ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・バークレイズ
期間:08/25〜08/28 プレインフィールドCC(ニュージャージー州)

「アイリーン」で54Hに短縮、D.ジョンソンが今季初勝利!

ニュージャージー州にあるプレインフィールドCC で開幕した、プレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」の3日目。アメリカ東海岸に上陸したハリケーン「アイリーン」のの影響を考慮し、大会は3日間に短縮されるという非常事態となった。第3ラウンドを終えて首位に立ったダスティン・ジョンソンが、通算19アンダーで優勝を飾っている。

土曜日、雨は降り続くものの、大会を混乱させるほどの悪天候ではなかったが、最悪の状況を避けるために急遽、大会関係者により54ホールでの短縮が決定される事態となった。試合を終えた選手たちは、そうそうに会場を引き上げ、優勝したジョンソンもすぐさま車に乗り込み、空港への道を急いだ。

この日、連続バーディ発進となったジョンソンは、3番でボギーを叩くが、続く4番では、360ヤードの短いパー4で、ティショットをグリーンサイドバンカーまで運ぶと、バンカーショットが直接カップインしイーグル。さらに5番(パー5)では2オンに成功しバーディを奪った。9番ではティショットを左に曲げバンカーに入れるも、リカバリーショットを、ピン横4mにつけてバーディを奪いトータル6アンダーとする。しかし後半は一転、我慢のゴルフが続き9ホールをすべてパーセーブ。「65」をマークして首位でフィニッシュした。

首位と2打差の通算17アンダー、単独2位にはマットクーチャー、通算16アンダーの3位タイには、ビジェイ・シン(フィジー)、さらに、この日5連続バーディのロケットスタートを切り、11個のバーディを量産して最少ストロークの「61」をマークしたブラント・スネデカーが並んだ。

通算15アンダーの単独5位にはジョナサン・バード、通算14アンダーの6位タイにはY.E.ヤン(韓国)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)、ジャスティン・ローズブライアン・デービス(ともにイングランド)ら4選手が並んだ。日本の今田竜二は2バーディ、1ボギーと1ストローク伸ばすも58位タイでフィニッシュしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。