2011/07/30サン・クロレラ クラシック

池田勇太が首位浮上!松山も急上昇!

た平塚哲二。この日は3バーディ、3ボギーとスコアを伸ばせず、池田に首位の座を奪われてしまった。通算11アンダー単独3位はタイのキラデクアフィバーンラト。通算10アンダーの単独4位に井上忠久が続いて
2016/04/09ヨーロピアンツアー公式

スピースとマキロイが最終組で直接対決へ/マスターズ3日目

続いた。 首位から4打差にはキラデクアフィバーンラト、セルヒオ・ガルシア、シェーン・ローリー、ダニー・ウィレットといった欧州ツアーを主戦場とする選手が並んだ。 世界ランク1位のジェイソン・デイは通算
2018/10/29ヨーロピアンツアー公式

シャウフェレが中国でプレーオフの末に劇的勝利

争いに絡むも、最終ホールでボギーを叩き、この日のスコアを「72」として、プレーオフに4打足らない通算10アンダーで4日間を終えた。 通算8アンダーの4位タイにはタイのキラデクアフィバーンラトと米国の
2016/12/21ヨーロピアンツアー公式

体格差をなくしたらどうなる? 飛ばし屋ランキング

。タイトリストのドライバーを操るクルーガーは、ベルント・ヴィースベルガー、ヘンリック・ステンソン、マルティン・カイマー、そしてキラデクアフィバーンラトといった強者たちをアウトドライブし、サイズが全てではない
2017/11/20ヨーロピアンツアー公式

ローズは1打に泣く…年間王者にフリートウッド

挙げた実り多きシーズンの最終戦を21位で締め括った。 ラームと1打差の2位タイにはシェーン・ローリーとキラデクアフィバーンラトが入り、その1打後方の4位タイにはローズ、ディーン・バームスター、ディラン
2016/11/18ヨーロピアンツアー公式

最終戦はL.ウェストウッドが単独首位発進

キラデクアフィバーンラト、マシュー・フィッツパトリック、マーカス・フレイザー、アレクサンダー・レビ、ルイ・ウーストハイゼン、そしてヤコ・バンザイルがつけている。
2012/05/25ダイヤモンドカップゴルフ

藤田が単独首位に浮上! 3打差をつけて決勝へ

を迎える。通算9アンダーの単独3位にキラデクアフィバーンラト(タイ)、通算8アンダーの単独4位に宮瀬博文が続く。片山晋呉とキム・キョンテ(韓国)は通算6アンダーの8位タイ
2017/01/20ヨーロピアンツアー公式

“ほどほどの練習”が奏功したステンソンが首位発進

。 ノーボギーの「64」でラウンドしたステンソンは8アンダーとし、大会3勝のマルティン・カイマー、タイのキラデクアフィバーンラト、イングランドのオリバー・フィッシャー、そしてスコットランドのマーク
2017/01/22ヨーロピアンツアー公式

ハットンが首位 上位に実力者多数で混戦の最終日へ

、2014年の大会王者パブロ・ララサバル、タイのキラデクアフィバーンラト、そしてイングランドのトミー・フリートウッドがつけている。首位から3打差に15人の選手がおり、その中には「全英オープン」王者の
2013/03/21メイバンク・マレーシアオープン

第1Rはサスペンデッド!暫定首位はK.アフィバーンラト

」の初日は、雷による中断を余儀なくされ、回復見込みが立たないと判断した大会事務局がサスペンデッドを決めた。そんな中、7アンダーで暫定首位に立っているのは、第1ラウンドをホールアウトしているキラデク
2016/04/21ヨーロピアンツアー公式

深センインターナショナルの下馬評

ヨーロピアンツアーは今週、「深センインターナショナル」で今季初めて戦いの舞台を中国に移す。キラデクアフィバーンラトがタイトル防衛に臨む。 先週のスペインでは注目選手たちがトップ5入りを決めたが
2016/06/01アジアンツアー公式

アジアンツアー通信/2016年6月号

「アジアの勃興」by アジアン ツアーコミッショナー・チラハン ワン・ジョンフン、イ・スミン、李昊桐。彼らの名前を覚えておくことだ。 アニルバン・ラヒリやキラデクアフィバーンラトが今や世界でも有名
2017/10/16ヨーロピアンツアー公式

ハットンがモンツァで2週連続優勝を達成

を奪うなど、日曜に6バーディの「65」をマーク。ロレックスシリーズ初制覇を果たした。 ハットンが18番のティに立った時点では、すでにホールアウトしていたロス・フィッシャーとキラデクアフィバーンラト
2016/03/09ヨーロピアンツアー公式

母国タイでの飛翔を目指すアフィバーンラト

今週、欧州ツアーは戦いの舞台を再びアジアへと戻し、第2回「トゥルータイランドクラシック」が開催されるなか、地元タイ出身で実力者のキラデクアフィバーンラトは同大会にて2016年シーズンに弾みをつけ
2015/02/11ヨーロピアンツアー公式

タイでの勝利を目指すビヨーン

ツアー6勝のトンチャイ・ジェイディーを筆頭に、キラデクアフィバーンラト、そしてホアヒン出身のプロム・ミーサワットらが栄冠を目指してプレーすることになる。