ニュース

欧州男子Avantha マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

Avantha マスターズ
期間:02/16~02/19  場所: DLF G&CC(インド)

J.クルーガーが初勝利へ王手!欧州勢が上位へ

順位 選手名 通算 合計
1 J.クルーガー -11 205
2 M.シーム -10 206
2 P.ホワイトフォード -10 206
2 J-B.ゴネット -10 206
5 J.M.ララ -9 207
5 A.パバン -9 207
5 P.マッギンリー -9 207
5 M.ウォーレン -9 207
5 M.フレイザー -9 207
5 P.ミーサワット -9 207

スコア詳細を見る

◇欧州男子◇Avantha マスターズ3日目◇DLFゴルフ&カントリークラブ(インド)◇7156ヤード(パー72)

ムービングデーにノーボギーラウンドで「66」をマークしたジェイブ・クルーガー(南アフリカ)が通算11アンダーとして単独首位で最終日を迎えることになった。

5アンダーの16位タイから出たクルーガーは、前半6番(パー5)、後半15番と2つのイーグルを奪った。166センチと上背は無いが、昨年初めて出場した日本ツアー「パナソニックオープン」ではは優勝争いを演じるなど、将来の活躍を期待されている25歳。「今日のようなプレーを明日もできれば。“僕の週”であれば勝てるはず。あまり入れ込み過ぎないようにしたい」とツアー初勝利へ、平常心を強調した。

予選2日間を終えてトップのピーター・ホワイトフォード(スコットランド)はスコアを伸ばせず通算10アンダーのまま。マルセル・シーム(ドイツ)、ジョアン・バプティスト・ゴネット(フランス)と並び首位に1打差の2位タイに後退した。さらに1打差の通算9アンダー5位タイにはこの日ベストスコアの「64」をたたき出したホセ・マヌエル・ララ(スペイン)らが加わった。

予選ラウンドで上位を占めたアジア勢はこの日、苦しんだ。トップから3打差以内に15人がひしめく混戦状態だが、その中でアジア出身の選手は9アンダー5位タイのプロム・ミーサワット、8アンダー11位タイのチャプチャイ・ニラト(ともにタイ)の2人だけ。同じくタイのトンチャイ・ジェイディ、キラデク・アフィバーンラトは通算5アンダーの24位タイまで順位を下げた。

地元インドのアニルバン・ラヒリは6アンダー、20位タイとトップとは5打差。アジアンツアーとの共催試合で最終日、彼らの挽回はあるだろうか。


特集

世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~