2019/06/17記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

落 トーレ・パインズGC 2007 A.カブレラ 今田竜二 予落片山晋呉 36位谷口徹 予落増田伸洋 予落横尾要 予落 オークモントCC 2006 G.オギルビー 今田竜二 12位片山晋呉 予
2019/02/05ヨーロピアンツアー公式

「ISPS HANDAヴィックオープン」について知るべき5つのこと

なった。 メジャー王者の悲願 ビクトリア州出身のジェフオギルビーは、これまで果たせていない地元での大会制覇という悲願達成を目指して今週の大会に臨む。 2006年の「全米オープン」王者は、これまで
2019/02/12ヨーロピアンツアー公式

「ワールドスーパー6パース」で知っておくべき5つのこと

いる。 2006年に「全米オープン」を制覇したメジャー王者のジェフオギルビーもそのひとりであり、欧州ツアー5勝目に向けて地元パースで大声援を受けることになる。世界ゴルフ選手権でも3勝しており、これには
2019/02/26ヨーロピアンツアー公式

独走優勝のダスティン・ジョンソンを取り巻く数字たち

WGCでの通算18勝には遠く及ばないものの、ジョンソンは通算勝利数でその他の選手を大きく引き離している(通算勝利数で3位のフィル・ミケルソンとジェフオギルビーはWGC3勝)。 全ての要素で他の選手を
2019/02/08ISPS HANDA ヴィックオープン

男女同時開催「ヴィックオープン」は賞金も”男女平等”

ジェフオギルビー(オーストラリア)は「今大会の賞金同額は良いことだ。男子が呼べるファンもいるし、女子が呼ぶギャラリーもいる。盛り上がるという意味では、どちらにとっても助けになるはず」と述べた
2017/03/01ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「WGCメキシコ選手権」の大会アラカルト

タイガー・ウッズが記録を保持していた。 ○ アダム・スコットが連覇を果たすと、WGC3勝となり、WGCの通算勝利数でジェフオギルビー(オーストラリア)と並んで歴代2位タイとなる。なお、歴代トップは
2017/03/08ザ・プレジデンツカップ

「プレジデンツカップ」副主将を1人増員 フューリックとウィアを選出

・ジョンストン、ジェフオギルビー、マイク・ウィア 9月4日に決定する各チームの出場選手は、独自のポイントランクに基づく上位10人にキャプテン推薦2人を加えた計12人。近年では石川遼が09年と11年、松山英樹が13年と15年に出場した。過去の対戦成績は、米国選抜が9勝1敗1分けと大きく勝ち越している。
2017/07/01クイッケンローンズ・ナショナル

リングマースが首位堅守 J.トーマスは予選落ち

(スウェーデン)が連日の「65」を出して通算10アンダーのトップ。2打差の通算8アンダー2位にジェフオギルビー(オーストラリア)が続いた。 ダニエル・サマーヘイズが通算6アンダー3位、アージュン・アトワル
2017/07/02クイッケンローンズ・ナショナル

リングマースが完全Vに王手 元アマ1位のラックは4位

たスペンサー・レビンが通算5アンダーで23位から3位に急浮上した。 元アマチュア世界ランク1位で今年プロ転向したカーティス・ラック(オーストラリア)は、ジェフオギルビー(オーストラリア)、カン・スン(韓国)と並んで通算4アンダー4位につけた。リッキー・ファウラーは通算イーブンパーの18位になった。
2016/11/19エミレーツ オーストラリアオープン

オギルビーが首位浮上 スコットは6位に後退

位のジェフオギルビー(オーストラリア)が、8バーディ、ノーボギーの「64」でプレーして通算11アンダーでトップに立った。2014年米ツアー「バラクーダ選手権」以来の優勝を目指す。 2打差、通算9
2016/11/20エミレーツ オーストラリアオープン

ジョーダン・スピースがプレーオフを制し2年ぶりの大会V

飾った。 単独トップでスタートしたジェフオギルビー(オーストラリア)は「73」とスコアを落として4位。世界ランク7位で地元のアダム・スコットも「73」で通算6アンダーの14位で大会を終えた。 20歳アマチュアのカーティス・ラックは「69」でプレーして、通算7アンダーの11位に入りベストアマとなった。
2016/11/06シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

グローバーが首位浮上 石川、岩田は予選通過ならず

日ベストの「63」としたラッセル・ヘンリーと、ジェフオギルビー(オーストラリア)が続いている。 前日に日没サスペンデットとなったため、この日の早朝に第2ラウンドの残りが行われ、石川遼は残された最終
2016/10/26サンダーソンファームズ選手権

連続でツアー初優勝者が誕生 “裏開催”に岩田寛が出場

。今年は足のケガ(公傷扱い)で5カ月間、米ツアーを離れていたイアン・ポールター(イングランド)が復帰。アンヘル・カブレラ、デビッド・デュバル、ルーカス・グローバー、ジェフオギルビー、レティーフ
2016/11/17エミレーツ オーストラリアオープン

マスターズ出場の20歳アマチュアが首位発進

ワンアジアツアーの「エミレーツ オーストラリアオープン」が17日、オーストラリアのロイヤルシドニーGC(6980yd、パー72)で開幕。10月に「アジアパシフィックアマチュア選手権...
2014/08/04バラクーダ選手権

Gオギルビーが4シーズンぶりツアー通算8勝目 今田は61位

首位から出たジェフオギルビー(オーストラリア)が、1イーグル5バーディ1ボギーの「66」でまわり、14ポイントを加算。トータルポイントを49として2010年の「SBS選手権」以来4シーズンぶり、ツアー
2016/04/29チューリッヒクラシック

岩田寛が暫定12位発進 首位にB.スチュアード

(南アフリカ)。5アンダーの暫定3位に、ジェフオギルビー(オーストラリア)、チャールズ・ハウエルIIIら5人。さらに1打差の暫定8位にリッキー・ファウラー、一昨年の覇者であるノ・スンヨル(韓国)ら4人