2023/03/18LIVゴルフ

レイシュマン首位発進 ミケルソン23位、ジョンソン出遅れ

アリゾナ州立大出身のフィル・ミケルソンは1アンダーの23位で滑り出した。 初代年間王者のダスティンジョンソンは、ブライソン・デシャンボー、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)らと並び1オーバーの36位
2023/03/16LIVゴルフ

舞台はアリゾナ 「LIV」米国2連戦がスタート

。 出場メンバーはシーズンを通して固定化され、第2戦も開幕戦と同じフィールドで構成。開幕戦を制したチャールズ・ハウエルIII、ダスティンジョンソン、ブライソン・デシャンボー、ブルックス・ケプカ
2023/02/27LIVゴルフ

チャールズ・ハウエルIIIがLIV初優勝 チーム戦も制す

ブランデン・グレース(南アフリカ)が続く。 世界ランキング5位のキャメロン・スミス(オーストラリア)は通算6アンダー6位。フィル・ミケルソンは通算1オーバー27位。10位から出たダスティンジョンソン
2023/02/26LIVゴルフ

ユーラインとゴーチが首位/LIVゴルフ開幕戦2日目

9アンダーとして首位に並んだ。 チャールズ・ハウエルIIIが1打差の3位。ポール・ケーシーとブランデン・グレース(南アフリカ)が通算6アンダー4位で追う。 ダスティンジョンソンは通算3アンダー10位…
2023/02/24LIVゴルフ

LIVゴルフ2年目がメキシコで開幕 新加入選手も

予選カットなしの3日間54ホールをプレーし、個人のストローク戦と、並行して行われる1組4人の12チームによる団体戦で争う。 各チームのキャプテンを務めるフィル・ミケルソン、ダスティンジョンソン
2023/02/03アジアン

稲森佑貴と金谷拓実が18位発進 アンセル首位 ミケルソン38位

イーブンパーの38位。池村寛世はブライソン・デシャンボー(米国)と同じ2オーバーの71位、木下稜介は4オーバーの100位、谷原秀人は7オーバーの113位で終えた。 昨季のLIVゴルフ年間王者で世界ランク46位のダスティンジョンソン(米国)は、背中痛のためスタート前に棄権した。
2023/01/01米国男子

2023年メジャー大会の会場はどこ?(海外男子編)

。2020年にダスティンジョンソンが通算20アンダー「268」の最少ストロークを記録した。スコッティ・シェフラーが前年王者としてプレーする23年は13番(パー5)の改修が注目される。 オークヒルCC
2022/12/29米国男子

GDO編集部が選ぶ2022年ゴルフ10大ニュース(海外男子編)

10月まで米を中心に8試合が開催され、個人戦に加えて団体戦も行われました。 同ツアーで計50億円超を稼いだ元世界ランク1位のダスティンジョンソンをはじめ、フィル・ミケルソン、ブライソン・デシャンボー
2022/12/29小林至のゴルフ余聞

ツアーは誰のものか LIVゴルフ私論/小林至博士のゴルフ余聞

ゴルフ」が現実のものとなった。フィル・ミケルソン、リー・ウェストウッド(イングランド)ら、峠を過ぎた往年のスーパースターの移籍は当初から予想されていたが、ダスティンジョンソン、ブライソン・デシャンボー
2022/11/30LIV招待

「グレッグが辞任すれば」 ウッズがLIVとの対立に持論

・ノーマン(オーストラリア)がCEOを務めるLIVは今年6月にスタートし、8大会が開催された。賞金総額は500億円以上でメジャー覇者フィル・ミケルソンや元世界1位ダスティンジョンソンら、PGAの多くのスター