2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

勇太 72T市原弘大 79T今平周吾 予落松山英樹 予落宮里優作 予落谷原秀人 予落塚田陽亮 予落小平智 予落 ロイヤルトゥルーン 2015 ザック・ジョンソン 松山英樹 18位藤田寛之 予落富村真治
2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

選抜 主将タイガー・ウッズ> ジャスティン・トーマス、ダスティンジョンソン、パトリック・カントレー、ザンダー・シャウフェレ、ウェブ・シンプソン、マット・クーチャー、ブライソン・デシャンボー、トニー・フィナウ、パトリック・リード、ゲーリー・ウッドランド、タイガー・ウッズ、リッキー・ファウラー
2020/01/28ヨーロピアンツアー公式

「サウジインターナショナル」で知っておくべき5つのこと

・デーリー、ロッコ・メディエイト、ビリー・レイ・ブラウン、そしてダフィー・ウォルドーフも出場していた。 ダスティンの防衛戦 今週、ダスティンジョンソンは19年の初勝利を挙げた地へと赴き、「サウジ
2019/02/26佐藤信人の視点~勝者と敗者~

意外と緻密な男 “あの頃”に戻ってきたDJ

「あの頃に戻りつつある」――ダスティンジョンソンが優勝後の会見で語ったのは2年前の状態のことでした。 2017年「マスターズ」開幕前日に、宿舎で転倒してまさかの棄権。当時、世界ランキング1位に君臨
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

・ハーマン ティレル・ハットン チャーリー・ホフマン J.B.ホームズ ビリー・ホーシェル ダスティンジョンソン ケビン・キズナー ブルックス・ケプカ ジェイソン・コクラック ミッコ・コルホネン マット
2020/02/12ジェネシス招待

招待試合に昇格 ウッズ、因縁の地でツアー新記録に挑む

返り咲いたロリー・マキロイ(北アイルランド)を筆頭に、ブルックス・ケプカ、ジョン・ラーム(スペイン)、ジャスティン・トーマス、ダスティンジョンソンと世界トップ5が勢揃い。五輪金メダリストのジャスティン
2020/02/02サウジインターナショナル

マクドウェルが単独首位 川村昌弘は68位

アンダー3位にガビン・グリーン(マレーシア)が続いた。 首位から出たビクトル・ペレス(フランス)は「73」とスコアを落とし、前年覇者のダスティンジョンソンと並んで通算7アンダー4位に後退した。 通算6
2020/01/31サウジインターナショナル

ミケルソンが2打差発進 川村昌弘は出遅れ

・ミケルソン(米国)らが4アンダーの8位につけた。 前年覇者のダスティンジョンソン(米国)は3アンダーの14位。世界ランキング1位のブルックス・ケプカ(米国)はイーブンパーの48位で初日を終えた。 川村昌弘は3ボギーの「73」で、3オーバー94位と出遅れた。
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

4大会のうち3大会以上を制した選手として、タイガー・ウッズとダスティンジョンソンの仲間入りを果たした。 また、2016年以来となるヨーロピアンツアー14勝目を挙げたことで、ダレン・クラークの待つ
2019/12/14プレジデンツカップ

世界選抜が2ptリードで最終日へ 松山英樹も白星で貢献

広げた。 松山が今週初めてメンバーから外れた午後のフォアサム4マッチでは、米国選抜が逆襲をかける。第1組のダスティンジョンソン&ゲーリー・ウッドランドがアダム・スコット(オーストラリア)&ルイ