2016/10/17英国マスターズ by Sky Sports

アレックス・ノレンが逃げ切りで今季3勝目

アンダーのベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)。通算15アンダーとしたリー・ウェストウッド(イングランド)が、地元英国勢では最上位の3位に入った。 グレームマクドウェル(北アイルランド)とリチャード
2016/07/13佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑206>ダスティン・ジョンソン(後編)

。勝利を目前にことごとく逃してきた。 最初は2010年のペブルビーチGLで開催された全米オープン。最終日、通算6アンダーの首位発進で、2位のグレームマクドウェルに3打差をつけて迎えた。大量リードとは
2015/12/17ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー最難関18ホール

、彼の「ライダーカップ」のチームメイトであるグレームマクドウェルとイアン・ポールターというワールドクラスのトリオは、このホールにおける4日間のスコアを総合すると7オーバーとなる。正に試練である
2016/10/16英国マスターズ by Sky Sports

ノレンが今季3勝目に王手 ウェストウッドは7位に浮上

人が並んだ。 通算11アンダーの7位にリー・ウェストウッド(イングランド)とマルセル・シーム(ドイツ)。通算10アンダー9位にグレームマクドウェル(北アイルランド)が続いた。
2016/02/04ヨーロピアンツアー公式

ドバイでの更なる成功を狙うステンソン

」。 マジリスコースとの相性の良さを証明したいもう一人の選手は、「ライダーカップ」でステンソンのチームメイトだったグレームマクドウェルだ。 北アイルランド出身のマクドウェルは不甲斐ない2015年シーズンを送り
2016/09/14ヨーロピアンツアー公式

「イタリアオープン」の知っておくべきアラカルト

年)、サンディ・ライル(1984、92年)、グレッグ・ノーマン(1988年)、そしてグレームマクドウェル(2004年)といった面々がイタリアでトロフィーを掲げている。 ・2016年大会で「イタリア
2016/07/20RBCカナディアンオープン

世界1位のデイはタイトル防衛狙う 岩田寛が出場

メジャーではまだ優勝の2文字を手にしておらず、タイトル防衛で弾みをつけたい。 ほかにもアーニー・エルス(南アフリカ)、グレームマクドウェル(北アイルランド)らメジャータイトルホルダーが出場。22歳の
2016/05/18佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑200>ラファ・カブレラベロー

、WGC HSBCチャンピオンズ出場権利も獲得)。この試合は2010年全米オープン出場に続く米国での2戦目だった。 2012年、欧州ツアーのWGC アクセンチュアマッチプレー選手権準決勝でも、グレーム
2016/03/24WGCデルマッチプレー

ジェイソン・デイに黄信号 初戦勝利も背中痛に苦悶

勝利の代償は小さくはなかったようだ。テキサス州にあるオースティンCCで開幕した「WGCデルマッチプレー」の初日、グレームマクドウェル(北アイルランド)を3&2で下したジェイソン・デイ
2016/07/09アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

ミケルソン「69」の巻き返しで決勝Rへ ノレン首位

、エディ・ペパレル(イングランド)が並んだ。歴代覇者では、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)、グレームマクドウェル(北アイルランド)の2人が、通算5アンダーの8位で上位にとどまった。 初日89位と
2016/07/11ヨーロピアンツアー公式

ノレンがキャッスル・スチュワートの玉座に

・カンピージョと、今週のベストスコアに並ぶ「65」を最終日にマークしたイングランドのカラム・シンクウィンが入った。 北アイルランドのグレームマクドウェル、スコットランドのラッセル・ノックス、そして米国の
2016/12/14ヨーロピアンツアー公式

ヨーロピアンツアーが2017年のスケジュールを発表

「ライダーカップ」が開催されたほか、2010年と2011年には「アンダルシアマスターズ」が開催され、それぞれグレームマクドウェルとセルヒオ・ガルシアが大会を制した。来年10月の大会では、地元開催と
2016/06/14ヨーロピアンツアー公式

全米オープンの知っておくべきアラカルト

、「全米オープン」はヨーロピアンツアーの選手にとって実りの多い大会となっており、欧州勢は2010年以降の6大会中4大会で優勝している。 グレームマクドウェルはペブルビーチGLで開催された6年前の大会で
2016/07/08アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

歴代覇者らが上々のスタート ミケルソン89位の出遅れ

、2008年大会覇者のグレームマクドウェル(北アイルランド)のほか、Y.E.ヤン(韓国)、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)ら8選手がひしめく展開だ。 マルティン・カイマー(ドイツ)、エドアルド