ニュース

欧州男子ポルトガルマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ポルトガルマスターズ
期間:10/10〜10/13 場所:オセアニコ ビクトリアGC

初優勝に向け絶好の位置につけたワリング

「ポルトガルマスターズ」3日目は、スコットランドのスコット・ジェイミソンが欧州ツアー初の「59」にあと一歩というところまで迫るゴルフを見せる中、ポール・ワリングが2打差の首位で最終日を迎えることとなった。

パー71のオセアニコ・ビクトリアGCにおいて17ホールで11個のバーディを奪って猛チャージをかけたジェイミソンは、「60」の壁を打ち破るためには、最終ホールでもうひとつのバーディが必要であった。

<< 下に続く >>

しかし彼のアプローチはグリーンを僅かにオーバーし、続く15フィートのチップショットはカップに嫌われ、29歳の彼はしゃがみこんでその悔しさを表した。

18番ホールをパーで締めくくったジェイミソンは、「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」のキングスバーンを12アンダーでラウンドした米国のピーター・ユーライン以来となる、欧州ツアーでは今季2回目の「60」を記録した。

カットラインを僅か一打の差で通過したジェイミソンは、12アンダーで並ぶ前日首位のワリング、デビッド・リン、そしてヘンニー・オットーが1番ホールのティへ向かう中、通算14アンダーで3日目を終了し暫定首位に立った。

そしてワリングが唯一ジェイミソンを追い抜くことに成功し、不安定なスタートから盛り返して欧州ツアー初優勝へ向けスコア「67」で2位に2打差の首位に立った。

ジェイミソンは昨年12月の南アフリカでの「ネルソン・マンデラ選手権」でプレーオフの末に優勝を果たした際、「57」という記録を出していた。しかしこの時は、大会そのものが36ホールに短縮され、またフェアウェイの状態が悪かったためコースはパー65に縮められていた。

「17番ホールをプレーしている時、キャディのリチャードに、最終ホールで記録を達成するために、どうしてもここでバーディが欲しいと話したんだ。そして最終ホールではこれ以上ないチップショットが打てた。僅かにショートしてしまったけど、とても良いチップショットだったよ」とジェイミソン。

「13番ホールでバーディを奪ったときに、もういくつかバーディが来れば歴史に名が刻めると話したんだ。僕は少しナーバスになっていたけど、大会のことを考えると、リーダーは最低でも16から18アンダーで最終日に臨むことになるだろうと思っていたから、それが僕を後押しすることになったんだ」。

初日を「66」で回り、2日目は「73」と苦戦したジェイミソンは「初日はとても良いプレーができたけれど、収穫はなかった。5アンダーだったけど、最長パットは8フィートのパットだったんだ」と加えた。

「ここのところとても良いゴルフができているよ。昨日も、ものすごく悪いゴルフというわけではなかったんだ。でもスコアメイクがうまくいかなかった。だから今日はとても良い1日だったよ」。

手首の手術を受け、メディカル・エクステンション(公傷制度)の中で大会に出場しているワリングは、パー5の5番ホールをボギーとし、9番ホールのアプローチがグリーンをオーバーした時は優勝争いから滑り落ちると思われていた。

しかし28歳のワリングは、チップショットをそのまま沈めてバーディとし、その後バックナインでは更に4つのバーディを奪って、ジェイミソン、同組のオットー、アイルランドのサイモン・ソーントン、そしてウェールズのジェイミー・ドナルドソンらに2打差をつけて首位に立った。

「終盤に向けてとても良い感じになっていったよ」と、4月の「スペインオープン」で自身にとって欧州ツアー初のトップ5フィニッシュを飾り、その後3回トップ10入りを果たしているワリングは言った。

「スタートはあまり良くなくて、良いショットが打てていなかったけど、終盤に向けていくつか良いパットが入りだしたんだ。2打差はとても良い気分さ。明日がどうなるか楽しみだね」。

初優勝へ向けて準備は整ったかと問われたワリングは、「何とも言えないさ。他の選手がどんなプレーをしてどんなスコアを出すかわからないからね。それらのことは僕にはどうにもできないことだしね」と加えた。

「僕ができるのは自分自身をコントロールすることだけだから、それを積み重ねていくだけだよ」。

多くの選手がひしめき合うリーダーボードで首位から3打差につけたクリス・ドークは、この日の18番ホールで3日目にして初めてのボギー叩いた。彼は現在レース・トゥ・ドバイで112位だが、順位を110位以内に上げて来季のシード権を維持しそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ポルトガルマスターズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!