ニュース

欧州男子ノルデアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ノルデアマスターズ
期間:05/29〜06/01 場所:PGAスウェーデンナショナル(スウェーデン)

キロスがエレガントに首位タイへ浮上

2014/05/31 08:52

スウェーデン・マルメでの「ノルデアマスターズ」は大会の折り返しを迎え、復調したパフォーマンスを維持するアルバロ・キロスビクトル・デュビッソンエディ・ペパレルと首位の座を分けあう格好となった。

スペインのキロスは2つのイーグルを含む「67」と、この日ベストスコアをマークし、2日連続で「69」で回ったフランスのデュビッソンと、2日目を「72」でラウンドした初日から首位に立つペパレルに並んだ。

<< 下に続く >>

一日を通して風が吹く厳しいコンディションの中、首位グループの通算6アンダーは前日にイェンス・ダントープとペパレルがPGAスウェーデンナショナルで記録したスコアと動いておらず、世界2位のヘンリック・ステンソンも首位から1打差に忍び寄った。

ヨーロピアンツアーでは2007年から2011年にかけて6勝を記録したキロスだったが、その後の2シーズンは怪我と不調により一度としてトップ3にも入れない時期が続いた。先月、中国で3位に入ったことにより、この不名誉な連続記録に終止符を打った31歳のキロスは、その中国での大会を含む3大会で2度のトップ5入りを果たしており、今大会では3年ぶりの優勝を目指している。

飛ばし屋のキロスは11番でイーグルを奪うと、15番と18番でもバーディを奪い、前半を「32」で折り返した。すると、パー5の1番では2打目をピンそば1.5メートルへ寄せ、このホールでこの日2つ目のイーグルを奪ってスコアを通算7アンダーまで伸ばした。4番でこの日唯一のボギーを叩いたが、かつての「DP世界選手権」王者は2日目の出来に満足の様子だった。

「ティからグリーンにかけて凄く良い感じでボールが打てて入るけれど、このスコアにもかかわらずパットの調子がそこまででもないんだ」と明かしたキロス。「11番では8メートルのパットを入れてイーグルを奪ったけれど、あれ以外では沢山あった5、6メートルのパットを全て外しているんだ。だから満足はしているけれどパットは改善の余地があるね」。

「このコースは距離の長いホールが幾つかあって、短いホールでも気が楽なんだ。自分の飛距離は役立っているけれど、重要なのはそれをコントロールすることだね。この風で距離をコントロールするのは難しい。ただ、今日は少なくとも昨日よりは暖かかったけれどね」。

前半を1アンダーの「35」で折り返した世界25位のデュビッソンは、後半出だしの1番でバーディを奪うと、続く2番では2打目をピンそば1.5メートルにつけて連続バーディを奪い、その後のホールは全てパーとしてこの日のラウンドを終えた。

「素晴らしいスコアです」と語った「トルコ航空オープン」王者のドュビッソン。「今日は良いプレーをしました。昨日よりも難しくなっていましたね。というのも風向きが変わり、幾つかのパー5ではバーディが奪いにくくなっていました。ただ、ショートゲームが冴えており、そこが重要なところですね」。

このトップカテゴリーでの2シーズン目はスローな出だしとなったイングランドのペパレルだったが、ここ2大会では連続してトップ25入りを果たしており、2日目は奪った3つのバーディが15番でのボギーと4番でのダブルボギーを帳消しにした。「今日は良くやったと思います」とペパレル。「今日は持ちこたえるのが全てでした」。

「イーブンパーでしたが、今日はこれで上々だと思います。とても風が強かったですからね」。

「簡単なホールなんて一つとしてありませんでした。それだけに、週末へ向けまだ首位タイにつけていることにとても満足しています」。「今日はコースが牙を剥きましたね。このようにタフになり、皆にとって厳しい状況になるとかえって楽しくなります」。

「とにかく踏ん張り、状況に押し流されないということです。私はそういう類いのゴルフを楽しみます。私はアマチュア時代、そういうコンディションになるイングランドのリンクスで育ってきましたから、そういうのを楽しめるんです」。「ここは『全英オープン』の様な感じになっていますね。日差しでコースが硬くなり、風が強いので、とてもタフですよ」。

混戦模様のリーダーボードは、ステンソンとダントープが6人で形成される首位から1打差の4位タイグループにつけており、この集団には2人の他にスコットランドのスティーブン・ギャラハークリス・ドーク、ウェールズのブラッドリー・ドレッジ、そしてタイのトンチャイ・ジェイディーがつけている。

「今日は昨日よりも良いプレーができたけれど、勿論もう少し良いスコアだったらとは思っているよ」とステンソン。2日目を2アンダーの「70」でラウンドしたステンソンは17番で池に落としてダブルボギーを叩いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ノルデアマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!