ニュース

欧州男子アルストム・オープン・ド・フランスの最新ゴルフニュースをお届け

ザノッティが首位浮上!マクドウェルは4試合ぶりの予選通過

◇欧州男子◇アルストム・オープン・ド・フランス 2日目◇ル・ゴルフ・ナショナル(フランス)◇7,331ヤード(パー71)

パリ郊外に位置するル・ゴルフ・ナショナル。霧のためスタートが1時間遅れた大会2日目にリーダーズボードのトップに立ったのは、連日の「68」をマークしたパラグアイの30歳、ファブリツィオ・ザノッティ。初日はイーグルあり、ダブルボギーありと派手な内容だったが、2日目は4バーディ1ボギーと着実にスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

「ティショットは苦労したけど、今日はパットが良かった。とても満足だね」とザノッティ。「調子の良くないときに努力を続けるのは決して楽なことではないけれど、うまい選手はみんなやっていること。だから、目標に向かって努力し続けるしかない」。2歳からゴルフを始めたザノッティは、パラグアイのトップアマとして6年間君臨し、03年にプロ転向。その後、下部ツアーで1勝を挙げたものの、欧州ツアーでは3度の2位どまり。自身初の優勝へ向けて、残り36ホールに挑む。

通算5アンダーで2位に続くのは、デンマークの二人、ソレン・ケルドセントーマス・ビヨーン、さらに南アフリカのリチャード・スターンの3選手。通算4アンダーの5位タイには、直近のストロークプレー6試合で5度の予選落ちを喫している歴代全米オープンチャンピオンの一人、グレーム・マクドウェルらがつけている。

「ボルボワールドマッチプレー選手権」では優勝を果たしたものの、その後3試合連続で予選落ちのマクドウェル。その流れを止め、「週末が待ち遠しいし、予選通過が出来て本当に良かった。正しい方向に向かっていると感じているよ」とほっとした様子で語った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アルストム・オープン・ド・フランス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!