスタート 長丁場を戦い抜くPGAツアーの猛者たち

見事でした。勝負を分けた17番のティショット。左に切られたピンを狙っていくためには、フェアウェイ右サイドに置くことがマストな状況。左を警戒しすぎて右ラフに入れ、痛恨のダブルボギーとなりました。 それでも
2021/09/21優勝セッティング

最終日は23パット 西村優菜の優勝ギア

ティショットに苦戦。今大会でも最終日のフェアウェイキープ率は8/14(57%)、2日間のトータルでも15/28の54%と安定していたわけではない。 それでも最終日のパーオン率は14/18(78%)で、16番
2021/09/19ANAオープン

星野陸也は痛恨トリに「悔しい。寝られないな…」

折り返した。だが、10番パー4でトリプルボギーを叩いた星野陸也は、サンデーバックナインの入り口で優勝争いから脱落した。 10番のティショットは、ドライバーを左にミス。「左の林はダメなのに、あまり考えずに
2021/09/19ANAオープン

石川遼が5W破損に涙 「信頼できるクラブだった…」

に17番を迎えていた。首位との差は大きく開いていたが、ティショットを右サイドの木の後ろに曲げて決断を迫られていた。 輪厚の名物ホール17番(パー5)は、残り100yd付近から大きく左にドッグレッグをし
2021/09/19住友生命Vitality 東海クラシック

西村優菜が「63」の逆転で3勝目 渋野日向子は4位

2位。首位に並んでいた最終18番でティショットを池に入れてダボを喫し、初優勝を逃した。 単独首位から出た大里桃子は「70」で、植竹と並ぶ2位。 渋野日向子は4バーディ「68」でプレーし、全美貞(韓国
2021/09/19フォーティネット選手権

カギは“バランス” 松山英樹は7打差をあきらめない

差が7打に広がっても、逆転をあきらめなかった。 日に日に硬くなるフェアウェイとグリーンの影響も相まって、序盤はティショットに苦しんだ。「ある程度、想定をしていた」と2番(パー3)でボギーを先行。2打目
2021/09/18住友生命Vitality 東海クラシック

苦手コースで首位発進 大里桃子「自分もビックリ」

最高位は20年の25位。 9番など打ち下ろしのティショットは「狭い印象がある」そう。「ティショットのライン出しとか難しくて…引っ掛けるイメージがあった」とアップダウンがあるホールはあまり得意ではないと
2021/09/17ANAオープン

刻むホールは「8」から「2」へ 矢野東の輪厚攻略

たけど、ティショット、セカンドもスピンコントロールが良かったのであまり気にならなかった」と危なげなく18ホールを回りきった。 同じ輪厚で開催された2008年の優勝時には「(14ホール中)8ホールで
2021/09/17住友生命Vitality 東海クラシック

小祝さくら「大変な感じ」 今季ワースト「79」

トリプルボギーをたたいた。「2打目のピッチングで入れてしまった」と痛恨のOB。その後バンカーに入れたボールも「目玉」とあって、しのぎ切れなかった。 さらに10番のティショットでこの日2度目のOBに。昨年と