ニュース

欧州男子アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

J.パリーが首位発進! P.ミケルソンは3位タイ

2013/07/12 08:00

◇欧州男子◇アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン 初日◇キャッスルスチュアートGL(スコットランド)◇7,193ヤード(パー72)

イングランド出身の26歳、ジョン・パリーが8バーディ、ノーボギーの「64」で回り、8アンダー単独首位に立つ絶好のスタート。「アイアンとウエッジが今日のカギになった」と、この日グリーンを外したのは3回のみ、27パットと見事な噛み合いを見せ、バーディ量産へと繋げた。

<< 下に続く >>

2010年「ヴィヴェンディ・カップ」で欧州ツアー初優勝を飾ったが、翌11年は一転してシード権を喪失。しかし、12年末のファイナルQTでトップ通過を果たし、再びレギュラーツアーの舞台へと戻ってきた。今季はここまで7回の予選落ちを重ねていたが、「全米オープンでの予選通過が大きかった」と、28位タイに入った先月のメジャー戦から流れは好転。翌週の「BMWインターナショナルオープン」では今季ベストの10位タイに食い込んだ。その勢いは今週に入り、さらなる加速を見せている。

7アンダーの単独2位には同郷のサイモン・カーン(イングランド)。6アンダーの3位タイに、トンチャイ・ジェイディとキラデク・アフィバーンラトのタイ勢、母国タイトルを狙うスコットランドのクリス・ドークフィル・ミケルソン(アメリカ)ら7人がグループを形成している。

前年覇者のジーブ・ミルカ・シン(インド)は、5アンダーの10位タイと上々の滑り出し。次週の「全英オープン」で連覇を見据えるアーニー・エルス(南アフリカ)は、イーブンパーの118位タイと大きく出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!