2015/08/01ヨーロピアンツアー公式

ドークが大会ホストのローリーを撃破

スコットランドのクリスドークが大会ホストであるポール・ローリーとの接戦を制し、マーカーリンクスで開催されている「サルタイヤエナジー ポール・ローリーマッチプレー」でのベスト16進出を決めた。 37
2015/08/01サルタイアエナジー ポール・ローリーマッチプレー

ウォーレン、コルサーツらがベスト16進出

・ラムゼイ、クリスドークも勝ち抜いた。イングランド勢は大会ホストのポール・ローリーを1アップで破ったクリス・ウッドと、ティレル・ハットン、デービッド・ハウエルの3人が3回戦に進んだ。 マッチプレー巧者のニ…
2015/07/31ヨーロピアンツアー公式

地元で輝きを放ったローリー

ロマン・ワッテルを5&4で破り、スコットランドの同胞であるクリスドーク、デービッド・ドライスデール、リッチー・ラムゼイ、そしてマーク・ウォーレンらとともにベスト32に進出した。 46歳のローリーは
2015/07/31サルタイアエナジー ポール・ローリーマッチプレー

大会ホストのローリーが2回戦進出

の完勝で2回戦に進出。同じスコットランド勢では、マーク・ウォーレン、デービッド・ドライスデール、クリスドーク、リッチー・ラムゼイを含めた5人が次戦に進んだ。 メジャー2勝のジョン・デーリーはスペイン
2014/10/10ヨーロピアンツアー公式

惜しくもツアー史上初の「59」を逃したコルサーツ

人、クリスドークは4人が並ぶ首位から5打差の「65」の集団につけている。 ノーボギーでラウンドしたドークは、先週の「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」で5位に入る前には一児の父となるなど、忘れ
2014/10/06ヨーロピアンツアー公式

輝きを取り戻したウィルソンが初優勝

115位で今週を迎えたクリスドークが入り、シード権を確定させることに成功した。 世界ナンバーワンのマキロイが優勝争いに絡めたのは、1番ホールで2打目を小川に入れてダブルボギーを叩いたことを考えれば
2014/10/04ヨーロピアンツアー公式

ジャクリンが単独首位で大会を折り返す

ゼロからの出発とはなるけれどね」。 「自分のゴルフには良い手応えを感じているから、達成できると信じているよ」。 リッチー・ラムジーとクリスドークのスコットランド人コンビが首位から2打差の通算7
2014/09/03PGAコラム

パワーランキング:BMW選手権

ドークによって改修)、これまでに2度「全米プロゴルフ選手権」を開催している(直近は1985年)。最近ではクラシックなパークランドコースで「全米アマチュアゴルフ選手権」も2度開催された。1990年に
2014/05/31ヨーロピアンツアー公式

キロスがエレガントに首位タイへ浮上

」。 混戦模様のリーダーボードは、ステンソンとダントープが6人で形成される首位から1打差の4位タイグループにつけており、この集団には2人の他にスコットランドのスティーブン・ギャラハーとクリスドーク
2013/11/29ヨーロピアンツアー公式

マドセンが好調を維持

番ホールでは15メートルのバーディパットを決めた。 スコットランドのクリスドークは残り3ホールとなるまでは6アンダーでラウンドしていたが、7番ホールをボギーとすると、8番ホールではダブルボギーを叩き
2013/10/13ヨーロピアンツアー公式

初優勝に向け絶好の位置につけたワリング

コントロールすることだけだから、それを積み重ねていくだけだよ」。 多くの選手がひしめき合うリーダーボードで首位から3打差につけたクリスドークは、この日の18番ホールで3日目にして初めてのボギー叩いた。彼は現在レース・トゥ・…
2013/10/12ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルで戦闘モードに入ったリン

。 「65」でホールアウトしたオーストリアのベルント・ウィスバーガーは、本日5バーディ、1イーグルの「64」でラウンドし、今大会でまだノーボギーのスコットランドのクリスドークとともに通算11アンダーで
2013/10/08ヨーロピアンツアー公式

充実のモリナリ、気分良くポルトガルマスターズへ

年シーズンの出場資格がかかっているため、非常に重要な大会となる。 111位のポール・ローリー(イングランド)、112位のクリスドーク(スコットランド)、そして113位のローレンゾ・ガクリ(イタリア
2013/07/13ヨーロピアンツアー公式

トーランスの恩恵を授かるドーク

「アバーディンアセットマネジメント スコットランドオープン」2日目を終えて首位に立ったクリスドークは、コーチであるボブ・トーランスから受けた影響を歓迎している。 初日、2日目と連続してスコア「66
2013/07/13アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

地元スコットランドのC.ドークが首位浮上 ミケルソンは13位T

スコットランドのクリスドークが、通算12アンダーの単独首位に浮上した。ドークは1997年にプロ転向を果たすと、2009年を最後にシード権を喪失していたが、昨年のクオリファイを10位でフィニッシュし
2013/07/12ヨーロピアンツアー公式

スコットランドでのお手本を示したパリー

・イロネン、イングランドのジェームス・モリソン、タイのキラデク・アフィバーンラト、同じくタイのトンチャイ・ジェイディ、そして午後スタート組のベストスコアとなったスコットランドのクリスドークがミケルソン
2013/07/12アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

J.パリーが首位発進! P.ミケルソンは3位タイ

キラデク・アフィバーンラトのタイ勢、母国タイトルを狙うスコットランドのクリスドーク、フィル・ミケルソン(アメリカ)ら7人がグループを形成している。 前年覇者のジーブ・ミルカ・シン(インド)は、5アンダー