2019/07/17全英オープン

リンクスに挑むタイ選手たち/塚田好宣の現地レポ(その2)

、世代交代が進んでいて、女子も男子も若い選手たちが世界中で勝利を挙げ始めている。その中にあって、タイのゴルフ界を引っ張るキラデクアフィバーンラト、プロム・ミーサワット、そしてガン・チャルングンの3人に話
2013/05/03ヨーロピアンツアー公式

中国で復調したダークセン

。このままパッティングの調子を続けて今週が良いものになることを願っているよ」。 キラデクアフィバーンラト(タイ)、ラファエル・ジャクリン(フランス)、そして先週の「バランタイン選手権」の覇者、ブレット
2017/04/18ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「深センインターナショナル」の大会アラカルト

にあしらわれた“ウォールストリート・ブル”に見て取れる。 第1回大会の優勝争いは、初の中国人選手によるヨーロピアンツアー制覇を狙ったリとキラデクアフィバーンラトによるプレーオフにもつれ込んだ
2018/02/12ヨーロピアンツアー公式

1週間前に出場が決定したアフィバーンラトがV

決勝でジェームス・ニティーズを2&1で退けたキラデクアフィバーンラトが「ISPS HANDAワールドスーパー6パース」を制覇し、ヨーロピアンツアー4勝目を挙げた。 タイのアフィバーンラトはわずか7
2014/10/29PGAコラム

J.ダフナーが負傷からPGAツアーに復帰

、そしてマレーシア国内にいる世界ランキング上位2名を含む総勢78選手が出場する。昨年の大会には、タイのキラデクアフィバーンラトがアジアンツアーから出場し、プレーオフに進出した2選手と1打差の3位タイで終了
2015/02/15ヨーロピアンツアー公式

地の利を活かした飛ばし屋ヘンドが単独首位に浮上

ツアーで優勝を果たしているヒメネスは、ロングホールの2番でバーディを奪うも、その後の7ホールをパーとしたため、ヘンド、ジェイディー、そしてキラデクアフィバーンラトと首位を分け合う展開となった。 10番で
2014/04/18ヨーロピアンツアー公式

クアラルンプールで輝きを見せたウェストウッドとコルサーツ

動いていたので、しっかりグリップを抑えておく必要があった。ゴルフは期待値が低い時に良いプレーができると言う一例になったね」。 ディフェンディングチャンピオンのキラデクアフィバーンラトは1アンダーの
2015/04/20ヨーロピアンツアー公式

アフィバーンラトがプレーオフで李を下す

第1回「深センインターナショナル」は、最終日を首位で迎えたキラデクアフィバーンラトが終盤の追い上げで勝負をプレーオフへ持ち込み、そのプレーオフで中国が誇る10代のセンセーション、李昊桐(りー
2013/10/28GDOEYE

惜敗のキラデクに見たアジアの“連帯”

中断を余儀なくされた最終日。松山が無事ホールアウトし、その取材も終わって一段落着いた頃、コースでは日没を睨みながらの優勝争いが繰り広げられていた。 最終組の1組前で回るキラデクアフィバーンラト
2015/12/05ヨーロピアンツアー公式

終盤のチャージでステンソンが一歩リード

折り返した。その後、13番と17番でバーディを奪ったリーシュマンは後半も「34」でラウンドしている。 キラデクアフィバーンラトは出だしから3連続バーディを奪うみごとなスタートを切るも、5番と7番で
2017/01/23ヨーロピアンツアー公式

フリートウッド3年半振りの勝利に「カムバック」

。 通算15アンダーの4位タイには、同じく最終日を「68」としたオーストリアのベルント・ヴィースベルガー、それぞれ最終日を「69」でラウンドした大会3勝のマルティン・カイマーとタイのキラデク
2013/10/27アジアンツアー公式

タイのアフィバーンラト、PGAツアー初制覇を射程

タイのキラデクアフィバーンラトが「CIMBクラシック」最終日、首位タイのクリス・ストラウド、ライアン・ムーアとの1打差を追い、これまでの上り調子のキャリアの中でも最も大切な18ホールを迎えることに
2015/09/28ヨーロピアンツアー公式

ジェイディーが堂々のツアー7勝目を達成

部隊員だったジェイディーは「レース・トゥ・ドバイ」のトップ10入りを果たすこととなり、世界ランキングでもトップ30に手の届くところまできた。今季は同胞のキラデクアフィバーンラトが中国と「サルタイア
2015/11/02ヨーロピアンツアー公式

デュビッソンがトルコで再びタイトル奪取

ゴルフのすべてがここにあったことを実感したんだ」。 「それで落ち着くことができたし、あとはパッティング次第だったんだ」。 キラデクアフィバーンラトは、最終日、一時首位に立つ場面もあったが、結局首位から
2015/02/16ヨーロピアンツアー公式

タイの栄冠はドットの手に

ず、ラインもしっかりと読めていませんでした。それでも、上出来なラウンドでしたし、地元の歓声による素晴らしい後押しを楽しむことができました」。 ジェイディーの同胞のキラデクアフィバーンラト、カナダの